https://babys-care.net/life/

赤ちゃんにおすすめ!春の絵本10選

春にぴったりの絵本は?

春は気温が上がってどんどん過ごしやすくなる、待ち遠しい季節ですよね。赤ちゃんと一緒にお出かけして春を感じるのも良いですが、家の中で絵本を通して春を感じてみるのもおすすめですよ。

 

外に出られないときでも季節をテーマにした絵本を読むことで、そのときの季節を家の中で楽しめます。

そこで今回は、春にぴったりのおすすめの絵本を10冊、ご紹介していきます。

 

春の虫や食べ物がテーマの絵本

まずは春に姿を現す虫や、春が旬の食べ物がテーマの絵本をご紹介します。

絵本で春の虫や食べ物を見せて、そのあとに実物を見せに散歩するのも良いかもしれません。

 

【ちょうちょうひらひら/まど・みちお、にしまきかやこ】

春らしい暖かい色合いと、笑顔が溢れる動物たちが登場する絵本です。ちょうちょが動物たちに止まって、動物が「あはは」と笑う心が優しくなる内容。

文字数が少ないので、集中力が持たない赤ちゃんにぴったりです。

 

 

【てんてんてん/わかやましずこ】

大きくてんとう虫が描かれた表紙が特徴の絵本。

はっきりとした色で大きく描かれた虫たちに、「てんてんてん」と赤ちゃんが好きなオノマトペがたくさん出てきます。

 

赤ちゃんでも楽しめるので、きっと気に入ってくれる絵本になりますよ。

 

 

【しろいちょうちょうがとんでるよ/村上康成】

白いちょうちょがひらひらと飛んで、いろんなところに止まったら…?という内容の絵本。

真っ青な空に白いちょうちょ、色とりどりの花など、ハッキリとした色のコントラストで描かれているので、赤ちゃんのファースト絵本におすすめです。

 

 

【もーいいかい まぁだだよ!/平出衛】

”きゅうこんぼうや”と”いもむしくん”がかくれんぼするという、かくれんぼがテーマの絵本。

いもむしが蝶になる過程や、球根から花が咲く様子などが描かれていてます。

 

本の終盤にはニコニコ笑顔の花の満開の花畑が見開きで楽しめますよ。春の花や虫がたくさん出てきて、春を感じられる1冊です。

 

 

【いちご/平山和子】

いちごの実ができるまでを丁寧に描いた絵本。いちごに「もうあまい?」など問いかけると「はい、おまちどうさま」と返事してくれます。

 

まるで写真と見間違うほどリアルに描かれたいちごに、思わず手を伸ばして食べたくなってしまいそうですね。

 

春の陽気を感じられる絵本

続いては、春の陽気を感じられる絵本をご紹介します。

 

【ぽかぽか/新井洋行】

春の訪れて太陽さんが初めに「おきてくださーい!」と起こしたのは、白い花の「はなちゃん」。

はなちゃんがいろんな生き物たちに「はるですよー!」と起こしに声をかけるという内容です。

春がやってくる頃に読んであげたい、赤ちゃんにぴったりの絵本です。

 

 

【ほわほわさくら/ひがしなおこ、きうちたつろう】

きれいな桜色の絵本「ほわほわさくら」は、満開に咲いたさくらの花びらを子どもが追いかけていくという内容。「ほろほろ」「ほわほわ」とほっこりとするオノマトペがたくさん出てきます。

 

晴れた春の日に、思わず散歩しに行きたくなる1冊です。

 

 

【はるかぜさんぽ/えがしらみちこ】

可愛いワンピースを着た女の子が、桜やたんぽぽなどのいろんな花や、ダンゴムシなどの虫たちと出会うという物語。優しいタッチの水彩画で描かれていて、温かい気持ちになれます。

 

春の訪れを感じられる、可愛らしい絵本ですよ。

ちなみに、このほかにも「あめふりさんぽ」や「ゆきみちさんぽ」など、他の季節を感じられるシリーズがあるので、すべて揃えて日本の四季を感じるのもいいかもしれません。

 

 

【14ひきのぴくにっく/いわむらかずお】

30年以上愛されている「14ひきシリーズ」の春の絵本は、「14ひきのぴくにっく」です。もしかしたら、このシリーズのファンだというママもいるかもしれません。

 

この絵本は、14ひきの野ねずみが家族で春の野原にピクニックに行くという内容です。読んでいると、まるで一緒にピクニックに行っているような楽しい気分になれる1冊ですよ。

 

 

【おさんぽ/前田まゆみ】

「さあ おそと いこう!」と子どもの足のイラストから始まる「おさんぽ」は、まるで散歩をしているような感覚になる、お散歩体験絵本。春の散歩のときに出会える植物や虫などがリアルなタッチで描かれているので、図鑑のように使えます。

 

雨などなかなか散歩に行けないときに読んであげたくなる絵本ですね。

 

まとめ

今回は春をテーマにした絵本をご紹介しました。赤ちゃんが見やすいハッキリとした色使いのものや、オノマトペが盛り込まれた耳なじみの良いものなど、さまざまな春の絵本があります。

 

赤ちゃんにはまだ春の絵本の内容を理解したり、春の訪れを感じたりするのは難しいかもしれません。

しかし、絵本を繰り返し読んでいくことで、赤ちゃんの想像力を育んだり、言葉の発達を促すことができるのでおすすめです。

 

絵本の読み聞かせというのは、外に出られないときの遊びや寝る前のスキンシップとしてもぴったりです。

さまざまな絵本を読んで、赤ちゃんのお気に入りの1冊を探してみましょう。

 

春の絵本を読んで、ママと赤ちゃんでお春の訪れを感じてみてくださいね。

この記事を書いたライター

森山 あやね
森山 あやね

2歳の子を持つママライター。フルタイムワーママを経験して、ライターになりました。 趣味は読書、ゲームとインドア派。家族みんなが楽しく過ごせる生活を、日々模索しています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php