https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんのお世話

赤ちゃんのお世話とは

赤ちゃんが生まれると、ママは赤ちゃんに授乳をしたり、寝かしつけたり、着替えをさせたり…1日中家事や育児でやることが山積みです。赤ちゃんのためにやってあげること、やらなければならないことの全てが赤ちゃんのお世話だと言えるでしょう。

 

お風呂や授乳、おむつ替えなどはもちろん、着替えの洗濯やケガ防止のための対策、機嫌の悪い赤ちゃんを抱っこしてあやすことや赤ちゃん用品の買い出しまで、赤ちゃんのお世話は実に多岐に渡ります。

 

特に新生児の頃は、赤ちゃんがお腹の中にいた時には考えられないほどの「やるべきこと」の多さに、寝る時間はおろか、ゆっくり座って食事をする時間もないと感じるかもしれません。そんな赤ちゃんのお世話では、完璧を求めないことや無理をし過ぎないこと、誰かの手を借りることも大切です。

 

ときには、赤ちゃんが元気に生きていてくれれば十分という気持ちで、お世話をする際に肩の力が入り過ぎていないか立ち止まってみましょう。ママに余裕があると、赤ちゃんと笑顔で過ごせる時間が増えたり、ケガや病気などの危険にもいち早く気づくことができ、赤ちゃんのためにもなります。

赤ちゃんのお世話を楽にする工夫

日々赤ちゃんのお世話に追われている中では、なかなかいつものやり方を変えづらい面もありますが、専門家に相談したり、先輩ママが実践している工夫も取り入れてみましょう。

 

少し工夫してみると、家事や育児がスムーズになることもあります。困っていることが劇的に改善することがあるかもしれません。

 

【専門家に相談】

授乳やお風呂がスムーズにいかなかったり、赤ちゃんの肌や歯のケアで心配なことがあれば、健診や自治体の育児相談などの機会を通じて医師や保健師などの専門家に相談してみましょう。電話相談をできる窓口もあります。

 

【赤ちゃんのお世話はみんなで】

赤ちゃんのお世話は、ママ1人で担当するのではなく、パパと一緒にすることも大切です。おばあちゃんやおじいちゃんなど、手伝ってもらえる人が近くにいる場合は、手を借りるのもおすすめです。

 

赤ちゃんのお世話を助けるグッズ

赤ちゃんのお世話を楽にしてくれる便利なグッズがあれば、積極的に取り入れていきましょう。

 

例えば、授乳グッズや離乳食作りをサポートしてくれる道具を使うことで、時短になり赤ちゃんのお世話に少し余裕ができるかもしれません。バウンサーやベビーサークルがあれば赤ちゃんがご機嫌に過ごしてくれる時間が増えるかもしれません。

 

中には使う期間が短かかったり、高価だったりして購入をためらってしまう場合もあります。そんな時はレンタルサービスなどを利用してみましょう。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php