https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

子どもの早期英語教育の重要性とは

子どもの早期英語教育の重要性とは

子どもに英語を教えるなら早い方が良い

パパやママが子どものころと違って、英語教育に力を入れている家庭も多いのではないでしょうか。
すでにニュースなどでも取り上げられていますが2020年からは、小学校でも英語教育が必修となることが決まっています
これに伴い、幼稚園から英会話スクールに通う子どもも増えているのが現状です。

 

「うちの子にも英語を教えた方が良いの?」
「小さいうちから英語を勉強しても理解できるの?」
「日本語もままならない子に英語を教えて混乱しないの?」

 

このように、英語教育においては様々な不安を持つ方も多いですよね。

 

しかし、語学の習得には「限界期」というものが存在するため、英語教育も早い段階から教えておいた方が、抵抗なく身に着けることができるのです
今回は、子どもの早期英語教育の重要性について詳しくまとめてみました。興味のある方は是非最後までご覧ください。

子どもの早期英語教育が良い理由

子どもに早期英語教育をするとどんなメリットがあるのか、大きく3つにまとめてみます。

 

【理由①英語耳が育つ】 
英語耳というワードが英会話教室でも飛び交う様になっていますが、これは英語を聞き取る聴力を指します。
英語には日本語とは違う発音があり、特に「l」と「r」の違いや母音で終わる単語など、聞き取りにくい部分が多いのです。
その聴力を鍛える為には、英語耳を育てておく事が先決なのです。

 

なんと、生後6ヶ月の赤ちゃんには日本語以外の言語を習得する能力が備わっているといわれています。
まだ日本語すらまともに話せない時期ですが、赤ちゃんはちゃんと言葉を聞き分けているのです。
日本語という概念もない時から英語の音を聞く事で、自然と英語耳が育ちます。

 

【理由②英語脳が育つ】
英語を話す為に重要なのが、英語脳です。

 

日本語と英語は文法から発音まで違いが大きいため、日本語を習得した上で英語を学ぶと理解するまでにかなり時間がかかると言われています。

 

しかし、幼い頃から英語に触れていると、日本語を理解する脳とは別に「英語脳」を育てることができるのです
英語脳を持っていれば、英語を日本語で理解しようとしない為、スムーズに英語を理解できます。

 

英語を理解する為の「変換機能」が自然と身に着き、わざわざ一語一語を英語から日本語に変え、言葉を並び替える…という作業をしなくても、瞬時に頭のなかで英語から日本語へ、また日本語から英語へ理解することができるのです。

 

【理由③英語教育の時間の確保ができる】
日本語と英語は言語の中でも全く違う部類になりますが、この差が学習時間に関係していると言われています。
英語に似た言語であるドイツ語やフランス語を話す人でさえ、英語を習得するのに約480時間かかるのだそうです。
英語と全く異なる言語である日本語を話す場合では、習得するまでに約2.400時間。およそ6倍の時間が必要です。

 

これを聞いて「ある程度の勉強をしてきた大人が英語習得に苦戦しているのだから、小さな子どもはなおさら理解できないよ」と思ったかもしれません。

 

しかし、それは逆で、習得に時間がかかるからこそ、早いうちから勉強しておくことが重要です。
小学校から高校までの英語の授業は1.000時間もありません。
学校で勉強できるから良いと、義務教育任せにしていてはスタートダッシュが大幅に遅くなるでしょう。

子どもの早期英語教育における注意点

世界に目を向けてみると、幼いころからバイリンガルで育っている子どもの方が圧倒的に多いようです。
欧州だけで見ても、半分以上の人がバイリンガルと言われています。

 

バイリンガル文化は、国の歴史とも大きく関係していて、日本のように植民地化されていない国はバイリンガルに重きを置く概念があまりありません。
移民文化を持っている国は公用語が2ヵ国語ある地域もある為、必然的にバイリンガルが育っていくのです。

 

このように、憧れのバイリンガルに子どもが育ってくれればと思うママやパパもいると思いますが、それにはただ英会話スクールに通わせるだけではいけません。
家庭での英語の触れ方にも注意が必要です。

 

バイリンガル文化のある国では、日常的に2ヵ国語を話す習慣がありますが、日本の場合、国内にいても日本語以外の言語を話す機会はほとんどありませんよね。
せっかく勉強しても使う機会が無い為に英語を忘れてしまうこともあるでしょう。
早期英語教育により、英語を習得させたいと願うのであれば、家庭でも英語を日常的に取り入れる習慣を作ることが必要かもしれませんね。

まとめ

昔と比べてどんどんグローバル化し、日本に訪れる外国人も増えている中、英語の必要性はどんどん上がってきています。

 

子どもの可能性を広げるという意味で、早期英語教育はメリットがありますが、学んだ事を活かせる舞台を意図的に作り続けてあげるのも重要です。
この機会に、ただ学ぶだけでは意味がないという点を理解し、早期英語教育の取り入れ方を見直してみてください。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php