https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

授乳中インフルエンザにかかると

授乳中インフルエンザにかかると

授乳中のママがインフルエンザになると

授乳中だからインフルエンザにかかりやすくなるわけではありませんが、育児のため睡眠不足で疲れたママは体力も免疫力も低下しやすく、感染症へ抵抗する力が落ちています。
ですからママがどんなに注意していても、インフルエンザにかかることはあるのです。

 

ママがインフルエンザにかかったとき、赤ちゃんへの影響が心配になります。

 

「赤ちゃんに授乳をしたらインフルエンザはうつるんじゃないかな?」
「インフルエンザ薬を飲んだら授乳してはだめ?」

 

そんな心配がたくさん!のママのために、授乳中ママがインフルエンザにかかったときの赤ちゃんへの影響から赤ちゃんへの感染予防法までお教えします。

 

インフルでも赤ちゃんに授乳して良い?

インフルエンザが流行っている時期に、ママが38℃を超える熱が出たり、悪寒や頭痛に急に襲われたりしたら、インフルエンザにかかった可能性がります。

 

インフルエンザにかかったとき、ママは赤ちゃんに授乳しても大丈夫でしょうか。
答えは「ママがインフルエンザにかかっても赤ちゃんに授乳して良い」です。

 

ママがインフルエンザにかかっても、ママののどの粘膜にインフルエンザのウイルスが増殖しているだけで、血液中にウイルスが混じっているわけではありません。ママの母乳を通じて赤ちゃんがインフルエンザがうつるわけではありませんので、ママは体が心配せず赤ちゃんに授乳してあげてください。
また、搾乳の場合もインフルエンザにかかったママの母乳を与えて、赤ちゃんがインフルエンザに感染したという報告はありませんので、安心してください。

 

ママの体が辛くなければ、できれば授乳をやめるより授乳を続けるのがおすすめです。母乳にはママの免疫物質が含まれているので、授乳を続けることで赤ちゃんの免疫力が高まることが期待できるからです。

 

ただし、ママが直接授乳や赤ちゃんのお世話をするためには以下の様な点に注意してください。

 

タミフルかリレンザを 2日間以上服用していること
熱が下がって平熱になっていること
咳や、鼻水がほとんどないこと

 

このような点をクリアしていなければ、お世話をする中で赤ちゃんにうつしてしまう可能性もあります。ママは赤ちゃんとは別室で過ごし、直接お世話をすることは控えましょう。
発症後 7日以上を経過して、熱や目立った症状がない場合、感染させる危険が低くなるのでいつも通りの赤ちゃんの世話に戻れるようになります。

 

【授乳時赤ちゃんへの感染予防は必要】
ママが赤ちゃんに直接授乳できる条件をクリアしても、授乳するときは2次感染しないよう感染予防の注意が必要です。

 

ママから赤ちゃんにインフルエンザが感染するときは、母乳を通じてではありません。ママがくしゃみや咳をしたときに飛ぶ唾液や、その唾液がついた手や服が赤ちゃんに触れることで感染する恐れがあります。
そんな2次感染を防ぐためには、ママは授乳前に石鹸で徹底的に手を洗い、授乳で赤ちゃんに接近するときは不識布のマスクをするなど咳やくしゃみがかからないようにします。

 

【赤ちゃんを感染から守る安全な授乳方法】
インフルエンザに感染したママが直接授乳せず母乳を搾乳して、インフルエンザに感染していないパパや家族が赤ちゃんに飲ませれば、さらに安全です。先ほどご紹介した、ママが赤ちゃんに直接授乳できる条件を満たしていない場合もこの方法をとります。

 

ママもインフルエンザの症状でつらいでしょうから、搾乳して家族に飲ませてもらうのは、赤ちゃんを守る方法でありママの体も養生できる良い方法です。

 

授乳中インフルエンザの薬を飲める?

病院を受診してインフルエンザと診断されたら、薬を処方されます。

 

製薬会社によるタミフル及びリレンザの説明書には「授乳婦に投与する場合には授乳を避けさせること」と記載があります。しかし、抗インフルエンザ薬を飲んだママの母乳への薬の移行はわずかであるという報告があるため、日本産婦人科学会は、抗インフルエンザ薬を飲んで赤ちゃんに授乳しても危険はないといっています。

 

授乳中は薬を飲むのは不安が大きいものです。授乳中であると伝えて医師に相談すると安心ですね。

 

授乳中予防接種しても大丈夫?

それでは、授乳中の時期のインフルエンザの予防接種は大丈夫でしょうか?
インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといい、ワクチンの成分で感染をおこすものではないので、授乳中にインフルエンザの予防接種をしても構いません。
授乳中のママがインフルエンザ感染しないことの方が大切なので、予防接種を受けるほうがおすすめですよ。

 

まとめ

授乳中のママがインフルエンザに感染した場合、まずは赤ちゃんへの感染を防ぐため、赤ちゃんとの接触を避けます。そして、速やかに病院を受診して治療してもらいましょう。

 

インフルエンザにかかっても母乳は安全なので、赤ちゃんへの授乳はやめる必要はありません。赤ちゃんへの飛沫感染を防ぐため、母乳は搾乳してインフルエンザに感染していないパパや家族に飲ませてもらうのがいいでしょう。

 

家族の協力を仰ぎ、ママは早く回復するようにゆっくり休むようにしてください。

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php