https://babys-care.net/life/

育児中のメガネについて

育児中はメガネ?コンタクト?

育児中はメガネが良いの?それともコンタクト?

初めての育児は分からないことだらけ。

そんな疑問を持つプレママもいますよね。

 

普段メガネやコンタクトが欠かせないママは多いでしょう。

出産の時は、万が一の緊急事態に備えてコンタクトを禁止している病院もあるようですが、出産後にどちらを選ぶかはママ次第。

メガネで過ごしているママもいれば、コンタクトのママもいます。

 

しかし育児中はメガネの方が便利だった!というママは多いようです。

そこで今回は、育児中のメガネについて考えてみました。

赤ちゃんとメガネで過ごす際のメリットやデメリット、育児中のメガネの選び方についてもご紹介します。

 

育児中のメガネのメリットとデメリット

育児中にメガネで過ごすのは、たくさんのメリットがあります。

注意したい点も併せてご紹介しましょう。

 

【メリット① つけ外しが簡単】

出産後は忙しく、ゆっくり寝る暇もありません。

1日中続く頻繁な授乳におむつ替え、抱っこで睡眠も細切れになってしまいます。

 

簡単につけ外しができるメガネなら、お世話が終わればすぐに外して一緒に寝られますよね。

起きなくてはいけない時も枕元に置いておけば、サッとかけてすぐに対応できます。

 

夜中に赤ちゃんが起きたり授乳をしたりするたびに、コンタクトを付けに行くのは大変です。

寝る時はまた外しに行かなくてはいけません。

つけ外しがその場で簡単にできるのは、昼夜問わずお世話が必要な新生児期には重要なポイントでしょう。

 

【メリット② メンテナンスが楽】

メガネはコンタクトに比べて比較的維持費がかからず、お手入れも簡単です。

外す度に洗浄する必要もなく、汚れたと思ったら軽く拭いてそのまましまえます。

 

赤ちゃんのお世話で忙しい時は、少しでも手間を省きたいですよね。

 

【メリット③ 目に優しい】

目に優しいのも、メガネをおすすめする理由の1つです。

長時間つけていても、メガネが原因で目が乾いたり傷ついたりすることもありません。

 

また、育児中はなにかとスマートフォンで調べものをすることも多いでしょう。

ブルーライトカット効果のあるメガネだと、目の疲れも和らぎますよ。

 

【メリット④ おしゃれに見える】

入院中も含め、産後のママはとにかく大変。

赤ちゃん中心の生活で自分に時間をかける余裕もなく、メイクなんてしていられないという場合も。

でも、少しでもおしゃれできれいなママでいたいのが本音ですよね。

 

メガネをかけるとすっぴんがカバーでき、人に会う時も安心です。

ノーメイクでもメガネがあれば、堂々と出かけられるというママもいるでしょう。

またデザイン性のあるメガネはおしゃれなだけでなく、きちんとした印象も与えられますよ。

 

【デメリット】

デメリットは何といっても、壊れる可能性があるという事です。

赤ちゃんはママのメガネに興味津々で、触ろうとします。

触るだけなら良いですが、舐めたり曲げたり投げてみたり…

赤ちゃんにメガネを壊されるのは、育児中によくある話のようです。

 

また、壊れたメガネでケガをしてしまう事もあるかもしれません。

赤ちゃんが踏んでしまったり、抱っこしている時にメガネがぶつかったりすることも。

 

・赤ちゃんの手の届かない所に置く

・メガネをかけている時は赤ちゃんの動きに気を付ける

 

など、安全には十分注意したいですね。

 

育児中に使うメガネの選び方

育児中のメガネは、どのようなものが良いのでしょうか。

重視するポイントをいくつか挙げてみました。

 

【柔軟性・耐久性に優れているメガネ】

育児中のメガネは、丈夫なものが1番です。

壊れる度に買い替えるなんて、できませんよね。

 

柔軟性のあるメガネなら、赤ちゃんがちょっと曲げた位では壊れません。

触らせないのも大切ですが、壊れにくいメガネを選ぶのも1つの方法です。

 

【軽いメガネ】

メガネを長い時間かけ続けると、耳や鼻の上が痛くなったり、頭痛に繋がったりする場合もあります。

 

育児中は疲れが溜まりやすいもの。

軽いメガネを選び、少しでも負担を減らしたいですね。

 

【おしゃれなメガネ】

毎日使うものは、デザインも大切です。

自分に時間をかけられない育児中だからこそ、おしゃれなメガネを選びましょう。

センスの良いメガネはファッションとしてだけでなく、ママ自身の気分も楽しくしてくれますよ。

 

育児中はずっとメガネが良い?

育児中に便利なメガネですが、赤ちゃんの成長と共に使い分けているママもいます。

 

赤ちゃんが小さなうちは、つけ外しが便利なメガネが良いかもしれません。

自分で動けない時期はメガネを取ったり、触って壊したりする心配もないですよね。

 

成長したらどうでしょうか。

動きもダイナミックになり、メガネを取られたり壊れたりする危険も増えます。

公園で一緒に思いっきり遊ぶこともあるでしょう。

そうなると壊れたりケガをしたりする可能性のあるメガネは、不便に感じるかもしれません。

 

赤ちゃんの成長に合わせて、コンタクトと臨機応変に使い分けたいですね。

 

まとめ

赤ちゃんの育児中は、細切れの睡眠に対応できるメガネがおすすめです。

しかし成長に伴い、コンタクトが便利な場面も出てくるでしょう。

安全と使いやすさを考え、その時々で選ぶと良いですよ。

 

使いやすくおしゃれなメガネで、育児中も楽しく快適に過ごしましょう。

この記事を書いたライター

中岡ゆり
中岡ゆり

5歳と2歳の男の子を育児中のママライター。ワンオペの毎日は大変ですが、バタバタと賑やかに過ごしています。 現在はパートをしながら、在宅ライターとしても活動中。ちょっとしたことで不安になり、心配していた0歳児育児。 同じように悩むママたちが、今しかない赤ちゃんとの貴重な時間を安心して楽しめるきっかけになるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php