https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんへ「手作り布絵本」を贈ろう

赤ちゃんへ「手作り布絵本」を贈ろう

手作りの赤ちゃん用布絵本は難しい?

小さな赤ちゃんにとって、絵本の内容を理解するのは難しいことがあるかもしれません。
けれども、少しでも絵本と触れ合い、親しんでもらえるように・・・赤ちゃんが喜ぶような手作りの布絵本を作りたいと思うママもいると思います。
ですが、手芸が得意でないから難しそう、そんな風にためらうこともありますね。

 

赤ちゃんへの布絵本を手作りするには、どこから始めればいいのでしょうか?
手作り布絵本の簡単な作り方や、赤ちゃんにおすすめの理由も併せてご紹介します。

 

赤ちゃんに布絵本がおすすめな理由

赤ちゃんには布でできた絵本が最適です。例えば、以下のような理由があります。

 

【口に入れても安心】
赤ちゃんは、目に入るものは何でも口に入れて確かめます。また、投げたり引っ張ったりして遊ぶことも大好きです。
布絵本なら紙の絵本と違い、布が破ける心配もないですし、端がちぎれてしまって誤飲することもありません。

 

さらに、いつでも洗えるので衛生的にも安心です。

 

【持ち運びが便利】
絵本って大きさがさまざまで、丈夫な絵本を選べば厚みが増してかさばり、場所を取ります。

 

しかし、布絵本ならバッグの中で少々折り曲がって形が崩れても問題ありません。
軽い点でも持ち運びにぴったりです。

 

【知育に効果的】
布絵本は知育の面でも優れています。

 

<感覚を刺激する>
布絵本は赤ちゃんの視覚はもちろんのこと、聴覚や触覚も刺激します。
それにより、脳の発達が高まります。

 

色鮮やかな布で作れば視覚を刺激し、鈴を入れれば聴覚を刺激します。
布の肌触りや重なってでこぼこした布の厚みなどが触覚を刺激します。

 

<仕掛けが脳を刺激する>
布絵本はいろんな仕掛けを自由に加えることができます。

 

ボタンや紐、ファスナーなどさまざまな材料を使うことで、赤ちゃんが自然と指を使う練習になり、脳への刺激にもつながります。

 

ママのアイデアで無限の仕掛けが楽しめ、それが赤ちゃんの発達にもつながります。

 

手作り布絵本の基本の作り方

では実際に、手作り布絵本の作り方を見ていきましょう。

 

【①絵本の内容や仕掛けを決める】
まず、絵本の内容や仕掛けを考えて決めましょう。

 

絵本と聞くと、ストーリーのあるものを作らないといけないと思いがちですが、そんなことはありません。
まだ小さい赤ちゃんにはストーリーより、興味を持たせて、感覚を刺激することの方が大切です。

 

お店の赤ちゃん向けの絵本を参考にしたり、赤ちゃんの好きなものを取り入れて考えてみてください。

 

【②型紙を作る】
紙に絵をかいて型紙を作りましょう。

 

絵が苦手ならインターネットで無料でダウンロードできる型紙を探して利用するのもおすすめです。

 

【③布を裁断する】
型紙に合わせて布を切っていきます。

 

【④縫い付ける】
土台となる布にパーツや仕掛けとなる材料などを縫い付けていきます。
さまざまな色の刺繍糸で縫い付けるのがおすすめです。

 

きれいに縫ったり、凝った縫い目をすることより、ほどけないように縫い付けることが一番重要です。
特にボタンや鈴などの部品は取れてしまうと誤飲につながる恐れがあります。

 

丈夫に縫い付けるのはもちろん、できれば鈴は布絵本のページの内部に入れるなどの工夫をしてください。

 

【⑤土台を縫い合わせる】
全てのパーツを土台に縫い付けたら、土台や表紙、裏表紙を縫い合わせてできあがりです。

 

厚みや丈夫さを重視したいなら、土台の間に芯となる布を挟んでから縫い合わせましょう。

 

手作り布絵本を簡単に作る方法とは?

ゼロから手作り布絵本を作るのは大変・・・そんなママ向けのお助けアイテムも市販されています。

 

【キットを活用】
ママが内容や布、糸などを用意しなくてもそれらが入ってキットになったものが売っています。

 

裁断からするものや、すでに裁断してあるものなど、どの時点から手作りするかママが自分で選ぶこともできます。
また、種類もたくさんあるので赤ちゃんに合わせて絵本の内容もママが選ぶことができます。

 

説明書も入っているので、手作りが不安なママでも簡単に作ることができます。

 

【100均を活用】
100均は手芸アイテムやインテリアアイテムも多いので、フェルトがかわいい形に裁断された商品もあります。
型紙として描くのが難しい形もきれいに裁断してあるので、ママが描く必要も裁断する必要もなくなります。

 

はっきりとしたストーリーがなくても楽しめるのが布絵本の特長です。使いたい材料に合わせて、布絵本の内容を考えるのも良いでしょう。

 

【簡単アイテムで作る】
<布>
布絵本はフェルトで作るのが簡単で人気です。

 

フェルトは、色が鮮やかで赤ちゃんの興味を引きます。
また、布の温かみや厚みもあり、パーツも縫い付けやすいです。

 

<布用のボンド>
縫物が苦手なママには、縫わなくても済む布用のボンドがあります。
フェルトにくっ付けるだけなので手間が減り、時間がないママにもおすすめです。

 

ただし、くっ付けるだけなので赤ちゃんが遊んでいる最中に取れる可能性があります。
作った後に取れないかの確認や、定期的にメンテナンスするなど、よく注意しておく必要があります。

 

まとめ

ママの愛情がたっぷり入った、赤ちゃんもママも一緒に遊べる布絵本をこの機会にぜひ作ってみてください。赤ちゃんへの何よりの贈り物になると思います。

この記事を書いたライター

藤田 ゆか
藤田 ゆか

東海地方在住の主婦です。 以前は事務職をしていましたが、夫の転勤に伴い在宅ライターを始めました。 現在妊娠中で、記事を執筆することで自分の情報収集にもなっています。 記事を読むママさんにより近い目線で、役に立つ情報を届けていきたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php