https://babys-care.net/life/

1歳児に絵本を読み聞かせるコツは?

1歳児が絵本を好きになる読み聞かせは?

1歳の子どもに絵本が好きになって欲しいなと絵本の読み聞かせをしていても、じっと座って聞いてくれず、悩んでいる方はいませんか。

身の回りのいろんな事に興味を持つ年齢なので、なかなかゆっくりと読み聞かせ…というわけにはいかない場合も。

 

そこで今回は、1歳児が絵本を好きになる読み聞かせのコツを紹介するので参考にしてみてくださいね。

 

1歳児に絵本を読み聞かせるコツ

1歳児に絵本を読み聞かせをする際に、押さえておきたいコツを8つご紹介します。

 

【コツ①絵本が始まる決まりを作る】

読み聞かせの時間の始まりと終わりをはっきりと伝えることがおすすめです。

お昼寝の前に読む、夜寝る前に布団に入って読むなど絵本を読む時間を決めるのもいいでしょう。

 

また、絵本を読む前にクマなどの人形や特定のものを出してから絵本を読み始めることで、「絵本を読む時間だな」と認識してくれるようになるかもしれません。

読み聞かせの始まりの合図を決めておくことで、パパとママなど読む人が変わっても絵本を楽しんでくれるようになるでしょう。

 

【コツ②読み聞かせだけに集中してもらう】

絵本の読み聞かせをする際は、周りの音が聞こえないように集中できる環境を作りましょう。

テレビなどの音などが聞こえると、子どもは音がする方が気になってしまい絵本に集中ができません。

読み聞かせをする前にテレビを消しておくのがいいでしょう。

 

また、パパやママがリラックスして楽しんで読み聞かせをすることで、子どもも絵本を集中して楽しんでくれます。

忙しい時間帯や、気持ちに余裕がない時は絵本を読むことは控えましょう。

時間にも、気持ちにも余裕があり、落ち着いて読める時に読み聞かせを楽しみましょう。

 

【コツ③子どものペースに合わせて読む】

絵本を読む時やページをめくる際には、子どもの表情や反応を見ながら読み進めていきましょう。

大人のペースで読んでしまうと、子どもはついていけません。大人のペースで読み進めていると興味をなくしてしまう可能性もあります。

 

また、早口にならないようにゆっくり、はっきりと読むようにしましょう。

 

【コツ④読む人も読み聞かせを楽しむ】

子どもは、大人の表情から感情を感じ取ることができます。

絵本の読み聞かせの際に、パパやママが怖い顔や嫌な顔をしていると、絵本は不快なものだと感じてしまう可能性があります。

 

パパやママが嫌だなと思う気持ちで読んでしまうと、子どもは絵本を楽しむことができません。

読み聞かせをする際は、読む人も絵本を楽しんで読むことで子どもも楽しむことができるので、上手に読もうとせず肩の力を抜いて楽しみながら読むことが大切です。

 

【コツ⑤言葉の真似をしやすい絵本を選ぶ】

簡単な言葉の繰り返しの絵本は、読んでいる内に内容を覚えることもあります。

個人差はありますが1歳頃になると「口を あーん」や「手を パチパチ」など二語文程度のものは、しっかりと理解できるようになります。

 

「モグモグ」や「ビリビリ」などの擬音語が多い絵本は、1歳児でも覚えやすく楽しんで真似をしてくれるでしょう。

真似をして絵本を読んでいる内に、話せる言葉が増えるかもしれませんよ。

 

【コツ⑥身体を使って読む】

子どもは体を動かすことが好きなので、乾杯などの動作を真似したり、ジャンプや体を揺らしてみたりなど簡単な動作が出てくる絵本もいいでしょう。

身体を使って読むことで、絵本の時間が楽しんでくれるかもしれません。

 

また、「ありがとう」や「ごめんね」なども動作を付けながら読むことで、生活習慣も身に着けることもできるかもしれませんね。

 

【コツ⑦感情や動作を表現ながら読む】

ご飯を食べるところでは「あーん」と子どもに食べさせるふりをしたり、笑っているシーンではママも一緒に笑ってみるなど、絵本と同じように感情を表現することで絵本に興味を持つようになることも。

 

しかし、大げさに表現をしてしまうと絵本から興味をなくしてしまう可能性があるので、オーバーすぎるリアクションは控えた方がいいでしょう。

感情を表現することも大事ですが、話の流れが止まらないようにテンポよく読むのがいいでしょう。

 

【コツ⑧イラストが分かりやすいものを読む】

1歳児になると、徐々に色や形が認識できるようになる子も。

カラフルな色使いのものや形、動物などが描かれているものは、興味を持ってみてくれるかもしれません。

絵本を読み聞かせている内に、色の名前や、丸や三角、四角などの形の名前を覚えてくれる可能性もあります。

 

また、本に穴が開いていたり、絵本をめくると動物が出てきたりする仕掛け絵本もおすすめです。

隠れている動物を探すなど、宝探しのような遊びの要素が入った絵本は楽しんで読んでくれるかもしれませんね。

 

まとめ

1歳児に絵本を読み聞かせする際のコツを8つご紹介しました。

子どもが興味を持って絵本の読み聞かせを聞いてくれると、パパやママも嬉しくなりますよね。

 

絵本は、感情や想像力を豊かにしてくれるなど様々な効果もあるので毎日の習慣にするのもいいでしょう。

今回ご紹介したコツを参考に親子で絵本を楽しんでみてくださいね。

この記事を書いたライター

村上あやみ
村上あやみ

5歳、3歳、0歳の三兄弟を育児中のママライター。関西在住で元気いっぱいの息子たちと、笑顔の絶えない家庭を目指し子育て奮闘中!!!幼児・0歳児の子育て経験を活かし、新米ママやプレママさんが安心して育児ができるような記事をお届けします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php