https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

【秋生まれの赤ちゃん】1年間の服の着せ方

【秋生まれの赤ちゃん】1年間の服の着せ方

秋生まれ赤ちゃんの服の着せ方とは?

残暑が厳しかったり雨が多くて急に気温が下がったりする秋は、大人でもコーディネートに悩むことがありますよね。
まだ体温調節機能が十分でない赤ちゃんの服の着せ方はどうすれば良いのでしょうか。
「風邪をひかせたら大変!」と、赤ちゃんの服選びに悩むママもいるかもしれません。

 

今回は、秋生まれの赤ちゃんにどのような服を着せればよいのか、また、素材はどのようなものを選べばよいのか、新生児の秋から1歳のお誕生日の頃までご紹介します。
お住まいの地域によって、また、その年の気候によって多少の差があることがありますので、ひとつの目安にしてみてくださいね。

 

秋の服装(新生児期)

新生児期は、昼夜の区別がないので1日の時間ほとんど寝て過ごすことが多いです。お家で過ごすことが多いので、その点をふまえながら服選びをしましょう。

 

【何を着せる?】
お家で過ごすことの多いこの時期は、室温を20度以下にならないように保ちながら、過ごしやすい服装を選んであげましょう。
基本的には、肌着と2WAYオールの重ね着でちょうど良さそうです。

 

肌着は半袖が基本ですが、肌寒い日は長袖を着せても良いでしょう。
2WAYオールは、股の部分のホックの留め方によって裾をスカート状にすることができるので、サッとおむつ替えができます。赤ちゃんに寒い思いをさせずにすみますね。

 

【おすすめ素材は?】
初秋のころは、残暑厳しい時期ですから、吸汗率の良い綿100%素材のものがおすすめです。織り方や生地の厚さによっていろいろな種類がありますが、オールシーズン使える天竺、フライスが重ね着しやすく便利でしょう。

 

冬の服装(生後3~5ヶ月頃)

だんだんと昼間起きている時間が長くなってきます。個人差がありますが、体重が産まれた時のおよそ2倍になる赤ちゃんも。日中と朝晩の寒暖差が激しくなる時期ですから、重ね着させて体温調節をしやすくするようにしましょう。

 

【何を着せる?】
初めての冬は、おうちの中で過ごすことが多いかもしれませんので、肌着とカバーオールや2WAYオールが基本です。
薄手の中綿ベストやレッグウォーマーをプラスして体温調節をしてあげましょう。

 

お出かけには、着せやすく脱がせやすいポンチョタイプや首元から足先までファスナーでオープンできるタイプのジャンプスーツがおすすめです。
クマやうさぎの耳が付いた可愛いデザインも多いので思わず手に取ってしまうママも多いかもしれませんね。

 

【おすすめ素材は?】
保温性、伸縮性に優れたニットキルトなどが良いでしょう。
キルティング素材は赤ちゃんの冬服によく使われる素材ですが、厚手のものは動きにくく、洗濯の乾きも遅くなります。
なるべく薄手のものを重ね着させるようにしましょう。

 

春の服装(生後6~8ヶ月頃)

寝返りを打ったりひとりでお座りができるようになる赤ちゃんもいます。動きが活発になるので、赤ちゃんの動きを妨げないような服装を選びましょう。

 

【何を着せる?】
春は意外と昼夜の気温差が大きいものです。重ね着で体温調節してあげてください。
下着は半袖やノースリーブで腕の動きの妨げにならないものを選び、カバーオールなどと重ね着しましょう。
綿素材のスリーパーは春先の防寒だけでなく夏の冷房による冷えにも対応でき、0歳から2歳くらいまで長く使えるものが多いようです。

 

また、外で遊ぶ機会も増えますが、紫外線対策のためUVカット素材の薄手アウターを着せたり、帽子をかぶらせるなど工夫をしましょう。

 

【おすすめの素材は?】
オールシーズンOKの綿100%のフライスや天竺などが良いでしょう。

 

夏の服装(生後9~11ヶ月頃)

暑い夏の時期は、紫外線やあせもなどに注意が必要です。たっちやおすわりが上手になってきた赤ちゃんも多い時期ですので、外出の際は服装に気を付けましょう。

 

【何を着せる?】
ひとりすわりが上手になれば、半袖Tシャツ+半ズボンなど上下セパレートの服も着せやすくなります。
女の子はワンピース+オーバーパンツで涼しく過ごせますね。

 

真夏は下着なしでも良いですが、汗をかいたらこまめに着替えさせてあげましょう。
また、エアコンのきいた室内に入ると、肌寒く感じることもあるかもしれません。薄手の羽織ものがあると便利です。

 

【おすすめの素材は?】
赤ちゃんは体温の調節がまだ上手でないためとても暑がり。よく汗をかくので、吸汗性に優れたガーゼ素材や薄手のメッシュ素材などがおすすめです。

 

秋の服装(生後1歳頃)

日中は暑くても、日が落ちると急に寒くなることもありますので、寒暖差に注意したい時期です。歩き始める赤ちゃんもいるので、動きやすい服装を心がけましょう。

 

【何を着せる?】
春と同じく、重ね着で体温調節しましょう。
肌着の上に長袖のTシャツ、カーディガンやパーカーなどを合わせ、気温に応じて脱ぎ着させてあげるようにします。女の子はボトムスをスカートにレギンスを合わせてみても可愛いでしょう。

 

【おすすめの素材は?】
春と同じく、オールシーズンOKのフライスや天竺などがおすすめです。

 

まとめ

秋生まれの赤ちゃんの1年間の服の着せ方についてご紹介しました。

 

退院後、寒い日が増えてくると風邪をひかないか心配になりますが、着せすぎもよくありません。汗っかきの赤ちゃんは、冬でも汗をかくものです。赤ちゃんの様子を見ながら、服装で体温を調節してあげてください。

この記事を書いたライター

北村 美涼
北村 美涼

関西在住、1男1女を持つワーキングママです。 産休、育休、フレックス、時短、在宅、テレワーク、といろいろな勤務体系経験済み! ハワイとたこ焼きと太陽の塔が大好き!どれも私のパワーのみなもとです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php