https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

産後ママはブラジャーでバストケアを!

産後ママはブラジャーでバストケアを!

産後はどんなブラジャーをつけるべき?

妊娠中はマタニティ用のブラジャーばかりでしたが、出産を終え、これからは好きなデザインのブラジャーが選べる!とワクワクしているママもいるかもしれません。
けれども、お腹のふくらみがなくなったからといって、すぐに妊娠前と同じサイズのブラジャーをつけるのはおすすめしません。

 

産後はホルモンバランスの変化や授乳に備えてバストが変化していきます。
妊娠中とはまた違う感覚をバストに覚える事もあります。
だからこそ、産後は産後に必要なブラジャーを選ぶ必要があります。

 

今回は、産後のママに適したブラジャーについてご紹介してきます。

 

産後のママのバストにはどんな変化が?

妊娠から出産を経てママの体は大きく変化します。
産後、授乳や卒乳などを経ることでも、バストには変化が出ます。

 

産後、特に授乳を卒業すると、妊娠前に比べてがっかりするような変化が出ることもあります。

 

バストにハリがなくなってしまった
バストが垂れてきた気がする
バストがしぼんで小さくなった
授乳の為に左右の大きさが変わってきた
デコルテが痩せて胸が貧相になった

 

妊娠前は自慢のバストだったのに、別人の様になってしまったと鏡の前でしょんぼり…そんな経験をしたことがあるというママも少なくないようです。

 

ママのワイヤーブラジャーはいつから?

出産を終えたから、気分を一新してすぐにワイヤー入りのブラジャーをつけたくなるというママもいるかもしれません。

 

けれども、この時期にたくさんブラジャーを新調してしまうと、授乳が終わってからはまたサイズが変わって使えなくなることもあります。
授乳を頻繁にする時期には、授乳専用のブラジャーの方が何かと便利だということもあるでしょう。

 

時期には個人差はありますが、赤ちゃんが卒乳すると自然と母乳が出なくなり、バストのサイズも安定してきます。
本格的にワイヤー入りのブラジャーに切り替えるのはこの頃まで待つのがおすすめです。

 

産後ママのバストケアと注意点

産後ママのバストケアにはマッサージがおすすめです。
身体を洗う際に胸を上に引き上げる様に撫でたり、中央に寄せるといった簡単な動作でOK。
入浴中などでも手軽にできるので、日課にもしやすいです。

 

産後のバストケアをするならば、注意しておくべき点があります。

 

【注意点①授乳中は締め付けすぎるブラジャーを避ける】
ついつい補正効果が強いブラジャーをつけたくなりますが、授乳中や卒乳して間もない時期に締め付けすぎるブラジャーを使うと、乳腺を痛めてしまう可能性があります。
できるだけ、授乳中には授乳用ブラジャーを選ぶのがおすすめです。
体に合わないブラジャーは、母乳の出が悪くなったり、乳腺炎を引き起こす事にもつながりかねません。

 

【注意点②カップ付き下着だけで過ごさない】
締め付けすぎは禁物ですが、逆に緩すぎるのも良くありません。
カップ付きのキャミソールなどは締め付けも無くとても楽なのですが、ホールド感が弱い為にバストを遊ばせてしまい、形が崩れる原因となってしまいます。

 

【注意点③ノーブラで過ごさない】
妊娠中には、ブラジャーの締め付けが苦しくてノーブラで過ごしていたプレママもいるかもしれません。
産後、特にまだ赤ちゃんが小さな時期は家の中で過ごす時間がとても多くなります。
かといって、ノーブラで過ごすのは産後のバストには危険です。
産後のバストは皮膚にハリがなくなる事から垂れやすくなっています。
ノーブラで過ごしていると、自力ではバストを支えられない為に重力任せになり、垂れてしまう恐れがあります。

 

【注意点④食事のバランス】
バストケアには女性ホルモンの分泌が必要です。
卒乳してようやく食べ物やお酒を自由にとれる様になっても、偏った食事はバストケアのためにも良くありません。
イソフラボンやタンパク質を意識してバランスの良い食事をしましょう。

 

産後ママにおすすめなブラジャー

では、実際に産後はどんなブラジャーを選ぶのが良いのでしょうか。
産後ママにおすすめなのは、以下のようなポイントを押さえたブラジャーです。
産後バストケアをしつつ、悪化しない為の対策がとれるブラジャーを選んでいきましょう。

 

ソフトワイヤー入り
ホールド感が強い
着け心地の良さ
装着がラクにできる
補正機能付き

 

デザイン性よりも機能性を重視することが産後ママのブラジャー選びの大きなポイントです。
妊娠中から授乳が終わるまでの間、ワイヤーなしのブラジャーを着けていた事もあり、いきな硬いりワイヤー入りのものは痛みが出る事もあります。
まずはソフトワイヤーのブラジャーからスタートすると安心ですね。
ブラジャーによっては、部分的にワイヤーが入っているものもある為、垂れが気になる場合はワイヤーの位置にもこだわってみて下さい。

 

そして何より、着け心地が良い事が一番。
できれば試着して購入して下さい。バストケアの為には、自分の胸にフィットしているかどうかがとても大切です。
バストを妊娠前のブラジャーに合わせていくのではなく、ブラジャーを合わせて今あるバストをケアするという視点んで選んでください。

 

まとめ

産後は慣れない育児やホルモンバランスの変化もあり、精神的に落ち込む事もあります。
ママとしての自信が不安定な上に、バストの大きさに変化がある事で女性としての自信も失いかけてしまうかもしれません。
そんな産後だからこそ、少しずつ自信と本来のバストを取り戻す為に、ブラジャー選びをしっかりと行って、バストケアをして下さいね。

 

ブラジャーは日々頑張るママを気持ちの上でも支えてくれるアイテムです。
ブラジャー選びをしっかりしておけば、着けるだけでバストケアができますよ。
可愛い我が子と共に、しぼんでしまったバストも大事に育てていきましょう。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php