https://babys-care.net/life/

パズルのおもちゃで遊ぶメリットは?

赤ちゃんへパズルのおもちゃを与えよう

赤ちゃんが動き出したり、しっかりとものを掴めるようになってくるとおもちゃを買ってあげたくなりますよね。
しかし、たくさんの種類がある赤ちゃんのおもちゃ。
いざお店に行ってみても何を与えたらいいのかわからずに迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、赤ちゃんへパズルのおもちゃを与えてみてはいかがでしょうか?
赤ちゃんにパズルなんて早すぎるのでは?と思うママもいるかもしれませんが、パズルの種類によっては生後6ヶ月くらいから楽しめるものもたくさんありますよ。

今回は、パズルのおもちゃから得られるメリットと選び方のポイントをご紹介します。

 

パズルのおもちゃから得られるメリット

【手指の運動になる】
赤ちゃんは、私たち大人にとっては簡単に行える、何かを「つまむ」「掴む」という動作もうまくできません。
パズルを使うことによって、遊んでいるうちに指先の運動になり、これらの動作の発達を促すことができます。

 

【赤ちゃんの脳の成長や発達を促す】
パズルを使って指先を動かす動作は、脳にも刺激を与え、赤ちゃんの成長や発達を促す面もあります。
言葉や考える力、記憶力などをつかさどる大脳は、赤ちゃんの時期急速に成長していきます。
この大脳に、手指の運動が刺激となって、よい影響を与えると言われています。

 

【集中力がつく】
パズルで遊ぶことによって赤ちゃんに集中力が身につくメリットもあります。
集中力の高さは記憶力の高さに直結すると言われていています。

 

初めのうちはできないとすぐに飽きてしまうかもしれませんが、赤ちゃんは大人の真似が大好きなのでママがお手本を見せたりすることでだんだんと集中して遊んでくれるようになりますよ。

 

【自己肯定感が高まる】
子どもは大人に褒められることが大好きですよね。もちろん赤ちゃんだって褒められることは大好き。
パズルを完成させることができたときなど、赤ちゃんの目を見てしっかりと褒めてあげることが大切です。

言葉のしっかりとした意味は理解できなくとも、ママの表情や声のトーンで自分が褒められているということを認識し、それが自己肯定感の向上につながります。

 

【親子のコミュニケーションが密接にとれる】
まだお喋りができない赤ちゃんと、何をして遊んだらいいか悩んでしまうというママは意外とたくさんいます。

 

パズルは、「これはどこにはまるかな?」など、赤ちゃんへの声かけをしやすいおもちゃなので親子のコミュニケーションが密接にとれます。

上手にできたときは声をかける以外に、ハイタッチをしたり頭をなでてあげたりすると親子の素敵なスキンシップの時間にもなりますね。

 

赤ちゃんへおすすめのパズルのおもちゃ

パズルのおもちゃで遊ぶことは、赤ちゃんにとって良い効果がたくさんあることがわかりましたよね。

では、1歳以下の赤ちゃんにどんなパズルのおもちゃを与えれば良いのでしょうか?

以下を見ていきましょう。

 

【①型はめパズル】
箱の側面に丸や四角などの穴が開いていて、その形にあったパーツを入れていくパズルです。

 

はじめのうちは丸など簡単なものしかできませんが、だんだんと複雑な形のものもはめることができるようになっていきます。
穴に入れる角度を考えてパーツを回転させるので、赤ちゃんの集中力と指先の運動能力の向上が期待できます。

パズルのタイプによってはアルファベットや数字などもあって、大きくなるまで長く遊べるものもあります。

 

【赤ちゃんへおすすめのパズル②つまみ付きパズル】
赤ちゃんは、ジグソーパズルのような平たいものをつまむのが得意ではありません。
そこでおすすめなのは、つまみがついているパズル。

 

ひとつひとつのパーツも大きく、また木製のものが多いので舐めてしまったとしても安心です。
可愛い動物や食べ物、乗り物など種類が豊富なのでママも選んでいて楽しいですよ。

 

パズルのおもちゃの選び方のポイント

では次に、どんなパズルを選べば、1歳以下の赤ちゃんでも楽しく遊んでくれるのか、選び方をご紹介します。

 

【①カラフルなものを選ぶ】
近年、シンプルなものやモノクロのおしゃれなおもちゃが流行っていますが、できることなら赤ちゃんへはカラフルなパズルを選びましょう。

赤ちゃんは赤・黄・青といった分かりやすい色のものを好みます。様々な色を使われているパズルを選ぶことによって色彩感覚の発達の手助けをしてくれます。

 

また、赤ちゃんが言葉を覚え始めたときには色を教えてあげるのにも役立ちますよ。

 

【②難易度は低めのものから】
長く使いたいからと言って、難易度の高すぎる物を選ぶと赤ちゃんは達成感を得られずにすぐに飽きてしまいます。
初めは簡単なものから与えて、徐々にステップアップするようにしましょう。
赤ちゃん一人でも完成できると達成感を感じ、自己肯定感の向上が期待できますよ。

 

【➂誤飲しないサイズのものを選ぶ】
赤ちゃんは何でも口に入れてしまいます。

赤ちゃん用のパズルのおもちゃは大きめのものがほとんどですが、選ぶ際には口に入らないかを必ず確認するようにしましょう

 

まとめ

赤ちゃんにとってメリットばかりのパズルのおもちゃ。
まだ月齢が低いうちは、ただ握ったり舐めたりしているだけかもしれませんが、大人が見本を見せてあげることによってだんだん意味を理解して遊んでくれるようになりますよ。

ぜひお気に入りのものを見つけて、赤ちゃんとの日々の遊びに取り入れてくださいね。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php