https://babys-care.net/life/

赤ちゃんのお散歩はいつから?

赤ちゃんのお散歩はいつからOK?

お散歩は、ママも赤ちゃんも気分転換になったり、成長や発達に影響を与えたり、免疫を高めたり、自律神経を整えてくれたりします。

いいことづくめの赤ちゃんのお散歩は、生後3ヶ月〜5ヶ月くらいから始めるのがおすすめです。生後3ヶ月〜5ヶ月は、首が座り始めるので抱っこも安心でき、お散歩もしやすくなっていきます。

 

生後3ヶ月頃になると、ママも体力が回復してきてダイエットに燃える頃でもあります。お散歩はママの体力作りやダイエットにも適した時期。赤ちゃんにもママにもプラスなお散歩はぜひ生活に取り入れたい運動ですよね。

ただし、赤ちゃんもママもお互いに無理をしないのが鉄則。短い時間から外に慣れ、少しずつ時間も距離も伸ばしていきましょう。

今回はそんな赤ちゃんとのお散歩について、時間や注意点などをご紹介します。



赤ちゃんにおすすめのお散歩時間

お散歩自体も生後3ヶ月〜5ヶ月の赤ちゃんはまずは15分くらいの時間で、ご近所を抱っこで歩くだけから始めましょう。慣れてきたらだんだん伸ばしていき、1時間もお散歩できればよい運動になりますよ。

近くに素敵なお散歩コースを見つけられれば、ママの良い気分転換になるでしょう。

 

【月齢別】お散歩の楽しみ方

 

お散歩を始めるベストな時期と注意点

赤ちゃんのお散歩を楽しむには、季節ごとにおすすめの時間帯があります。

いくら気分もよくなり体にもいいことがあると言っても、冬の寒すぎる時や夏の暑すぎる日のお散歩は逆に体に負担をかけてしまいますよね。

季節によって過ごしやすい時間帯を選ぶことで、気持ちよくリフレッシュでき、季節感を感じるお散歩ができます。

以下を参考にしながら、無理のないお散歩を楽しみましょう。

 

【春夏はお散歩始めに最適】

冬生まれと夏生まれの赤ちゃんは、生後3ヶ月でちょうど春と秋に差し掛かります。春と秋は気温も穏やかで日差しもそれほど強くなく、抱っこでもベビーカーでもお散歩に最適な季節です。

特に9時〜15時くらいまでの、日中の幅広い時間帯がお散歩にちょうどいい時間帯。生まれ月の3ヶ月〜5ヶ月後が春や秋にかかる赤ちゃんは、お散歩スタートにぴったりです。

 

ただし春秋のお散歩は、少し肌寒い時があるので注意してください。

少し大判のタオルやストールがあると、急な気温変化や天候変化も安心。

冷たい風や日差しから赤ちゃんを守ってくれますよ。ストールならママがおしゃれに巻いておけば荷物にもなりませんね。

 

 

【夏は涼しい時間にお散歩しよう】

夏の日中の外はお散歩には暑過ぎますよね。

春生まれの赤ちゃんのお散歩始めは少々ハードかもしれません。

夏の日差しは強すぎるので、環境に慣れる力がまだ弱い赤ちゃんには特に過酷になってしまいます。

ですから、夏のお散歩は、朝方か夕方の時間帯を選ぶのがおすすめ

清少納言も言っているように、夏の良さは夕暮れにあります。昼と夜の間、少しひんやりとした夜の匂いがしてくる頃のお散歩は、赤ちゃんにも気持ちのいいお散歩になるでしょう。

 

日差しの強い日は日除けのあるベビーカーでの移動やUVカット素材のブランケットなどで赤ちゃんを紫外線から守ってあげましょう。抱っこ紐なら日傘でママも紫外線対策ができまておすすめです。

ただし、抱っこ紐の場合はママと赤ちゃんとの密着度が高く、熱がこもりやすいのでジェル状の柔らかい保冷剤や小型の扇風機などを活用し、暑さ対策もしっかり行いましょう。

 

また、夏の夕方は虫刺されが心配…。

ベビーカーの屋根や抱っこ紐に虫除けリングを用意しておけば安心ですよ。

でも何よりも赤ちゃんから使えるイカリジンという成分が入っている虫除けスプレーが効果的です。

一度使用してみて肌荒れがないか確認してみると良いでしょう。

 

【冬は1番気温が高い時にお散歩しよう】

冬のお散歩は地域によっては危険が伴いますよね。

雪の中でベビーカーが滑っても危険ですし、抱っこ紐ではママごと危険が及びます。

そんなときは無理せずベランダで外気浴でもOKです。

 

冬でもお天気が良く外出しやすい日であれば、1日のうちで最も気温が高くなる11~14時頃までにお散歩するのがおすすめです。

お外に出るときは、ママも赤ちゃんもそれぞれ羽織をしっかり着込んででかけましょう。

 

お散歩コースは徐々に時間と距離を伸ばす

お散歩に慣れてきたらだんだんと遠くまで行動範囲を広げていくと、見える世界が新しく新鮮になるのでママも赤ちゃんも楽しめます。

公園があれば少し休憩してみたり、お買い物を挟んでもいいかもしれません。でもそれは、お散歩や外の世界にママも赤ちゃんも慣れてからです。


まずはすぐ自宅に戻れる範囲、回遊して自宅がゴールになるようなコースから始めてくださいね!徐々に様子を見ながら、時間を伸ばしたり行き先を遠くにしてみたりしてみてください。

 

まとめ

お散歩は赤ちゃんの成長にも役立ちますが、生後3ヶ月まではお家の中でのんびり過ごし、生後3ヶ月を過ぎて赤ちゃんがしっかりしてきたら、少しずつお散歩を始めてみましょう。

ママのリフレッシュにダイエットにも最適です。

ただし、無理は禁物です。お散歩に行かなければ…とストレスになっては逆効果。

その日の気温や天気、ママと赤ちゃんの体調面を考慮し、無理のないお散歩を楽しんでくださいね。

この記事を書いたライター

小西ちさと
小西ちさと

2歳、小5、小6の三児の母で、正しい体の使い方のインストラクターをしています。 小さな命と向き合うママは不安や心配がたくさんですよね。少しでもママの不安や疲れに寄り添い、解消できるような記事を目指しています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php