https://babys-care.net/life/

【春生まれの赤ちゃん】1年間の服の着せ方



春生まれ赤ちゃんの服の着せ方とは?

春といえばポカポカ陽気のイメージですが、実際は朝夕の寒暖差が大きく肌寒く感じる日もあります。

大人と比べて体温調節が上手にできない赤ちゃんの服の着せ方には気を使ってあげたいですね。

 

今回は、春生まれの赤ちゃんにおすすめの服や着せ方、素材を、新生児の時期から1歳のお誕生日の頃までご紹介します。

お住いの地域によって、また、年によって気温や湿度の違いがあると思いますので、ひとつの目安として参考にしてみてください。

 

春の服装(新生児期)

1日のうちほとんどの時間を眠って過ごします。授乳やおむつ交換は2時間おきくらいです。なるべくお世話しやすい服を着せましょう。

 

【何を着せる?】

おうちの中では短肌着と2WAYオールの重ね着がおすすめです。

2WAYオールは股の部分のホックの留め方によって裾がスカートのようになるので、お着替えやおむつ替えの頻繁な新生児期に便利なアイテムです。

外出の少ない新生児のうちは、室内気温を基準に着せ方を考えるようにしましょう。

検診などで外出する時のために、おくるみを1枚用意しておくと安心ですね。

 

【おすすめ素材は?】

赤ちゃんの服は、肌触りの良い綿100%素材で揃えると安心です。ただし、織り方や生地の厚さによって肌触りや適した季節が異なります。

春から初夏までは、柔らかくて伸縮性の良い天竺やフライスなどがおすすめです。

 

夏の服装(生後3~5ヶ月頃)

暑い夏の季節ですが、まだこの時期は頻繁に外出することもないので、お家で過ごす時間の方が長いでしょう。

エアコンの温度を調節し、冷え過ぎないよう注意してくださいね。

【何を着せる?】

首がすわり、抱っこやお着替えもしやすくなってきます。

おうちにいる時は、お腹の出ないボディシャツ1枚でも良いでしょう。

赤ちゃんは特に背中に汗をかきます。そんな時は汗取りパッドを使ってみるのも良いですね。そっと抜き取れば赤ちゃんを起こさずにすみますよ。

また、冷房の効いた部屋や外出用に、薄手のカーディガンやケープ、帽子などを用意しておきましょう。

【おすすめ素材は?】

暑い季節は、薄手で通気性が良くサラサラしているメッシュ、ガーゼ、天竺素材を選んで気持ちよく過ごしましょう。

 

秋の服装(生後6~8ヶ月頃)

寝返りしたり、おすわりができるようになったり、動きが活発になってくる頃です。秋の寒暖差に気を付けながら、重ね着をして体温調節をしましょう。

【何を着せる?】

過ごしやすい気候の秋ですから、お散歩を楽しむ機会も増えますね。

基本の組み合わせは、ボディシャツ+カバーオールです。上下セパレートの服にチャレンジする場合は、お腹の出ないタイプの下着を選びましょう。

足元が寒そうだけれど、靴下を履かせるとズレたり片方なくしたりということがあるかもしれません。

そんな時は足先までカバーする足つきのカバーオールがおすすめです。

たっちが始まると足つきカバーオールは滑って危ないので、この時期限定のアイテムと言えるかもしれません。

【おすすめ素材は?】

動きやすく肌触りの良い綿100%素材の天竺、フライスがおすすめです。

 

冬の服装(生後9~11ヶ月頃)

そろそろつかまり立ちやはいはいができるようになる赤ちゃんもいるでしょう。寒いからといっても厚着をさせすぎないよう注意してください。

【何を着せる?】

動きが活発になる時期なので、赤ちゃんの成長の妨げにならないよう、厚着のさせすぎに気を付けます。

赤ちゃんは、冬でも室内で汗ばんでいることがあります。あせもができることもあるので、こまめに様子を見るようにしてください。

外出の際は、長袖下着+トレーナー+パンツが基本アイテムです。

アウターは、風を通しにくい素材のものを。ニット製のものは裏地が付いていないと着せづらいので、袖まで裏地が付いているものを選びましょう。

ポンチョタイプのアウターは、着せやすく抱っこしやすいのでおすすめです。

 

【おすすめ素材は?】

綿100%素材の中でも厚手のものを選びます。

薄手のニット素材を重ねた接結天竺や、ニットキルトなら、保温性に優れ、重ね着した時にももたつきません。

 

春の服装(生後1歳頃)

離乳食もそろそろ完了期。おうちの中だけでなく、公園で遊んだり外食に出かけるのも楽しい季節ですね。

【何を着せる?】

半袖は、上下セパレートのコーディネートを意識したものを。

下着はTシャツタイプのものでも良いのですが、お腹が出たりおむつがずれるのが気になるようならボディシャツタイプのままでも良いでしょう。

パンツは、靴を履かせやすくて足元が見えやすい8分丈や9分丈がおすすめです。

ひとりで動き回ることもあるので、フードや首回りにひもの付いたデザインは避けた方が良いでしょう。

【おすすめ素材は?】

さらっとした肌触りの綿100%素材の天竺、フライス、ガーゼなどがおすすめです。

 

まとめ

春生まれの赤ちゃんの1年間の服の着せ方は、いかがでしたか?

ちょうどママからの免疫が切れる頃に寒い季節を迎える春生まれの赤ちゃんは、厚着による汗冷えに注意が必要です。

赤ちゃんの服の基本は「重ね着」です。重ね着と上手な室温調整で、赤ちゃんに快適な環境を作ってあげましょう。

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

育児のポイントと成長度合いがわかるポータルメディア「赤ちゃん成長ナビ」。
生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。

生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php