https://babys-care.net/life/

子どもとの公園遊びでのママの服装は?



ママの公園コーディネートは?

子どもと公園へ遊びに行く時、ママはどのような服装や髪型をしていきますか?

まだ赤ちゃんのうちはそこまで激しいスポーツもしないため、そこまで気にしなくてもいいのでは?と考えているママも多いと思います。

しかし、子どもはもちろんのことママもTPOに合った服装や髪型をすることで、公園遊びを思い切り楽しむことができますよ。

 

今回は、公園に行く際のママの服装や髪型のポイントについてご紹介します。

公園コーディネートに迷っている方は参考にしてみてください。

 

ママの公園での服装のポイント

【ポイント①動きやすさ】

なんと言っても最大のポイントは動きやすさです。

赤ちゃんとアクティブな遊びはしないかもしれませんが、赤ちゃんとの公園遊びはママの出番が盛りだくさん。

滑り台やブランコなど、赤ちゃん一人では遊べない遊具に一緒に乗ってあげる機会もありますよね。

そんな時に動きにくい服装だと、思い切り遊べないうえに危険が伴うことも。

 

公園に行く時は、基本はパンツスタイルで、靴はスニーカーなど歩きやすく滑りにくいものを選ぶようにしましょう。

 

【ポイント②汚れても良い服】

赤ちゃんと公園へ行く時は、汚れても良い服を選ぶようにしましょう。

公園では、ママの服も汚れてしまう可能性が高いです。

砂場遊びはもちろん、座ったベンチが汚れていたり、遊具の錆が服についてしまうことも。

 

しかし、服が汚れてしまうことを気にしていると、せっかくの赤ちゃんとの公園時間を心から楽しむことができません。

汚れても良い服が家にない場合は、リーズナブルなものを公園用と割り切って購入しても良いですね。

 

【ポイント③洗濯しやすい服】

上述したように、赤ちゃんと公園へ行くとママの服が汚れてしまうこともしばしばあります。

汚れた服を洗濯する際、繊細な素材のものだと家庭では洗うことができず、不便です。

新たに公園用の服を購入する場合は、洗濯表示をしっかりと見て選ぶようにすると良いですよ。

できれば洗濯機で洗うことのできるものだと、ママの負担も軽減できます。

 

【ポイント④紫外線・熱中症対策も忘れずに】

赤ちゃんの紫外線や熱中症の対策はしていても、自分のこととなるとおろそかになってしまうママも多いようです。

しかしママ自身の健康を守るためにも、できる限りしっかりとした対策をすることが大切です。

特に帽子は、紫外線や熱中症の対策としてはとても有効です。

帽子をかぶることを嫌がる赤ちゃんに対しても、「ママもかぶっているよ」とお手本を見せると一緒にかぶってくれるかもしれませんよ。

 

ママの公園での髪型のポイント

髪の長いママは、公園遊びの際はまとめたり結ぶようにすることをおすすめします。

長い髪は、うつむいたり前かがみになった際や、風の強い日などは特に邪魔になってしまいます。

特に赤ちゃんが小さい間は、前かがみになることが多いので顔周りの毛はすっきりとさせておくと鬱陶しさもなくなりますよ。

 

【季節別】ママの公園コーディネート例

【「春」「秋」の公園コーディネート】

春や秋は、1日の中でも日中と朝晩との気温差が大きくなる時期です。

赤ちゃんはもちろんですが、ママも風邪をひかないように公園へ行く時間によっては、アウターなどで調節するようにしましょう。

 

<春のコーディネート例>

・ロングTシャツ、トレーナーなど

・Gパン

・スニーカー

・帽子(キャップやつばの広いもの)

 

上記にプラスして、朝晩はパーカーやウインドブレーカーなどをプラスするようにすると良いですね。

 

【「夏」の公園コーディネート】

夏場は、熱中症を避けるためにも日中の気温が非常に高い時間は、公園遊びを避けるようにしましょう。

できれば午前のなるべく早い時間か、日が沈みかけた夕方ぐらいがベスト。

それでも熱中症の危険性はあるので、しっかりと対策をして遊びに行きましょうね。

 

<夏のコーディネート例>

・Tシャツ

・アンクル丈のパンツ

・スニーカー

・帽子(キャップやつばの広いもの)

 

日焼けが気になるママは日焼け止めクリームにプラスして、アームカバーやUVカット効果のあるパーカーやカーディガンを着用しても良いですね。

夕方になると、蚊などの虫も出てくるので虫対策も忘れないようにしましょう。

 

【「冬」の公園コーディネート】

赤ちゃんや小さな子どもは意外と寒さに強いものですが、自分は寒がりだというママもいるのではないでしょうか。

しっかりと寒さ対策をして公園遊びを楽しんでくださいね。

 

<冬のコーディネート例>

・ニットやトレーナー

・Gパンや暖かい素材のパンツ

・スニーカー

・ニット帽

・ネックウォーマーやスヌード

・手袋

 

寒いと防寒小物を取り入れることが増えると思いますが、注意したいのはマフラー。

風が強い日はほどけてしまったり、遊具に絡まったりすると危険です。

ほどける心配のないネックウォーマーやスヌードにすると安心ですよ。

 

まとめ

公園だとしてもいつものおしゃれをしたい!と思うママもいると思いますが、思いっきり遊べなければ元も子ありませんよね。

きれいめやフェミニンなコーディネートは他のお出かけ時に楽しんで、公園遊びの際はカジュアルなコーディネートという風に使い分けるとおしゃれの幅も広がりますよ。

公園へ行った際、他のママの服装を参考にしてみても良いですね。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php