https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんとのお風呂に便利なバスローブ

赤ちゃんとのお風呂に便利なバスローブ

赤ちゃんとのお風呂に便利なバスローブ

沐浴の時期を過ぎると、赤ちゃんとの毎日のお風呂も大切なお世話の1つになってきます。ですが実際に始まってみるとこれが大変!パパの帰宅が遅く毎日のようにワンオペでお風呂に入れているというママも多いかもしれませんね。

 

特に赤ちゃんの時は湯上がりに保湿のケアをしたり、おむつを履かせたり、洋服を着せたりとやることがたくさんあります。赤ちゃんを裸で寝かせておくわけにもいかないので、急いで赤ちゃんのケアをしているうちにママの体はすっかり冷え切っていた…なんてことはないでしょうか。

 

そんな赤ちゃんとのお風呂時間に、バスローブがあるとぐっと楽になります。

 

バスローブと言うと、ホテルで使うような少し高級感のあるイメージを持つ方も多いので、なかなか自分では買わないというママもいるかもしれません。ですが、湯上りにサッと羽織れるバスローブは、ママにとってはとても便利なアイテムです。持っていないママはこの機会に購入を検討してみる価値あり!ですよ。

バスローブが役立つ理由は?

ママ用、赤ちゃん用どちらにも共通するバスローブのメリットのは、何と言っても湯冷め防止になることです。

 

ママが着る場合でも赤ちゃんでも一旦バスローブを羽織っておくと、裸で待っている時間がなくなり、焦ってパジャマを着たり赤ちゃんに着せたりせずにすみます。髪の毛を乾かしたり、
スキンケアをする時間が確保できるかもしれません。

 

少しのことなのですが、ママにとってはその少しの余裕が大助かりになると思いますよ。

 

【赤ちゃん用にバスローブがあると便利な理由】
バスローブは湯上りの水滴や汗を吸い取ってくれます。特に赤ちゃんは汗っかきですから、湯上りに汗をかいたまま肌着やパジャマを着ると、湿ってしまうかもしれません。
バスローブでしっかり汗を吸い取ってから着替えることで冷え対策、風邪予防にもなります

 

【ママ用バスローブがあると便利な理由】
水滴や汗を吸い取ってくれるメリットはもちろんですが、それ以外にもママならではのメリットがあります。
たとえばロングヘアのママの場合、濡れた髪のまま赤ちゃんのお世話をしていたら、パジャマが髪の毛でびっしょり濡れてしまうこともあるでしょう。
バスローブを羽織った状態であれば、お風呂上りに赤ちゃんのお世話を優先させても大丈夫

 

また、湯上りにそのまま授乳という時にも、バスローブなら飲ませやすいですよね。

バスローブを選ぶ時のポイントは?

では、赤ちゃんやママのバスローブを実際に選ぶ時には、どのような点に気を付けて選べばいいでしょうか。

 

赤ちゃん用かママ用かで重視すべき優先順位が違ってくると思います。詳しく見ていきましょう。

 

【赤ちゃん用バスローブを選ぶポイント】
優先順位は、①肌に優しい素材→②赤ちゃんが好むデザイン→③機能性です

 

赤ちゃんの肌はとにかく繊細なので、湯上りに直接素肌に羽織るバスローブを選ぶ時は素材が1番大切です。オーガニックコットンやガーゼ、タオル地など、肌への刺激が少ないものを選びましょう

 

次に重視すべきはデザインです。赤ちゃんが「これは嫌!」と着てくれなければ元も子もないので、赤ちゃんが好む色や柄のものを見つけられるとベストですね。

 

機能性は最後でも大丈夫です。赤ちゃんですからきちんと腕を通さず、肩からかけるだけという場合もあるかもしれません。ポケットやサイズ調整などの細かな機能はそこまで重視しなくても良さそうです。 

 

【ママ用バスローブを選ぶポイント】
優先順位は、①吸水速乾に優れた素材→②機能性→③デザインです

 

ママ用のバスローブ選びで1番重視してもらいたいのが素材です。大人用のバスローブとなると大きさがあり、厚手の素材だと洗濯しても乾かず、収納場所に困る場合も。そうなると、段々使わなくなってしまいますよね。赤ちゃんほど肌への優しさを重視する必要はないと思いますが、湯上りの水分をしっかり吸ってくれて、かつ洗濯後に乾きやすく、できれば厚手でないものを選びましょう

 

次に重視したいのは機能性です。素早く着られること、また、授乳口付きなど授乳がしやすい機能があるとより良いです。
デザインは最後でも大丈夫。赤ちゃんとお揃いだったり、ママが楽しめるようなおしゃれなものが見つかるといいですね。

バスローブはプレゼントにもおすすめ

バスローブは出産祝いのプレゼントにもおすすめです。その最大の理由は、サイズに融通が利くこと

 

ベビー服に比べて、細かいサイズを気にせず着られるので、プレゼントする側も選びやすいアイテムなのです。また、少し大きめでも着られるので長く役立ててもらうことができるのもいいですね。少し大きめサイズを選べば歩き始めてからでも使えます。

 

バスローブは家の中で使う物なので、もらった側の好みにピッタリのデザインでなくても心配ありません。
ママと赤ちゃんでお揃いのバスローブを選んだり、ママ向けに何かプレゼントしたいという時にもおすすめです。なかなか自分では購入しないという方も多いので、プレゼントされたら喜んでもらえることでしょう。

まとめ

子どもが小さい内は、毎日のお風呂の負担が大きいというママは少なくないと思います。赤ちゃんが小さい内も大変ですし、兄弟姉妹が生まれてもまた大変です。
毎日のことですから、便利なアイテムを使って少しでもストレスを軽減しましょう!

この記事を書いたライター

野田 乃梨子
野田 乃梨子

子どもの頃から転勤族で、今は人生13回目の引越しを終えたところ。 12歳、10歳、3歳、3児の母です。結婚前に編集者をしていた経験から、今は在宅でライターをしています。 年の差兄妹の子育てにてんてこまい!の毎日ですが、赤ちゃんと一緒に育児に奮闘中のママの参考になる情報をお届けできたら嬉しいです。 趣味はフェルトでおままごとを作ること。絵本や舞台も大好きです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php