https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

ベビースイミングの人気の秘密とは

ベビースイミングの人気の秘密とは

ベビースイミングの人気の秘密をご紹介

赤ちゃんの習い事として人気のあるベビースイミング。興味のあるママも多いのではないでしょうか。
赤ちゃんでも通えるとのことですが、実際に何ヶ月から通えるのでしょうか。また、どんなことをするのかも気になりますよね。
今回は、ベビースイミングの人気の秘密を探るべく、内容や費用、そして効果や心配なことなど気になるポイントをまとめてご紹介します。

ベビースイミングの内容は?

一般的なベビースイミングスクールの内容から見てみましょう。
スクールによって多少違いがありますので、希望するスクールが決まったら、事前に確認しましょう。

【対象月齢は?】
首がすわり、ひとりでお座りできるようになる生後6ヶ月くらいから通えるところが多いようです。

【レッスン内容は?】
実際に「泳ぐ」練習をするのは1歳児以上のクラス。
0歳児クラスでは「水に慣れる」ことが目的なので、ママが赤ちゃんを抱っこして水の中を移動したり、ゆらゆら揺らしてあげたりして、水と触れ合います。
水に対する恐怖心をなくし、水の中で遊んだり動くことが楽しいと思わせてくれるような内容になっています

【レッスン回数は?】
週1回、2回など回数が決まっている、もしくは、チケット制で自由参加のところが多いようです。
赤ちゃんの体力や体調、ママのスケジュールに合わせて無理なく通えるところが便利ですね。

【費用は?】
費用は主に
入会金5.000円~15.000円
月会費5.000円~8.000円
くらいのところが多いようです。その他に、スクール指定の水着や水泳帽などを購入する場合もあります。

他の習い事と比べると比較的リーズナブルなのも人気の理由かもしれません
入会金無料やお友達紹介などのキャンペーンを実施しているところが多いので、まずはお得な情報を集めてみると良いでしょう。

ベビースイミングの効果は?

次に、ベビースイミングの効果を見ていきましょう。

 

【水への恐怖心がなくなる】
ママのお腹の中で羊水に浮かんでいたころの感覚を忘れないうちに水慣れさせると、水への恐怖心がなくなると言われています
お風呂やシャワーを怖がらなくなるかもしれませんね。

 

【免疫力がアップする】
水の中では全身の血液の働きが活性化し新陳代謝が高まります。体温調節機能や心肺機能が発達し、水の刺激を受けることで皮膚感覚を鍛えることもできます。
気温の変化に強い体が作られることで免疫力がアップし、風邪などがひきにくくなります

 

【運動機能が発達する】
水の中では全身の筋力を使います。また、水中で体温を保つために熱を発するのにも体力を使います。
適度に筋力を使うこと、体力を使うことで赤ちゃんの運動機能が発達すると言われています

 

【脳の発達に好影響がある】
水の浮力を利用して体を動かすことにより、空間認知力も鍛えられるそうです
空間認知力は、算数や数学の図形問題などに役立つと言われていますから、体力だけではなく脳の発達にも期待できそうです。

 

【親子の絆が深まる】
ちょっと不安な水の中でも、ママがそばにいてくれる、守ってくれるという安心感によって信頼関係を築くことができます。親子の絆が一層深まるかもしれませんね。

 

【生活のリズムが整う】
水中で無理なく体力を使うことにより、寝つきが良くなったり、食欲が進む赤ちゃんが多いようです。生活のリズムも整ってくるでしょう。

 

【ママの運動不足解消やリフレッシュにも】
赤ちゃんと同様、プールに入ることによってママも新陳代謝が良くなったり免疫力がアップする効果が期待できます。
産後のエクササイズ代わりとして、運動不足解消やリフレッシュにも役立ちそうですね。

ベビースイミングで心配なことは?

反対に、心配なことも確認しておきましょう。

 

【感染症にかかる可能性】
結膜炎は、プールに入ることによって感染の可能性が高くなることがあります。

 

【塩素の影響】
プールの水に含まれている塩素は水中の細菌やウィルスの繁殖を抑えてくれる役割があるため、衛生的にプールに入るためには必要不可欠です。
プールの塩素濃度は、実は一般的な水道水の基準とほとんど変わりません。
赤ちゃんの肌や髪の毛への影響が心配な場合は、プールから上がった後にシャワーでしっかりと洗い流し、保湿剤などでケアしておきましょう
肌トラブルが起きた場合は、かかりつけ医に相談してみてください。

まとめ

赤ちゃんにとって嬉しい効果がいっぱいのベビースイミング。ママに人気なのも納得ですね。
ベビースイミングに興味があるママは、まずは通いやすいスクールの見学や体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター

北村 美涼
北村 美涼

関西在住、1男1女を持つワーキングママです。 産休、育休、フレックス、時短、在宅、テレワーク、といろいろな勤務体系経験済み! ハワイとたこ焼きと太陽の塔が大好き!どれも私のパワーのみなもとです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php