https://babys-care.net/life/

0歳児におすすめな有名絵本11選

赤ちゃんにおすすめの有名絵本は?

赤ちゃんに有名な絵本って、どうして有名になったのでしょうか?

それは、今までたくさんの赤ちゃんやママたちに楽しんで読まれてきた絵本だからでしょう。

 

実際に手に取って読んでみると、絵本が有名になった理由がわかるかもしれませんよ。

今回は、赤ちゃんにおすすめの有名絵本を紹介するので参考にしてくださいね。

 

赤ちゃんにおすすめの有名絵本11選

赤ちゃんには、文字数が少なくカラフルな絵本が人気ですよ。

赤ちゃんにおすすめの有名絵本を見ていきましょう。

 

【だっだぁー】

作者:ナムーラミチヨ

「ぶっひゃひゃぁー」や「だらっだらー」などの擬音語がたくさん出てきます。

ページをめくってみると、粘土で作られた顔がたくさん出てきますが色々な表情をしているので、目でも楽しめます。

読み聞かせをしていると、パパやママが赤ちゃん語を話しているような気持ちになれ、赤ちゃんも楽しんでくれるので多くの赤ちゃんに読まれている絵本です。

 

【いないいないばあ】

作者:松谷 みよ子

犬やネコなど、色々な動物が登場していないいないばあをしてくれます。

絵本を読み進めていくたびに赤ちゃんが笑ってくれるかもしれませんね。

1967年発売のロングセラーで、発売から50年以上600万部を超えるたくさんの子どもたちに読まれてきた絵本です。

 

【じゃあじゃあ びりびり】

作者:まつい のりこ

「いぬ わんわんわんわん」などのたくさんの音が描かれています。

シンプルで目を引く絵も、赤ちゃんにおすすめです。

初版は1983年のロングセラーで改訂版は、赤ちゃんがかんだりしても安心の厚紙絵本になっています。

 

【ぎゅう ぎゅう ぎゅう】

作者:おーなり 由子

赤ちゃんの小さなおててをぎゅう、くまさんをぎゅうなどたくさんのぎゅうが出てきます。

絵本を読みながら、赤ちゃんの手などをぎゅっとするとより楽しめそうですね。

親子だけでなく、赤ちゃんが身近なものに対してスキンシップが取れるようになる、読んでいるだけで笑顔になれそうな絵本です。

 

【くっついた】

作者:三浦 太郎

「ぞうさんとぞうさんがくっついた」など、色々な動物が向かい合って登場しページをめくると向かい合った2匹が仲良くくっつきます。

繰り返し動物たちが仲良くくっつく様子を見て楽しんでくれるでしょう。

絵本と同じようにママたちと赤ちゃんがスキンシップを楽しめるので、多くの赤ちゃんたちに読まれている絵本です。

 

【がたん ごとん がたん ごとん】

作者:安西 水丸

空っぽの汽車に、「のせてくださーい」と色々なものが汽車に乗ってきます。

ミルクの哺乳瓶やスプーンなどの食器や、りんごなどのフルーツなど赤ちゃんに馴染みのあるものが出てきますよ。

1987年発売のロングセラーで、男の子にも女の子にも性別を問わないに人気の絵本です。

 

【もいもい】

作者:開 一夫

東京大学の研究室で実証された赤ちゃんの視線が釘づけになるキャラクター「もいもい」。

赤ちゃんが釘づけになる形や色で「もいもい」が描かれているので、赤ちゃんも興味を示してくれるでしょう。

たくさんの赤ちゃんに協力してもらい、完成した絵本なので赤ちゃんも楽しんでくれるでしょう。

 

【かお かお どんなかお】

作者:柳原 良平

楽しい顔や悲しい顔、怒った顔に困った顔など色々な表情が出てきます。

何回も読んでいる内に、お気に入りの顔ができたり真似をしてくれるかもしれませんよ。

1988年発売のロングセラーで、たくさんの赤ちゃんに読まれてきた絵本です。

 

【ごぶごぶ ごぼごぼ】

作者:駒形 克己

「ごぼごぼ」など、不思議な擬音と共に大きさや色を変化させながら出てくる絵に釘づけになる赤ちゃんもいるでしょう。

リズム感たっぷりの言葉と、シンプルでカラフルな形だけでなくページに開けられた穴の仕掛けも楽しめますよ。

1999年発売のロングセラーで、聴覚、視覚、触覚で楽しめる絵本です。

 

【だるまさんが】

作者:かがくい ひろし

可愛いイラストで描かれただるまさんが「どてっ」と転んだり、「ぷしゅーっ」とぺったんこになったりします。

ページをめくると、色々な行動をしているだるまさんに笑ってくれるかもしれませんよ。

2008年発売ですが、「だるまさんの」や「だるまさんと」などのシリーズもあり、ページをめくる度に笑顔になれるのでたくさんの赤ちゃんに読まれています。

 

【きゅっきゅっきゅっ】

作者:林 明子

「おいしいスープ いただきます」と赤ちゃんとぬいぐるみたちがスープを飲み始めます。

ぬいぐるみの動物たちがスープをこぼすと、赤ちゃんが小さなおててで「きゅっきゅっきゅっ」っとぬいぐるみたちを拭いてあげる様子もかわいいですよ。 

1986年発売のロングセラーで、「いただきます」や「ごちそうさま」といった挨拶も出てくるので、離乳食が始まった赤ちゃんにおすすめの絵本です。

 

まとめ

せっかく絵本を読むのなら、赤ちゃんが楽しめる絵本を読み聞かせしたいですよね。

今までたくさんの赤ちゃんに読まれている有名な絵本なら、赤ちゃんの心も引きつけて楽しんでくれるはずです。

今回紹介した有名絵本を参考に、絵本選びや読み聞かせを親子で楽しみましょう。

この記事を書いたライター

村上あやみ
村上あやみ

5歳、3歳、0歳の三兄弟を育児中のママライター。関西在住で元気いっぱいの息子たちと、笑顔の絶えない家庭を目指し子育て奮闘中!!!幼児・0歳児の子育て経験を活かし、新米ママやプレママさんが安心して育児ができるような記事をお届けします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php