https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

ベビー用おもちゃ月齢別おすすめ

ベビー用おもちゃ月齢別おすすめ

おすすめベビーおもちゃ(0~3ヶ月)

0~3ヶ月の赤ちゃんは、まだ首がすわっていないため、ほとんど寝転がったまま過ごします。新生児だとまだ視力が発達していないため、あまり見えていませんが、生後1~2ヶ月になると、はっきりとした色を認識したり人や物の動きを追うことができるようになります。

 

そんな0~3ヶ月の赤ちゃんにおすすめのベビーおもちゃは、赤、青、黄色などカラフルな色使いで、優しい音色を楽しめるおもちゃや、握ったり舐めたりして感触を楽しめるおもちゃです。まだしっかりと握ることができない赤ちゃんのために、落としても痛くない素材を選んであげましょう

 

【ガラガラ】
まだ物をうまく持てない時期ですが、手や足にマジックテープでつけるタイプのものがあります。口に入れたり感触を楽しむのにおすすめです。
可愛い色使いやソフトな素材のものが多く、出産祝いやファーストトイとして定番のベビーおもちゃです。動かすと「カラカラ」と音がするので、赤ちゃんの五感を刺激してくれます

 

【布絵本】
布絵本はこの時期の読み聞かせ絵本にぴったり。特に仕掛けがたくさんあるものがおすすめです。色を少しづつ認識できるようになるので、カラフルで分かりやすい物を選びましょう

 

【ベッドメリー】
頭の上でくるくる回るベッドメリーは、優しい音色を奏でてくれるだけでなく、追視のトレーニングとしても役立ちます

おすすめベビーおもちゃ(3~6ヶ月)

3~6ヶ月の赤ちゃんは、段々と首がすわり、6ヶ月になると寝返りを打てるようになる子も中にはいます。
新生児の頃と比べると体がかなり大きくなり、動ける範囲も広がるので色々なことに興味が出てくる時期です。
授乳や睡眠のリズムも安定し、5~6ヶ月には離乳食をスタートする頃なので、そんな成長に合ったベビーおもちゃを選んであげましょう。

 

おすわりができるようになれば、両手を使って遊べるおもちゃを与えてあげると手や指のトレーニングにもなります

 

【歯固め】
歯の生え始めは、歯茎がムズムズ痒くなるので、歯固めがおすすめです。赤ちゃんが持ちやすい形のものやお手入れがしやすい素材のものを選んであげましょう
ビーズタイプの歯固めは、糸が万が一切れた場合にビーズを誤嚥する可能性があるため、また糸とビーズの間に入り込んだ唾液を洗うことができず不衛生になることがあるので避けた方が良いでしょう丸洗いできるものを選びましょう

 

【オーボール】
柔らかい樹脂の素材でできた、網目模様の形のボール型おもちゃです。弾力性があり、握ってつぶすようにして遊ぶこともできます。指先を使っての遊びが広がるため、手指の運動に最適です。

 

【ベビーミラー】
視力が発達してくるこの時期は、鏡を与えてみるととても面白いですよ。不思議そうに鏡を覗き込む姿はとても可愛いので、是非写真におさめておきましょう。赤ちゃんが落としてもケガをしないようなものを選んであげてください

おすすめベビーおもちゃ(6~9ヶ月)

6~9ヶ月になると、ひとりでおすわりできるようになり、行動範囲がさらに広がります。ずりばい・はいはい・つかまり立ちもできるようになるので、座った状態で遊べるおもちゃや、動きのあるおもちゃがおすすめです。

 

【おきあがりこぼし】
押すと倒れて自分で勝手に起き上がってくる昔ながらのおもちゃです。シンプルだからこそ、何度も自分で倒して楽しむことができます

 

【ティッシュの箱から布を出し入れ】
ティッシュの箱には本来ならティッシュが入っていますが、赤ちゃんがたくさん引っ張り出してしまったり、口にいれることは避けたいですよね。
代わりに、ティッシュの箱の中に、口に入れても大丈夫な布を入れて、繰り返し出し入れして遊ばせてみましょう

 

【積み木】
おすわりしながら両手に持った積み木をカチカチと鳴らしたり、上手に積み上げたり手先や指の発達だけではなく、想像力や集中力、バランス感覚などを身につけることができます。組み合わせ次第で色々な大きさや形にすることができるため、飽きることなく長く遊べるおもちゃとしてもおすすめです。積み木が上手に積み上げられるようになるのは1歳2ヶ月以降のことが多いです。

おすすめベビーおもちゃ(9ヶ月~1歳)

9ヶ月~1歳になると、つかまり立ちやつたい歩きができるようになってくるので、歩く練習ができるおもちゃがおすすめです。また、手先がさらに器用になり、細かい物もつかめるようになるので、手先の発達を促すようなおもちゃを選んであげるといいでしょう

 

【プルトイ】
プルトイとは、歩きながら紐を引っ張るとカタカタと音を立ててついてくるおもちゃです。ママが引っ張るプルトイを追いかけて、高速はいはいをする赤ちゃんもいます。虫や動物など様々なデザインがありますので、赤ちゃんに興味を持ってもらいやすいものを選ぶといいですね

 

【クレヨン】
手先が器用になってくる時期なので、クレヨンを握ってグルグル絵を描かせてみるのもおすすめです。ただし、何でも口にしてしまう時期でもあるので万が一舐めてしまっても安全な素材の物を選ぶようにしましょう

 

【手押し車】
つかまり立ちを始めた頃から使える手押し車は、赤ちゃんの歩くための力をサポートしてくれます。室内で安全にあんよの練習ができるので、この時期にぴったりのおもちゃです。

まとめ

新生児から1歳までのおすすめの「ベビーおもちゃ」をご紹介いたしました。それぞれの月齢の特徴を参考にすると、より選びやすくなります。ただし、個人差がありますので、わが子の成長に合わせて適切なおもちゃを選ぶようにしましょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php