https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの初めての靴のサイズは?

赤ちゃんの初めての靴のサイズは

赤ちゃんの初めての靴

赤ちゃんの成長はとても早いものです。首がすわり、はいはいするようになったと思えば、あっという間にあんよができるようになったのではないでしょうか。

 

あんよができるようになった赤ちゃんに、そろそろ初めての靴「ファーストシューズ」を選んであげる時期ですね。あまり早く準備すると、履くころには「サイズが小さすぎて履けない」ということになりかねませんのでタイミングを見て準備しましょう。

 

今回は、赤ちゃんの初めての靴のサイズや選び方についてご紹介します。正しい靴選びを知り、赤ちゃんにぴったりの可愛いファーストシューズをプレゼントしましょう。

赤ちゃんの初めての靴のサイズ目安

一般的に売られているファーストシューズのサイズは、11~3cmと言われていますが、赤ちゃんもそれぞれ育ち方が違えば足のサイズも異なりますので、しっかりサイズを確認して、靴下を履かせた足に合わせて選ぶようにしましょう。
選び方に迷うときは、ベビー靴売り場のプロに相談して、サイズからデザインまで相談にのってもらうと安心です。

 

【月齢別靴のサイズ目安】
赤ちゃんは、日々すごい勢いで成長していき、足も1年で1.5~2cmほど大きくなることもあります。そのため、早めにファーストシューズを用意していたら、サイズアウトしてしまい履けなかったという話しも珍しくありません。

 

以下の月齢別靴のサイズを目安に、適切な靴選びをしましょう。

 

・新生児…8~11cm
・3~6ヶ月…9~12cm
・6ヶ月~1歳…11~13cm
・1~2歳…12~14cm

 

ヨーロッパやアメリカなど外国製のベビー靴は、デザインも可愛くておしゃれなものが多いですが、日本とサイズ表記が違うこともあり、誤って購入してしまことも多いです。通販などで気軽に購入できますが、赤ちゃんのあんよがまだ慣れないうちは、ぴったりなサイズの靴を履かせるほうが足の成長に良いため、購入の際は、実際に店頭で試し履きをするようにしましょう

 

また、日本のメーカーでも、各ブランドによって若干大きさが異なるため、試し履きをしてから購入したほうが安心です。赤ちゃんの靴のサイズは約3~4ヶ月で変化していきます。まだ自分から「きつい」「歩きにくい」と主張してくれないため、ママやパパがこまめに見直してあげることが大切です。

赤ちゃんの初めての靴の選び方

赤ちゃんの初めての靴を選ぶ際は、以下のようなポイントをおさえて購入するようにしましょう。

 

【①赤ちゃんの初めての靴を購入するタイミング】
赤ちゃんに初めての靴を購入するタイミングは、5~10歩くらい1人で歩けるようになった時です。個人差がありますので、あまり焦らず成長を見守りましょう。

 

【②柔らかい素材の靴を選ぶ】
歩き始めの赤ちゃんには、はだし感覚で歩けるような軽くて柔らかい素材の靴を選んであげます。特に接地したときや足を浮かせたときに、足の形の変化をサポートしてくれるような伸縮性のある靴がおすすめです。

 

【③履かせやすい靴を選ぶ】
足先が柔らかく、じっとしていられない赤ちゃんの場合、サッと脱ぎ履きできる靴が便利です。
具体的には、履き口が大きく開き、赤ちゃんの足を入れやすいものや、マジックテープが1カ所で、サッと留められるものがおすすめですよ。

 

【④つま先が反りあがっている靴を選ぶ】
まだ歩きが上手でない赤ちゃんは、つま先を引っかけて転びやすいため、つま先が反り上がっている靴を選びましょう。また、つま先部分が広いものだと、靴の中で足の指を自由に動かすことができるので、地面を足の指でつかむようにして歩く赤ちゃんの歩き方に適しています。
靴底は、足の指を付け根から曲げて歩けるように、硬すぎないものを選びましょう。クッション性の高い素材であれば、足への衝撃も和らげられますね。

 

【⑤ジャストサイズの靴を選ぶ】
前述したサイズ目安を参考に、実際にお店へ行き、試し履きをさせてみるのが1番です。
サイズ選びの際は、足裏の縦の長さだけでなく、足の幅や甲の高さなど赤ちゃんの足全体の形をしっかり把握して選びましょう。

 

足の甲がプカプカ浮いてしまっていないか、かかとがフィットしているか、履いた時につま先に5㎜ほどの余裕があるか、この3つをチェックして選ぶと良いでしょう。ベビーシューズ専門店では「シューフィッター」という専門のスタッフがいることが多いです。気軽に相談してみてください。

 

また、初めての靴選びの際、「どうせすぐに大きくなって履けなくなってしまうから」と言って、大きめのサイズを購入することのないよう注意しましょう。
サイズの合わない靴は、赤ちゃんの足の成長の妨げになってしまうので気をつけてください。

 

【⑥通気性の良い素材を選ぶ】
新陳代謝がよい赤ちゃんは足にも汗をかきやすいため、通気性が良いことも選ぶポイントになります。

まとめ

親として赤ちゃんに、初めての靴をプレゼントするということは、わが子の成長を実感できる喜びでもあります。今回ご紹介したような、サイズ・素材・デザインなどを参考に、赤ちゃんにピッタリの靴選びをしてあげてください。

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php