https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

前向き抱っこ紐のメリット・デメリット

前向き抱っこ紐のメリット・デメリット

前向き抱っこ紐はいつから?

抱っこ紐の種類はたくさんあり、各家庭のライフスタイルによっても選び方が異なります。

 

なかでも、最近注目されているのが「前向き対応の抱っこ紐」。
ママと向かい合わせで抱っこするのではなく、赤ちゃんを外側に向かせた状態で抱っこできるものです。

 

前向き抱っこ紐は、一般的に首と腰がすわる生後7ヶ月以降からの使用が理想と言われています。
商品によっては「首がすわってから使用可能」というものもありますが、前向き抱っこは赤ちゃんの重心がお腹側にかかりやすいため、腰がすわってからの方が骨盤への負担がかかりにくくなるのです。
そのため、腰がすわってから使用するのが理想的という訳です。

 

また、赤ちゃんは、外側を向いて抱っこされることで視界が広がり、ごきげんになる子もいます。
今回は、そんな前向き抱っこ紐のメリット・デメリットについてご紹介します。

 

前向き抱っこ紐のメリット

前向き抱っこ紐を使用するメリットは、どんなものがあるでしょうか。

 

【①赤ちゃんの視界が広がる】
外向きに抱っこすると赤ちゃんの視界が広がります。
赤ちゃんは、生後7ヶ月ほどで視力1.0くらいに発達し、色々なものが良く見えるようになります。
ママと同じ目線で景色を楽しむことで、好奇心が芽生え、脳の活性化につながるでしょう。いつものお散歩がより楽しいものになりますね。

 

【②周囲の人とコミュニケーションがとりやすい】
赤ちゃんと一緒にお散歩をすると、近所の人などから、挨拶をされたり「かわいいね」と話しかけられたりすることもあるでしょう。
外側を向いて抱っこしていると、赤ちゃんも周囲の人とコミュニケーションをとりやすくなります。
家族以外の人とコミュニケーションをとることは、赤ちゃんにとって良い刺激になるでしょう。

 

前向き抱っこ紐のデメリット

続いて、前向き抱っこ紐を使う時のデメリットについてみていきましょう。

【①赤ちゃんに負担がかかる】
前向き抱っこは、赤ちゃんの体に負担がかかることがあります。
赤ちゃんの股関節の成長に最適なM字開脚(膝がおしりより高い位置にあってM字状に開脚している状態)ができなかったり、背骨が伸びきったままの姿勢は、赤ちゃんの体に負担がかかってしまうのです。

 

また、外側を向いている赤ちゃんは、頭を預けるところがないため、首が安定せず、寝にくくなってしまいます。
抱っこ紐を使用して、寝かしつけをするママも多いでしょうから、赤ちゃんが安心して休める姿勢を作るには難しいかもしれません。

 

【②赤ちゃんに刺激が強すぎる】
外の世界から赤ちゃんの脳は刺激を受けて成長しますが、あまりに多くの刺激を受けると、脳が情報を処理できずに疲れてしまい、夜泣きしてしまうこともあります。
赤ちゃんが前向き抱っこでぐずるようなら、刺激が強すぎるのかもしれません。
前向き抱っこの時間を短くしたり、向きを変えて対面抱っこにしたりして、赤ちゃんの様子を見ながら対応するようにしましょう。

 

【③ママの動きが制限される】
前向き抱っこしたママは、前を向いた赤ちゃんの頭を支えにくいため、しゃがんだり前かがみになったりするのにひと苦労します。
また、ママ自身の足元も見えにくく、つまずく危険性が高くなります。
前向き抱っこをしている時は、足元に注意を払って動かなければならないため、ママは不便に感じることもあるかもしれません。

 

前向き抱っこ紐を使用する際の注意点

前向き抱っこ紐を使う時は、下記の点に注意し、なるべく赤ちゃんに負担のないように使いましょう。

 

【①長時間使用は避ける】
抱っこ紐の使用は、2時間くらいを推奨しているものが多いです。前向き抱っこは、対面抱っこより赤ちゃんに負担がかかりやすいためです。
また、赤ちゃんの動きが活発になってくると、ママの方や腰への負担も増します。
そのため、前向き抱っこをする際は、なるべく短い時間で使用するようにしましょう。

 

【②ママは歩きやすい靴を履く】
前向き抱っこをしていると、ママは足元が見えにくいため、つまずきやすくなります。もし、ママが転んでしまったら、赤ちゃんは顔を地面にぶつけてしまうかもしれませんね。
そんな危険を避けるためにも、前向き抱っこ紐を使用する時は歩きやすい靴を履き、転ばないように気をつけましょう。

 

【③赤ちゃんが嫌がるようなら無理をしない】
ママが魅力的に感じても、前向き抱っこが嫌な赤ちゃんもいます。
ママと対面の方が安心するという子もいるからです。赤ちゃんの様子を見ながら、無理なく使用するようにしましょう。

 

【④赤ちゃんに股関節のトラブルがある場合は避ける】
もし、赤ちゃんの股関節に先天性の脱臼などの問題があれば、前向き抱っこは控えるようにしましょう。
前述したように、前向き抱っこの姿勢は、赤ちゃんの腰や股関節に負担がかかりやすいためです。元々、赤ちゃん自身に股関節のトラブルがある場合は、使用を避けるようにしましょう。

 

まとめ

対面抱っこに比べて、外の世界を見渡せる前向き抱っこは、赤ちゃんの視界が広がります。好奇心旺盛な赤ちゃんには楽しいお散歩になるかもしれませんね。
今回ご紹介した前向き抱っこ紐の注意点などを参考にしながら、赤ちゃんにもママにも負担にならない程度に使ってみましょう。

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php