https://babys-care.net/life/

抱っこ紐の防寒アイテムを押さえよう

寒い時期に必須!抱っこ紐の防寒

お出かけに便利な抱っこ紐は、重宝しているというママも多いですよね。

しかし、寒い季節に抱っこ紐を使用するとなると、気になるのが防寒対策です。

 

赤ちゃんにアウターを着せた状態で抱っこ紐を使用すると、抱っこ紐の中が窮屈になって苦しくなったり、赤ちゃんが暑くなりすぎてしまうことも。

また、お店などの室内では、抱っこ紐の中の赤ちゃんのアウターを脱がせるもの大変です。

その他、抱っこ紐から出ている足は、寒く感じるかもしれませんね。

 

抱っこ紐を使用する時の防寒対策は、どうするのがベストなのでしょうか。

 

抱っこ紐使用時は専用の「防寒ケープ」

抱っこ紐でのお出かけが多いというママにまずおすすめなのが、抱っこ紐に取り付けて使う防寒ケープです。

クリップが付いていて、抱っこ紐に挟んで使うことで、赤ちゃんの側面を抱っこ紐ごと覆ってくれるもの。

 

抱っこ紐の防寒ケープはお店に並んでいるものだけでも種類が多くありますが、ママが使いやすいものを選ぶために、ポイントを押さえておきましょう。

 

【素材で選ぶ】

軽くて暖かい中綿ダウン素材、赤ちゃんに触れる部分がボア素材のものは、冬場でもしっかり暖かいのが特徴です。

特に寒さが厳しい季節や、風や雪が厳しい地域では、暖かい素材かどうかを重視して選ぶのがいいですね。

逆に、そこまで寒さは気にならないという場合、赤ちゃんに触れる部分がフリース素材になっているものがおすすめ。

 

【持ち運びのしやすさで選ぶ】

防寒ケープは、外では活躍しても室内で使うには暑く感じることがあります。

どうしてもかさばりがちですが、使わない時にコンパクトにまとめられるかや、持ち運びの際の軽さなども重視してみるといいでしょう

 

【足部分の折り返しがあるものを選ぶ】

防寒ケープには、赤ちゃんの足部分に折り返しが付いているものがあります。

赤ちゃんの足をすっぽり包んでくれるので、より暖かく使用できます。

 

【フードのあるものを選ぶ】

フード付きの防寒ケープなら、赤ちゃんに被せてあげることで、頭も寒さから守ってあげられます。

 

【防水性で選ぶ】

冬場は雪に濡れることも。

赤ちゃんに触れる側のボアやフリース素材とは反対の部分が防水加工になっていれば、汚れにくい状態で使えるのでおすすめです。

 

【ポケットの有無で選ぶ】

赤ちゃんの背中部分に、ママの手を入れられるポケット付きの防寒ケープもあります。

ママの寒さがしのげるという意味でもありがたい機能ですが、赤ちゃんの背中にママの手が添えられるので安心です。

 

【見た目で選ぶ】

防寒ケープには、使いやすいシンプルなデザインから、フードに耳が付いたかわいらしいものなど、デザインも様々。

すべてがボア素材でできているものは、防水性には欠けますが、ぬいぐるみのようにかわいらしいです。

ある程度は見た目も重視して、ママの好みのものを選びたいですね。

 

ママコートならママと一緒に防寒できる

抱っこ紐の防寒方法として、ママコートを活用するのもおすすめです。

ママコートは、ママのコートと抱っこ紐の防寒が一体化しているタイプのもの。

素材も防寒ケープより多くありますよ。

 

【産前から使えるタイプ】

お腹が大きくなった時から使えるコートで、産後に抱っこ紐を使用していても、コートのボタンを留めることで赤ちゃんごと防寒ができます。

おんぶに対応している商品もあります。

 

【ダッカー装着タイプ】

ママコートのチャックやボタンで閉める前部分に、「ダッカー」と呼ばれる赤ちゃんの抱っこ紐の防寒部分を装着するタイプ。

素材も様々で、

・ダウン素材

・キルティングコート

・トレンチコート

・モッズコート

などがあります。ママの好みや使用するシーンに合わせて選ぶこともできます。

 

ダッカーのみを取り外してクリップで抱っこ紐に止めることで、ママがコートを着ていなくても防寒ケープとしてのみ使うことも可能。

こちらも、おんぶ紐にも対応しているものもあるので、要チェックです。

 

防寒ケープの代用品を抱っこ紐に装着

防寒ケープの代わりに家にあるものを活用したり、代用品を用意する方法もありますよ。

 

【ブランケットで代用】

家庭にあるブランケットを、クリップで抱っこ紐に止める方法です。

肌寒いくらいの季節には防寒ケープだと暑く感じたり荷物がかさばることもありますよね。

そんな時もブランケットなら、薄手でコンパクトにまとまりますし、何よりわざわざ買わなくても使えるので経済的です。

 

【ダウンジャケットで代用】

ママのダウンジャケットの袖部分を抱っこ紐に結ぶことで、赤ちゃんの防寒ができることも。

赤ちゃんが暑くなったらママが着てもいいですし、軽くてかさばらないダウンジャケットもあるので、そちらを使うと持ち運びにも便利です。

赤ちゃんが抱っこ紐を使わなくなった後もママが長く使えるため、この方法を使うママも多いようですよ。

 

なお、ダウンベストなら、ベストの腕を通す部分に抱っこ紐の肩ベルト部分を通せば簡単に装着できます。

ダウンジャケットを使うよりも使い勝手は良く、おすすめです。

 

まとめ

寒い時期のお出かけは、大人でも厳しいと感じる日もありますよね。

快適にすごせるような工夫は必要ですが、防寒アイテムを上手に取り入れ、冬場のお出かけも楽しんでいきましょう。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php