https://babys-care.net/life/

赤ちゃんのための手作りおもちゃ

赤ちゃんのための手作りおもちゃ

赤ちゃんにおもちゃを手作りしよう

おもちゃは赤ちゃんにとって、体や心、手指などの成長を促すものでもあります。
そのおもちゃが、ママの心が込もった手作りのものであれば、赤ちゃんにとってうれしいこと間違いなしですよね。
今回は、手作りのおもちゃを作るときの注意点や知育のためのポイント、簡単に作ることができるおすすめの赤ちゃんのおもちゃをご紹介します。

 

手作りおもちゃで気を付けること

赤ちゃんのおもちゃを作るときに1番重要なことは、赤ちゃんが安全に遊べることです。
せっかく作ったおもちゃで赤ちゃんがケガをしては悲しいですよね。安全に遊べるおもちゃを作るために気を付けるべきことをご紹介します。

 

【誤飲を防ぐ】
赤ちゃんは周囲にあるものなら何でも興味を持ちます。近くにあったものを、誤って口に入れてしまっては大変です。
実際に赤ちゃんが誤飲する例は多いです。場合によっては命の危険もあります。口に入らないサイズにする、細かな部品が取れないようにするなどの工夫をしましょう。

 

【丈夫なもの】
赤ちゃんが噛んだり、少々強く引っ張って、壊れてはおもちゃの意味がありません。壊れた部分で怪我をしたり、また中身が出て誤飲しては危険です。
おもちゃを作るときは丁寧に壊れないように気を配って作りましょう。

 

【雑菌から守る】
生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ未熟です。雑菌に対する免疫力もついていません。
そのため、おもちゃを作るときは洗濯できるものや、簡単に除菌しやすいものを意識しましょう。常に清潔な状態を保ち赤ちゃんを雑菌から守りましょう。

 

【肌に優しいもの】
前述したように、抵抗力が弱く、繊細な赤ちゃんが使うおもちゃです。アレルギーを持つ赤ちゃんや、肌が極端に弱い赤ちゃんもいるでしょう。
布を使うおもちゃであれば、オーガニックコットンなど肌に優しい素材や、肌触りの良いもの、毛羽立ってないものだとより安心です。

 

赤ちゃんの成長を助けるおもちゃ

安全に配慮したおもちゃを作ることが1番大切なことです。
加えて、せっかく手作りのおもちゃを作るなら、赤ちゃんが気に入ってくれて、さらにその成長を手助けしてくれるものが良いですよね。
そんなおもちゃを作るためのポイントをご紹介します。

 

【鮮やかな色のもの】
生まれたばかりの赤ちゃんは、色をうまく認識できません。そのため、おもちゃを作るときは色がはっきりしたものを作りましょう。
特に、明るくて鮮やかな色のものを作ることで、赤ちゃんも色の認識がしやすくなり、赤ちゃんの興味をより引くことができます。
さらに、色によって赤ちゃんの脳を刺激することができるので、知育にもおすすめです。

 

【音が出るもの】
生まれたばかりの赤ちゃんは、聴力も未発達ですが、徐々に成長していきます。
いろいろな音を聞かせることで、音を聞き分けることができるようになります。そのため、おもちゃを作るときは音が出るものを作りましょう。
同じ材料でも、中身を変えて、違った音が出るものを作れば、さらに赤ちゃんの成長を促すことできます。

 

赤ちゃんにおすすめの手作りおもちゃ

いざ、赤ちゃんのためにおもちゃを作ろうと思っても、どんなものを作ったら良いのかわかりませんよね。
ここでは手作りにおすすめのおもちゃをご紹介します。自分の赤ちゃんの好みに合いそうなものを作ってあげてください。

 

【ベビーマラカス】
振ると音が鳴るベビーマラカスは、赤ちゃんの好きなおもちゃの1つです。赤ちゃんの手にぴったりの大きさのペットボトルやトイレットペーパーの芯、布などを利用して作りましょう。
中にきれいなビーズや、誤飲しても問題ないように米や小豆などを入れて音が出るようにします。
中が見える容器なら、中を見せるようにしても良いですし、カラフルな色の布やビニールテープなどで装飾すれば、赤ちゃんの目も楽しませることができます。
容器や中に入れるものを変えて、赤ちゃんと楽しい時間を過ごしてください。

 

【にぎにぎ】
初めてのおもちゃが、にぎにぎである赤ちゃんも多いのではないでしょうか。布やフェルトを型紙通りに裁断して、中に綿を詰めて縫い合わせたら完成です。
布の代わりに毛糸で編んで作ったり、中に鈴を入れて音が出るようにすることもできます。
型紙をアレンジすればいろいろなにぎにぎを作ることができます。赤ちゃんが遊ぶ姿を想像しながら作ってください。

 

【布絵本】
少し大きくなってきたら、知育にもぴったりな布絵本を作りましょう。
フェルトだと布の端の糸の処理もいらないですし、厚みもあるので赤ちゃんでもめくりやすいです。
マジックテープで絵本の中に出てくるものを取ったり付けたりできるようにしたり、ファスナーを付けて指の細かい動きの練習ができるようにしたり、工夫をこらして作ってみてください。
絵本を開く度に、赤ちゃんの中でさまざまな物語が広がります。

 

まとめ

赤ちゃんが安全にうれしそうに遊ぶ手作りおもちゃをプレゼントしたいですよね。
手先が不器用なママでも、お金をかけたくないママでも問題ありません。
家にあるもので簡単に、十分赤ちゃんが喜ぶおもちゃを作ることができます。この機会にぜひ挑戦してみてください。

この記事を書いたライター

藤田 ゆか
藤田 ゆか

東海地方在住の主婦です。 以前は事務職をしていましたが、夫の転勤に伴い在宅ライターを始めました。 現在妊娠中で、記事を執筆することで自分の情報収集にもなっています。 記事を読むママさんにより近い目線で、役に立つ情報を届けていきたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php