https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

ママ友とのおもてなしランチの注意点

ママ友とのおもてなしランチの注意点

ママ友とランチ会!おもてなしの準備は?

仲良くなったママ友をおうちに招待することになったとき、どんな点に注意して準備をすれば良いでしょうか?

 

せっかく招待するのであれば「楽しかった」「居心地が良かった」と言ってもらいものですね。
ママ友とのランチ会は、子連れでの参加となるため、独身時代のお友達を自宅に招くのとでは、少し気遣いをするポイントが変わってきます。

 

そこで今回は、ランチ会でもっと仲良くなれる様に、おもてなしで注意したいポイントをご紹介します。

 

①お菓子や飲み物に配慮する

ランチの後のデザートタイムは、ママ同士のおしゃべりが盛り上がる時間ですよね。

 

そんな時のお菓子や飲み物は、子連れママの目線で選ぶようにするのがおすすめです。
ポイントは以下の通りです。

 

授乳中のママがいるときはカフェインレスの飲み物を用意する
持ち帰れるように小分けになっているお菓子を用意する
塩分や糖分が控えめなお菓子や素材にこだわったスイーツを選ぶ
子どもでも食べられるお菓子を用意する

 

授乳中のママがいる場合は、カフェインレスの飲み物を用意してあげるといいでしょう。
また、健康面に気を付けているママがいる場合は、塩分や糖分が控えめなヘルシーなお菓子を用意しておくのもいいです。

 

ドライフルーツや豆乳クッキー、野菜チップスなど、体に配慮したこだわりのスイーツがあると喜ばれると思います。
もし、お菓子を食べられる月齢の子どもがいた場合は、ベビー用のおやつも一緒に出してあげるといいですね。

 

必ずしも、このようなお菓子や飲み物ばかりを用意しなければならないわけではありませんが、そういった気配りができると、「気が利く人だな」とおもてなしの評価もグッと上がると思います。

 

②水回りと玄関はキレイにしておく

キッチンや洗面所、トイレなど、水回りは特にキレイにしておくと好印象です。

 

子連れランチの場合、子どものトイレやおむつ替え後など、お客様が手を洗う機会も多いもの。
トイレや洗面所が雑然としていたり、水垢が付いていたりすると、普段から手抜き掃除をしているんだな…と思われてしまいます。

 

また、小さな赤ちゃんがいる場合は、このようなお部屋の汚れは特に気になるものです。

 

そして、意外と忘れがちな「玄関」も重要ポイント。
玄関は、言わばその家の「顔」でもあり、第一印象を与える場でもあります。

 

家族の靴が雑然と並べられている玄関ではなく、整理整頓されていた方が気持ちがいいですよね。
また、子連れの場合、靴の脱ぎ履きに時間をとられることがあるため、なるべく整理をし、スペースを広く作ってあげるといいと思います。

 

③おむつ替えやお昼寝スペースの確保

赤ちゃん連れのママがいる時は、おむつ替えが手軽にできるスペースを確保しておきましょう。
あらかじめ「ここで替えてね」と伝えておくと安心です。
マットレスや大きめのバスタオルなどのうえに、防水シートを敷いておいてあげると親切でしょう。

 

また、お昼寝できるスペースも同じように準備しておくと、赤ちゃんが寝てしまった場合も安心です。
ベビー用の布団やマットレスがない場合は、布団を敷き、その上にバスタオルなどを敷いてあげると良いでしょう。

 

④子ども用のランチも準備する

月齢にもよりますが、ある程度食事ができるような子がいるのであれば、事前にママと打ち合わせをし、子ども用の食事も用意してあげるといいでしょう。

 

そんなにたくさん食べられない月齢の子でも、ママとシェアすれば食べられることもあります。
シェアしやすい・小さな子でも食べやすいような内容のランチにするなど、配慮してあげるといいですね。

 

ただし、食物アレルギーがある子もいるため、食べられるメニューについては事前にママに聞いておきましょう。

 

⑤部屋の環境を見直す

普段とは違う雰囲気のお部屋に興味津々な赤ちゃんもいます。
気になるおもちゃがあったら、転がったりはいはいしたりして、近づいて行ってしまうかもしれません。

 

赤ちゃんが誤飲してしまうなど、危険なものが落ちていないか今一度見直すようにしましょう。

 

また、階段や扇風機・ストーブなど、赤ちゃんが近づいてケガをしてしまう恐れのあるものには、ベビーゲートを設置するなど工夫しましょう。
ママ友とおしゃべりが盛り上がっていても、赤ちゃんたちの動きには常に注意を払うことを忘れないでくださいね。

 

⑥おもちゃは手の取りやすい場所に置く

自分で自由に動き回れる子がいる場合は、ママたちがおしゃべりに夢中になっている間、子ども同士で楽しく遊びたいと思います。
そのため、子どもたちが自分で手に取りやすい場所におもちゃを置いておくと良いでしょう。

 

ママたちの目の届く場所で遊んでもらうためにも、リビングにおもちゃ箱を用意しておくと安心です。
また、なんでも口に入れてしまう赤ちゃんがいる時は、誤飲の危険のあるおもちゃは予め隠しておくようにし、おもちゃ自体も清潔にしておきましょう。

 

まとめ

子どもができると、ママ友の存在はとても大きくなります。

 

子育ての情報交換や愚痴、相談など、同じ目線で話せる仲間として非常に心強い存在となるでしょう。
そんなママ友と、良い関係を築くためにも、自宅に招いてランチ会やお茶会をする際は、気持ちよく・楽しく過ごしてもらいたいものですね。

 

今回ご紹介したような注意点を参考に、相手のことを考えながら、最高のおもてなしができるよう準備しましょう。

 

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php