https://babys-care.net/life/

育児中のダイエット時間はどう作る?

育児中にダイエットする時間は取れる?

育児中のママは、何かと忙しいですよね。出産後、体型が戻らないや体重増加が気になるからダイエットをしたいというママもいるのではないでしょうか。

 

しかし、育児中はなかなか自分の時間も取れずに、ダイエットをする時間も取れないこともあるでしょう。

そこで今回は、育児中のママでもダイエットの時間を確保する方法や、注意点を紹介するので参考にしてみてください。

 

育児中にダイエットの時間を作る方法

育児中のママでも、ダイエットの時間を確保する方法を紹介していきます。

ダイエットは継続して行うことで効果が得られるので、毎日続けることを意識しながら取り組んでみましょう。

 

【家事中に運動をする】

忙しいママには、家事の中に運動を取り入れるのもいいでしょう。

家事はほとんどの方が毎日行うことなので、無理をせずに行えるかもしれませんね。

 

①洗濯物を干すときに一工夫

洗濯物を干すとき、洗濯かごから洗濯物を取り出すたびに、一旦しゃがんで立つ屈伸を取り入れてみましょう。

こまめに立ったり座ったりを繰り返すことで、消費カロリーを増やすことができます。

腰を曲げて洗濯物を取り出していると、腰を痛める可能性もあるので、一旦しゃがむを意識するといいでしょう。

 

②料理中はつま先立ちで行う

料理中につま先立ちをして、かかとを上げたり下げたりするのもおすすめです。

ふくらはぎや足首の引き締めに効果があり、お腹の引き締めや全身の脂肪燃焼にも繋がります。

料理中やお皿洗いなど立っている時に、試してみてはいかがですか。

 

③掃除機かけは大きく動く

掃除機をかける際に、アキレス腱を伸ばしながら腕を大きく体を動かすこともおすすめです。

片方の足を前に出しアキレス腱を伸ばしながらすることでストレッチを行いながら掃除を行うことができます。

 

【育児中に運動をする】

なかなか時間が取れないママには、育児の中にも運動を取り入れるのがおすすめです。

子どもと一緒に行うことでスキンシップも取れ、子どもが泣いた時などにもおすすめですよ。

 

①抱っこスクワット

子どもが泣いた時や寝かしつけの際に、抱っこをしながらスクワットをするのもおすすめです。

子どもの体重を支えないといけないので、負荷もかかり効率的に運動ができるかもしれませんよ。

子どもが成長するたびに負荷も増え、お尻や太ももに効果が期待できます。

 

②子どもを乗せてお尻上げ

ママが仰向けに寝て、子どもをママのお腹の上に乗せてお尻上げをします。

お尻と太ももを鍛えることができ、スキンシップも取れるので子どもも楽しんでくれるかもしれませんね。

ただし、子どもが落ちないよう、しっかり支えてあげてください。

 

③子どもを乗せて飛行機

子どもをママのすねの部分に乗せて、子どものお腹を持ち上げる飛行機もおすすめです。

ただし、子どもの首が据わってからにしてくださいね。

腹筋や太ももの引き締めにも効果があり、ママの足から落ちないようにバランスをとることで、子どものバランス感覚も養うことができますよ。

 

④子どもと一緒に散歩

外に出れるようになった子どもを連れて散歩もおすすめです。

春夏秋冬の季節を感じることもできるので、子どもの成長にもいい効果があるかもしれませんよ。

 

【子どもが寝ている隙にさっとできる簡単運動】

①踏み台昇降

踏み台を準備する必要はありますが、音もそこまで出ず短時間で高いダイエット効果も得られるので、忙しいママにおすすめです。

子どもが寝ている間や家事の間に手軽にすることができ、踏み台昇降を30分続けるだけでウォーキングの約7倍のカロリー消費や運動効果を得られます。

 

育児中ダイエットの注意点

育児中のダイエットの注意点は次のようなものがあります。

 

【体調を崩さないようにする】

無理なダイエットは育児中ではなくても禁物ですが、育児中は特にママが体調を崩してしまうと大変。

また、授乳中のママは無理な食事制限をしてしまうと母乳が出なくなる可能性もあります。

 

育児は想像以上に体力などが必要なので、ママの体調を第一に考え、体調を崩すほどの無理なダイエットは避けましょう。

長い間続けることができ、健康的なダイエットを心がけてください。

 

【子どもの食べ残しを食べない】

育児をしながら時間を見つけてダイエットをしている方は、子どもの食べ残しには注意が必要です。

親として「残さずに食べなさいと」子どもに教えているパパやママも多いですよね。

 

捨てるのはもったいないからと、子どものおかずや食べ残しを食べてしまうとダイエットをしている意味がなくなってしまうかもしれません。

子どもの分は少なめに盛り付けるや食べ残しを想定して、ママの分を減らしておくなどの工夫をすればいいでしょう。

 

まとめ

育児中は子どもが優先になるので、なかなか自分の時間を作ることが難しいですよね。

そのため、ダイエットしたいと思うと無理な食事制限などに走りやすいですが、体調を第一に考えてくださいね。

また、痩せなきゃ痩せなきゃとダイエットに集中しすぎてしまうと、逆にそれがストレスになってしまうこともあります。

 

産後の体型も戻したいけれど、なかなか挑戦できなかったママもいるでしょう。

そんな方は、今回紹介したような育児中のママでもできる方法を参考に、ダイエットに挑戦してみてくださいね。

この記事を書いたライター

村上あやみ
村上あやみ

5歳、3歳、0歳の三兄弟を育児中のママライター。関西在住で元気いっぱいの息子たちと、笑顔の絶えない家庭を目指し子育て奮闘中!!!幼児・0歳児の子育て経験を活かし、新米ママやプレママさんが安心して育児ができるような記事をお届けします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php