https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

ベビー用レッグウォーマーの4つのメリット

ベビー用レッグウォーマーの4つのメリット

ベビー用レッグウォーマーは必要?

赤ちゃんの防寒具として欠かせないベビー用レッグウォーマー。
大人だとあまり着用の機会がないため、「本当に必要なのかな?」「靴下を履かせてしまえばいいのでは?」と思ってしまいますよね。

 

しかし、大人と違って体温調節が苦手な赤ちゃんの場合、レッグウォーマーがあるととても便利なんですよ!
そこで今回は、ベビー用レッグウォーマーのメリットと選び方について詳しくご紹介します。

ベビー用レッグウォーマーのメリット

レッグウォーマーとは、靴下とは違い、足先が覆われていないもので、主に膝下から足首を覆うように着用するものです。
素材によっては、年間通して着用することができます。
では、赤ちゃんにレッグウォーマーを履かせるメリットはどのようなものがあるでしょうか?

 

【①体温調節をしやすくする】
赤ちゃんは、体温調節機能が未熟なため、寒暖差にとても弱く、寒い冬だからといって厚着をさせてしまいすぎると、体内の熱を発散することができず、知らぬ間に汗をかいて脱水症などを起こしてしまうことがあります。

 

特に暖房が効いている室内では、熱がこもりやすいので注意が必要です。そんな時に活躍してくれるのがこの「レッグウォーマー」。
赤ちゃんは、手のひらや足の裏で熱を放出し、体温調節をしているため、靴下のように足先まで覆ってしまうと、上手に熱を発散させることができません

 

レッグウォーマーであれば、防寒機能はもちろんのこと、体温調節機能を妨げることがないので、赤ちゃんに最適のアイテムなのです!
寒い冬はもちろんですが、冷房の効いた夏場でもレッグウォーマーを履かせるだけで簡単に温度調節ができますね。

 

【②虫よけ対策】
気候が良い時期の外出は虫刺されに要注意!
赤ちゃんは肌が敏感なので、ちょっとした虫刺されも悪化する可能性があります

 

レッグウォーマーを履かせておけば、露出しすぎることがないため、虫に刺される心配が軽減されるでしょう。

 

【③日焼け防止】
夏場のお散歩は紫外線が強く日焼けが心配ですよね。
とはいえ、肌が敏感な赤ちゃんに日焼け止めクリームを塗るのも抵抗があるというママもいるでしょう。

 

レッグウォーマーなら、UVカットが効いたものや涼しい素材でできたものもあるので、日焼け対策にもぴったりです。

 

【④はいはい時期の足の保護】
レッグウォーマーは赤ちゃんの足の保護にも最適です。
ずりばいやはいはいを始めると赤ちゃんの膝が床と擦れて赤くなったりすることがあります。

 

レッグウォーマーなら膝を保護してくれるので、転んだときなどのサポーターとしての役割も担ってくれますし、床との摩擦からも守ってくれますよ。

いつから履かせていいの?

ベビー用レッグウォーマーは、新生児から履かせることができます
新生児用のサイズのレッグウォーマーも販売されていますよ。

 

新生児の時は使わなくても、本格的に外出がスタートした時期やはいはいを始めた時期など、必要性に合わせて履かせても良いでしょう

ベビー用レッグウォーマーの選び方

ベビー用レッグウォーマーは商品が豊富です。
選ぶ時はどんなことに気を付ければ良いのかご紹介します。

 

【素材で選ぶ】
季節や赤ちゃんの体質、使う目的によって選ぶ素材が変わってきます。

 

夏は、涼しいガーゼ生地、薄い綿素材なら汗をよく吸収してくれます。
日焼け対策なら紫外線を防止してくれる効果があるものが良いです。

 

冬は、あたたかい毛糸でできたものを選びましょう

 

赤ちゃんの肌が弱く、アトピーがあったりかぶれやすいならオーガニックコットンでできたものや、綿100パーセントのものを選ぶのがおすすめです。
特に新生児は肌が敏感なので、肌に優しいものを選びましょう。

 

【大きさで選ぶ】
赤ちゃんの太ももに合った、大きさを選ぶことがとても重要です。

 

大きすぎるとずれてしまって意味がないですが、逆にきつすぎると太ももを締め付けて血流を悪くしてしまったり、赤ちゃんが思うように動けなくなってしまいます。
赤ちゃんの太ももに合ったサイズを選ぶようにしましょう

 

【デザインで選ぶ】
普段着させるベビー服とコーディネートできるよう、ママが気に入った色柄のレッグウォーマーを選びましょう。毎日のお着替えが楽しくなりますね。

 

【価格で選ぶ】
靴下と同じように、汚れてもいいように何足かストックがあると便利です。
サイズアウトしてしまうことも考慮に入れて、負担のないよう、普段使いをする場合は手ごろな価格のものを選ぶといいでしょう

ベビー用レッグウォーマーの作り方

お店で気に入ったものがなかったり、安く済ませたいというママにおすすめなのが、ベビー用レッグウォーマーを手作りする方法です。
手作りなら赤ちゃんにぴったりなサイズのレッグウォーマーを作ることができます。

 

大人用のハイソックスを使って簡単に作ることができますよ

 

【作り方】
<用意する物>
・大人用のハイソックス
・はさみ
・糸と針

 

①大人用のハイソックスをくるぶしの辺りで切ります。
②切った部分を三つ折りにして縫ったら出来上がりです。
くるぶしの部分がだぼだぼしている場合はゴムを通しましょう。

まとめ

ベビー用レッグウォーマーは季節問わず使える優れものです。
コーディネートのワンポイントとしても使えるのでぜひ使ってみてください。

この記事を書いたライター

藤田 ゆか
藤田 ゆか

東海地方在住の主婦です。 以前は事務職をしていましたが、夫の転勤に伴い在宅ライターを始めました。 現在妊娠中で、記事を執筆することで自分の情報収集にもなっています。 記事を読むママさんにより近い目線で、役に立つ情報を届けていきたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php