https://babys-care.net/life/

赤ちゃんに部屋着は必要?何を着せる?



赤ちゃんの部屋着

私たち大人に部屋着やルームウェアがあるように、赤ちゃんもお出かけの服やパジャマ、そして部屋着を分けた方がいいのでは?と思うママは多いのではないでしょうか。

しかし、部屋着を選ぶにも、どのようなものを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、赤ちゃんの部屋着についてまとめました。部屋着選びの参考にしてみてください。

 

赤ちゃんにも部屋着を用意しよう

赤ちゃんは大人と異なり、ずっと横になっているイメージがあるため、部屋着とパジャマ、そして外出着は一緒でいいのでは?と思うママもいるかもしれません。

しかし、赤ちゃんにもぜひ部屋着を用意してあげてください。

 

部屋着とパジャマ、そして外出着はそれぞれの役割が異なります。

その場に合った服を着せてあげると、赤ちゃんも快適に過ごすことができますよ。

 

【部屋着とは】

そもそも「部屋着」とはどのような服のことを言うのか、特にパジャマとの違いが曖昧な人も多いようです。

部屋着とは、家の中でリラックスしたりくつろぐ際に着る服のこと。ルームウェアとも呼ばれています。

 

一方パジャマは、眠る際に着る服のことで、快適な睡眠を過ごすためのものです。

部屋着とパジャマは、分けないという人もいますが、寝具の清潔さや睡眠の質を考えると分けた方が好ましいと言われています。

 

【赤ちゃんに部屋着を着せるメリット】

赤ちゃんには、外出着は別で用意するというママは多いとは思いますが、パジャマと部屋着は一緒にしているママも多いと思います。

しかし、部屋着とパジャマを分けることで、

 

・赤ちゃんの生活リズムが整う

・清潔な服で眠ることができる

 

というメリットがあります。

 

赤ちゃんは、ママのお腹の中では眠ったり起きたりの繰り返しでした。

そのため、生まれてきても初めは1日の大半を寝て過ごします。

しかし、成長と共にだんだんと体力がつき起きている時間が長くなってきます。

昼夜の区別がついてきたころ、朝赤ちゃんが目覚めたら顔を拭いてパジャマから部屋着に着替えさせてあげるという流れを作ってみましょう。赤ちゃん自身の生活リズムが自然と整ってきますよ。

 

また、離乳食が始まったり、赤ちゃんが動き出すと、おうちの中にいても部屋着も汚す機会がぐんと増えます。

汚れた部屋着のまま布団へ入るのではなく、お風呂に入った後は清潔なパジャマと体でベッドに入りましょう。

 

【赤ちゃんの部屋着はいつから着せる?】

先述した通り、生まれてすぐの赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごします。

そのため、新生児期~生後3ヶ月頃まではパジャマと部屋着は一緒でも問題ありません。

だんだんと起きている時間が長くなり、昼夜の区別がなんとなくついてきたなと感じたら、部屋着を用意してあげましょう。

 

赤ちゃんの部屋着選びのポイント

【ポイント①動きやすい服】

家の中は寝返りをしたり、ずりばいやはいはいをしたりと赤ちゃんがたくさん動きまわる場所です。

素材やサイズ感など、赤ちゃんにとって動きやすい服を選ぶようにしましょう。

来年も着せたいとワンサイズ大き目の服を選ぶママが多いですが、赤ちゃんが動き始めたらジャストサイズのものの方が動きやすいですよ。

 

【ポイント②汚れても良い服】

離乳食が始まると、赤ちゃんが口から出したり、食べ物がついた手で触ったりして服が汚れてしまうことがあります。

部屋着はお出かけ用の服とは分けて、汚れても良い服を選ぶようにするとママも広い心で見守ることができますよ。

 

【ポイント③着脱させやすい服】

赤ちゃんは服をすぐ汚してしまうのはもちろんのこと、汗っかきのため1日に何回も着替えをすることがあります。

着脱をさせやすい服を選ぶと、ママと赤ちゃんお互いに着替えの時間をストレスに感じずに済みますよ。

 

例えば赤ちゃんが活発に動き出したら、スナップボタンの多いカバーオールよりも上下別れたセパレートの服の方が、楽に着替えさられます。

赤ちゃんの成長に合わせて着替えやすいものを見つけてくださいね。

 

<季節別>赤ちゃんの部屋着の選び方

【春・秋の赤ちゃんの部屋着】

春や秋は、1日の中でも寒暖差が激しく風邪をひきやすい時期です。

基本的には肌着+通年素材の服を着せてあげるようにしましょう。

カーディガンやベストなどで重ね着をすれば、その時の気温によって調節がしやすいですよ。

 

【夏の赤ちゃんの部屋着】

夏は、おうちの中であれば肌着のみでOKです。

エアコンによる冷えが心配な場合は、レッグウォーマーなどで足が冷えないようにしてあげると良いでしょう。

 

【冬の赤ちゃんの部屋着】

冬は寒いだろうと裏起毛などの温かい素材の服を着せがちですが、室内で暖房が効いている場合は必要ありません。

特に直接肌に触れる肌着は、化繊などは避けて綿100%のものを着せるようにしましょう。

短肌着+長肌着(コンビ肌着)と、カバーオールやトレーナー、ロングTシャツとレギンスなどがおすすめです。

 

まとめ

部屋着とパジャマ・そして外出着を分けることは、赤ちゃんの生活リズムを整えられる他、服や寝具を清潔に保てます。

 

赤ちゃんにとって、1日の多くの時間を過ごす家の中。

少しでも快適に過ごすことができるように、着心地のよい部屋着を選んであげるようにしましょう。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php