https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんにおすすめの習い事

赤ちゃんにおすすめの習い事

赤ちゃんから始めたい習い事4選

子どもの教育に力を入れたいと考えているママは、0歳児の赤ちゃんの頃からでも何か習い事を始めたいと考えていることかと思います。
また、教育とまでは言わなくても、赤ちゃんのうちから様々な体験をさせてあげることで、可能性を広げてあげたいと考えているかもしれませんね。

 

しかし、まだねんねの時間が長く、特に歩けるようになる前の赤ちゃんの場合、習い事といっても難しそう・・・と感じる面もありますよね。
けれども赤ちゃんの頃から始められる習い事は、実は意外とあるものです。今回は始めやすい習い事を4つ厳選してご紹介していきたいと思います。

 

①親子で楽しめるベビースイミング

ママのお腹の中では羊水のなかで過ごしていた赤ちゃんは、水への抵抗が少ないのだそうです。
月齢が大きくなり外の世界に触れてさまざまな事を理解し始めると、水を怖いと感じてしまうようになってきます。

 

そうなる前に水に慣れ親しむことで、将来的に水泳を行う時のベースを築くことができます。
また、水中では全身運動となるため、運動機能や心肺機能の発達を促し、丈夫で健康な体作りを目指します。
水に触れることで感覚や神経などの脳の発育にも良いと考えられているそうですよ。

 

ベビースイミングはパパやママと一緒に参加する教室なので、大人も一緒に水着で泳ぎます。
泳ぐといっても教室の主な内容は、水中でのスキンシップや音楽に合わせた手遊び、プールの中で水に慣れることなどがレッスンの内容です。

 

パパやママがもし泳げなくても問題ありません。赤ちゃんと参加することを楽しみましょう。

 

ベビースイミングは一般的には生後6ヶ月頃から始められますが、教室によっては3ヶ月頃から行えるところもあるようです。
0歳児だからこそ、やらせてあげたい習い事です。

 

②英会話教室は乳幼児期から

言語の習得はある時期を過ぎると困難になるという仮説があるのはご存じですか?
音の聞き取り能力が最も優れているのは3歳ごろまでとも言われていて、英語学習はこの時期までに始めることで、正しい発音が身につくと考えられています。
小学校3年生から英語の授業がスタートするということもあり、早期教育として英語を習わせようと考えているママも多く、人気の習い事の1つとなっているんですよ。

 

子どもが小さいうちは数組の親子で行うグループレッスン。英語の歌に合わせて踊ったり、ゲームをしたりして楽しく英語を習得していきます。
レッスン以外にも家庭学習にも取り組める教材が充実。
ママやパパが英語を話せなくても、正しい発音でしっかり英語を習得して行けます。
お友達とも触れ合えるのも、教室に通うメリットとも言えるでしょう。

 

多くの教室は1歳前後から入会ができます。
無料体験に足を運んだり資料を比較しながら、レッスン内容や雰囲気を見て、赤ちゃんに合う教室を探してみてください。

 

③赤ちゃんの能力を引き出す幼児教室

幼児教育をしっかり行いたいと思う方は、教育に力を入れた教室に通うのがオススメ。

 

例えば教材を使って親子の関わりを通しながら、赤ちゃんの興味・関心を引き出してくれる教室。
他には、フラッシュカードや感覚遊びを通し、5感や脳を育てることを目的とした教室など。

 

教室によって特色がかなり違い、単純に子どもの能力を伸ばしてあげるための教室や、ゆくゆくの幼稚園受験に備えた教室などもあります。
赤ちゃんはもちろん、ママに合っているかもしっかり比較して選びたい習い事です。

 

赤ちゃんは成長が目まぐるしく、吸収する力も大きいので、0歳のうちから幼児教育を始めて、可能性を伸ばしてあげたいですね。

 

④リトミックで楽しくリズム感を養おう

音楽に合わせて体を動かしたり、楽器をつかったりして楽しめるリトミック教室。
親子で参加でき、ママが赤ちゃんを抱っこしてリズム遊びを楽しんだりと、親子のふれあい遊びもできる習い事です。

 

音楽に合わせて体を動かすのって、大人でも楽しいですよね。
リズム感や音感を養い、自分を表現する楽しさも同時に身に着けられます。

 

リトミックは生後2ヶ月から通うことができるので、赤ちゃんの耳がしっかり聞こえるようになったころから、楽しい音楽にたくさん触れさせてあげましょう。
成長に合わせてグループレッスンを楽しみ、お友達との社会性や協調性も身に着けられます。

 

リトミックは教室の他にも、子育て支援センターでのイベントやチケット制の教室もあります。
まずはそういったところに足を運んでみて体験させてあげるのもいいかもしれません。

 

子育てに習い事を取り入れよう!

赤ちゃんの子育て、大変なこともあるかと思いますが、できれば様々な体験をさせてあげてたいですよね。
赤ちゃんの可能性を伸ばしてあげるという意味でも習い事の価値はありますし、ママだけでは体験させてあげることが難しいことも、習い事を始めることで学びとして取り入れていくことができます。
ママやパパと参加することで赤ちゃんも楽しく参加でき、親子のふれあいがもてるというメリットも。

 

そう考えると、赤ちゃんのうちから習い事を始めるのが早すぎるということはありません。
子育てに習い事を取り入れてみませんか?気になるものがあったらぜひ見学や体験会へ行ってみましょう。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php