https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの帽子のサイズが知りたい時は

赤ちゃんの帽子を用意したい

赤ちゃんの帽子には、かわいらしいデザインのものがたくさんあります。

帽子はかわいらしいだけでなく、日差しから頭を守る効果がありますし、寒い季節には保温の効果も果たすため、季節に合った帽子はいくつか用意をしておきたいですよね。

 

赤ちゃんの帽子には細かくサイズ分けがされており、どれを買ったらいいのか分からないと、悩んでいるママもいるかもしれませんね。

そこで今回は、赤ちゃんに合ったサイズの帽子の選び方を紹介していきます。

 

赤ちゃんの帽子のサイズの目安

赤ちゃんの帽子ですが、月齢別の一般的なサイズの目安は以下の通りです。

 

・生後0~3ヶ月…40cm~42cm

・生後3~6ヶ月…42cm~44cm

・生後6~12ヶ月…44cm~46cm

 

ただし、これはあくまで一般的な赤ちゃんの帽子のサイズの目安です。

赤ちゃんによって、頭位には大きく個人差があります。

 

次の段落では、赤ちゃんの頭位の計測方法を紹介していますので、帽子を買う前に必ず頭位も計測してみましょう。

 

赤ちゃんの頭位の測り方

赤ちゃんの頭位は、メジャーを使って計測します。

額の中央部分から耳の上を通り、後頭部中央を通って頭を一周させるようにして計測します。

赤ちゃんがキャップのような帽子をかぶっていることを想像し、帽子のラインをぐるりと一周するイメージです。

 

あまり髪の毛の生え際部分を計測したり、後頭部の下の方までメジャーを伸ばしたりすると、正しく計測することができないため、注意しましょう。

 

【頭位を測る際のコツ】

赤ちゃんの頭位を測る時、嫌がったり動いたりして、上手く測れないということもあるかもしれませんね。

できれば、赤ちゃんが眠っている時にそっと計測したり、機嫌が良い時などに声がけやおもちゃなどで気を引きながら計測するのがいいでしょう。

 

もし、自分で計測するのが難しいと感じたら、乳児検診の際にも頭位を計測している場合もあるので、母子手帳を確認してみましょう。

 

赤ちゃんの帽子のサイズの選び方

赤ちゃんの帽子は、頭の大きさ+3cmくらいのサイズのものを選ぶのが丁度良いサイズとなっています。

頭位とぴったり同じサイズの帽子を購入してしまうと、あっという間に帽子がサイズアウトしてしまうためです。

また、帽子が丁度良いサイズだったり、少し小さいサイズだったりすると、赤ちゃんの頭が窮屈になって締め付けられる感じがしてしまいます。

成長を見越して大きすぎる帽子を買ってしまうと、ずれ落ちたり脱げてしまったりすることがあり、赤ちゃんも落ち着きません。

 

赤ちゃんの帽子は、少しだけ余裕がある位のサイズを選びましょう。

 

赤ちゃんにおすすめ!サイズ調節ができる帽子

赤ちゃんの帽子ですが、月齢が小さいうちは3ヶ月程で2cmも成長してしまうため、サイズアウトするのが早く、使える期間はとても短いです。

赤ちゃんが身に着けるものは、ママにとっても思い入れが強くなるアイテムが多いですし、できれば帽子も長く使えるものがいいですよね。

 

そこでおすすめなのが、サイズを調整できるタイプの帽子です。

バケットハットタイプのもので、赤ちゃんの頭位にあたる部分に紐が通してあり、そこで赤ちゃんにぴったりのサイズに調節することができる機能が付いています。

 

赤ちゃんの頭が小さい時には紐を絞り、成長してきたら緩めて使ってあげましょう。

 

サイズが調整できるタイプは、日差しを避けるために使える帽子になります。

帽子を選ぶ際には候補に考えてみてくださいね。

 

赤ちゃんの帽子を使う際の注意点

赤ちゃんの帽子の使用の際には、気を付けたいポイントがあります。

商品選びでも考慮したいことなので、覚えておきましょう。

 

【汗に気を付ける】

赤ちゃんは汗っかきです。

頭にも多く汗をかくため、帽子の中が蒸れてしまうと汗疹の原因になることがあります。

 

春~秋にかけ、日差しを遮る目的で帽子を選ぶ際には、通気性や吸湿性に優れた帽子を選ぶのがいいですね。

また、UVカット機能がついている帽子は、赤ちゃんの頭皮を紫外線から守ってくれるので、そちらの機能性にも注目して探してみましょう。

時々、室内や日陰で休息を取りつつ、帽子も脱がせてあげて、蒸れを防止しながら活用していきましょう。

 

冬場にはニット帽など暖かいものを選ぶことかと思いますが、こちらも同様に蒸れてしまうことがあります。

室内に入ったら帽子は脱がせ、寒さを感じる屋外などに出た際に使うようにしましょう。

 

【あご紐に注意】

帽子が飛ばされないよう、あご紐がついているタイプの帽子がありますが、首に引っかかってしまうと危ないので、赤ちゃん用の帽子には、強く引っ張られるようなことがあった時に、あご紐が外れるようになっているタイプの商品を選びましょう。

また、あご紐がついてないタイプの帽子もあるので、安全に留意した商品を選んでいきましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの頭の大きさは個人差があるため、帽子のサイズの目安を参考にしつつも、サイズを計測してから買うのがいいでしょう。

 

できれば、ママが店頭で実際に手に取って選びつつ、赤ちゃんの頭に合うかどうか試着して決めていくのが理想です。

赤ちゃんの頭のサイズに合った、お気に入りになるような帽子を探してみてくださいね。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php