https://babys-care.net/life/

赤ちゃんと春のお散歩を楽しむポイント

赤ちゃんと春のお散歩へ行こう

寒い冬が終わり、だんだんと気候が良くなり、暖かくなる春。

桜をはじめとした、たくさんの花が咲き、なんだか心もウキウキする季節ですよね。

 

冬の間はお家の中メインで過ごしていたママと赤ちゃんも、そんな春はお散歩をして楽しんでみませんか。

まだ歩けない赤ちゃんも、ベビーカーや抱っこひもで、ママやパパと一緒に楽しむことができますよ。

今回は赤ちゃんと春のお散歩を楽しむためのポイントや注意点をいくつかご紹介します。

 

赤ちゃんとの春のお散歩を楽しむポイント

赤ちゃんとの春のお散歩を楽しむために、次のポイントを押さえましょう。

 

【ポイント①春のお散歩に適した服装で出かけよう】

春はぽかぽか暖かい季節ではありますが、三寒四温で急に冬のような気候に戻り、肌寒くなる日もあります。

お散歩を検討している日は、必ず天気予報をチェックしましょう。

 

その上で暖かい日に出かけるのはもちろんですが、服装は春のお散歩に適したもので出かけるようにしてください。

日中であれば肌着カバーオール、または肌着長袖長ズボンで大丈夫ですが、寒くなった時のためにブランケットや、アウターやカーディガンなどの羽織ものを持っていくといいでしょう。

少し気温が低いのが心配だけれど、お散歩をしたいなという日はママも赤ちゃんもアウターを忘れずに出かけましょう。

 

【ポイント②春のお散歩は時間帯を意識】

天気予報で暖かく晴れると予想された日でも、やはり朝晩は冷えることがあります。

春のお散歩は、9時~15時くらいがおすすめです。

しかし、紫外線が強い季節でもあるので、日差しの強い午後よりも午前中に出かけるといいかもしれません。

また、帽子をかぶる、ベビーカーのシェードを利用するなど、紫外線対策も行いましょう。

 

【ポイント③春のお散歩ならではの遊びを楽しもう】

春のお散歩では、お家の中では経験できない遊びが経験できます。

 

《草花を様々な感覚で楽しむ》

春は多くの草花が青々しく、きれいに咲く時期です。

赤ちゃんと一緒に近づいて観察し、触れられるものであれば触ってみたり、香りをかいでみたり…

また、そよそよと風に葉が揺れる音を聞くなど、いろんな感覚を使って親子で楽しんでみましょう。

 

《春の歌を楽しむ》

お散歩をしながら、春らしい歌を歌うのもいいでしょう。

童謡には春の風景とマッチした歌も多いですよね。

「チューリップ」「ぶんぶんぶん」「ちょうちょ」など。

言葉の習得にもつながるでしょうし、ぽかぽか陽気の中聞くママの歌は、赤ちゃんにとっても気持ちがいいものでしょうね。

 

《外でピクニックも》

暖かな日には、お散歩へ行ったついでに、公園などでピクニックをするのもいいでしょう。

気候も良く、ピクニックに適した季節です。

ちょっとしたお花見気分で、お弁当やおやつを持って行ったり、お茶を飲むだけでも、いつもとは違う経験ができます。

お外で絵本を読んであげるなど、お家の中でできる遊びでも、お外だと新鮮な気持ちで楽しめるかもしれませんよ。

 

赤ちゃんとの春のお散歩時の注意点

赤ちゃんと春のお散歩に出かける際には、注意点もあります。

 

【紫外線対策をしよう】

先述したように春の昼間の時間帯は、特に紫外線が強いので注意が必要です。

直射日光が当たらないよう、ベビーカーでのお散歩の場合はシェードなどを被せ、抱っこひもでお出かけの時は日傘などを使用するといいですね。

赤ちゃんが嫌がらなければ、帽子も被せてあげるといいでしょう。

 

もちろん、ママは日焼け止めでも対策をしておきましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めグッズもあるので、気になる場合は対策しましょう。

 

赤ちゃん用日焼け止めの選び方

 

【水分補給を忘れずに】

お散歩に行くと、普段よりも多く汗をかくこともあります。

日陰や涼しいところで、麦茶などで水分補給を行いましょう。

まだ水分補給はミルクや母乳だけという赤ちゃんは、授乳の時間帯は避けてお散歩へ出かけましょう。

 

【雨風対策をしておこう】

暖かく気候の良い日も多くなりますが、それでも春一番が吹いて寒い日や、春時雨や菜種梅雨など雨が降ることも多い春。

急な天候変化に備え、防寒対策としてブランケットや羽織ものを持って行ったり、雨に濡れたときのための着替えは持ち歩いておきましょう。

 

【誤飲・かぶれに注意】

五感で春を楽しむのもいいですが、興味津々に何にでも触れたり、口に入れる赤ちゃんも多いです。

誤飲に注意するのはもちろん、草花の中には触ると肌がかぶれてしまうものもあります。

赤ちゃんからは決して目を離さず、春のお散歩を楽しみましょう。

 

まとめ

春のお散歩では植物や生き物の様子などがたくさん見られます。

また、春のぽかぽか陽気、あたたかな風に触れることで、家にはできない経験もたくさん。

ベビーカーや抱っこひもで、うとうとする赤ちゃんもいると思いますが、そんな眠くなるような陽気を楽しむのも経験です。

ママもきれいな花を見たりすることで、気持ちもリフレッシュでき、育児中のストレスもあれば少し軽減されるかもしれません。

赤ちゃんと一緒に、春のお散歩を楽しんでみてくださいね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php