https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんをかわいいと思えないのは変?

赤ちゃんをかわいいと思えないのは変?

親であれば赤ちゃんはかわいいもの?

妊娠中ずっと会えるのを楽しみにしていた赤ちゃん。しかし、いざ産まれてきたら、かわいいとは思えない、むしろ悪魔のような存在に見えてしまう…こんなことをわが子に思ってしまうなんて、私は親失格ではないかなどと悩んでいませんか?

 

親であればわが子はかわいいと思うのが当たり前…と思う方も多いかもしれませんが、実はこのことで悩んでいるママは少なくないようです。なぜ、かわいくないと思ってしまうのでしょうか。その理由や、いつかは赤ちゃんのことをかわいいと思える日がくるのかなどをまとめました。

 

赤ちゃんをかわいいと思えない理由

赤ちゃんがかわいいと思えない多くの理由は、産前に抱いていた育児イメージとのギャップや、産後のママの体の状態が大きく関わっていることが多いようです。

 

【赤ちゃんが寝ない、泣き止まないなどの育児への不安】
赤ちゃんがなかなか寝てくれない、泣き止まないなど、育児がうまくいかないことで悩むことがあるでしょう。慣れない育児では想定以上に大変だと思うことも多いのが普通なのですが、それに対して、自分の育児が下手なせいではないのか、自分はダメな親なのではないのかと思い悩んでしまうママもいるようです。

 

赤ちゃんをかわいいと思うよりも、不安や心配の方が大きくなり、育児を楽しめずにうつ状態に陥ってしまうこともあります。

 

【思うようにできない苛立ちがある】
育児への不安もありますが、その他家事に対しても思うようにできずに、自分自身や周りの人の協力の仕方に苛立ちを感じることがあるでしょう。掃除ができずに部屋が散らかってしまった、洗濯物が干せなかったなど、赤ちゃんのお世話をしていると家事にまできちんと手が回らないことも多いです。

 

それを一日中家にいたのに家事ができないなんて…と自分のせいにしたり、もっと協力してくれればこんなことにならないのに…などと周りの人を責めたり。このようにイライラしている状態では赤ちゃんに対してかわいいと思える気持ちの余裕がないのかもしれません。

 

【時間的な余裕がない】
生後2ヶ月くらいまでの赤ちゃんのママは、本当に忙しい時期だと言われています。2~3時間おきの授乳におむつ替え、寝かしつけと、赤ちゃんのお世話で一日が過ぎてしまいます。自分の食事やトイレもままならない方も多く、常に忙しく動き回っているという状態では、赤ちゃんをかわいい、愛おしいと思う時間すらないこともあります。とにかく毎日、赤ちゃんを無事にお世話をするためだけに一生懸命な状態なのです。

 

【産後のママの体の疲れ】
出産すればママの体はすぐに元に戻るのかというとそうではありません。思った以上に疲れやすくなっていますし、ホルモンのバランスが妊娠前の状態に戻るまでには半年ほどかかると言われています。そんな状態の体で忙しく育児に駆け回っているのですから、心身ともに疲れてしまうのは当然です。そのため、赤ちゃんに気持ちを向ける余裕がなくなっているのかもしれません。

 

気持ちの余裕を持つためには

赤ちゃんのことをかわいいと思えない、育児が楽しいと思えないなど、ママの気持ちに余裕がない時には、まずママ1人で悩みを抱え込まず、がんばりすぎないことが大切です。

 

【全てを完璧にこなそうと思わない】
もっと自分は育児も家事もやれると思っていた、周りはうまくやっているのに私はどうしてできないんだろう、などという思いは一旦置いておきましょう。全てを完璧にこなしているママはほとんどいないと言っても過言ではないほど、みなさん悩みはありますし、失敗もしています。適度に手を抜いているところもみんなあるはずです。

 

全てきちんとしなければいけない、できるはずだと思うのはやめましょう。特に初めての育児ではうまくいかないことがあるのは当たり前ですし、恥ずかしいことではありません。

 

【積極的に悩みを話す】
育児や赤ちゃんとの生活のことで、どうすればいいのか分からないことがあれば、周りに打ち明けてみましょう。悩みを1人で抱え込んでいると、解決はしません。パパや家族、また行政の育児相談サービスなどへ、相談してみましょう。

 

【産後ケアサービスを利用する】
育児の悩みや慣れない赤ちゃんとの生活のことは、産後のケアサービスを利用することで、解決することも多いです。産後ドゥーラといって、産後のママの身の回りのサポートをしてくれたり、悩み相談やアドバイスをしてくれる専門家もいます。産後の育児は1人でがんばるものではないからこそ、生まれた産後ケアサービスです。

 

利用することで少しでも気持ちにゆとりができたなら、赤ちゃんをかわいいと思う余裕が生まれるかもしれません。

まとめ

育児に必死になり、がんばらなければと強く思っている方ほど、赤ちゃんをかわいいと思う余裕がない状態になりやすいものです。全てを完ぺきにこなそうと思わずに、周りをどんどん頼りましょう。

 

初めての育児であれば、すぐに慣れないのは当然。余裕が出てくると、赤ちゃんと一緒に過ごす時間を楽しいと思えるようになるでしょう。今はかわいいと思えなくても、自分を責めすぎないでくださいね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php