https://babys-care.net/life/

チャイルドシートとジュニアシートの切り替え

チャイルドシートとジュニアシート

チャイルドシートの着用は赤ちゃんの命を守るためにはとても重要です。法律でも義務付けられておるので、車に乗る場合は必ず用意しなければならないものです。

 

チャイルドシートはいずれは赤ちゃんの成長に合わせて、ジュニアシートに切り替える必要があります。

ジュニアシートとは一般的に身長が100cm、体重15kgを超えた頃から使えるものが多く、対象年齢も3歳以上であるものが多いです。

 

ただし、成長には個人差がありますし、ジュニアシートへいつ頃切り替えればいいのか悩む人も多いもの。また、もしお子さんを2人以上考えている場合は、それも視野に入れながら切り替える人もいます。

 

まだ赤ちゃんだからジュニアシートへの切り替えは関係ないとお考えの方も、切り替え時期については早めに検討しておきましょう。切り替えのタイミングとともに、ジュニアシートの選び方をご紹介します。

 

ジュニアシートへ切り替えタイミングは?

ジュニアシートへの切り替えを考えるタイミングは、以下のようなケースを参考にしてみてください。

 

【切り替えタイミング①チャイルドシートが不便と感じたら】

チャイルドシートにはさまざまな種類があり、新生児頃から4歳頃まで長く使えるものもあります。しかし、そのようなチャイルドシートは作りがしっかりしている分、高さもあります。

 

赤ちゃんが成長した時に抱きあげて乗せるのが大変になったり、シートベルトで装着するタイプは使い勝手が悪く感じてしまうことも。

使い勝手などを考えて、赤ちゃんがある程度成長し、ジュニアシートが使えるようになったタイミングで買い替えを検討してもいいでしょう。

 

【切り替えタイミング②年齢・身長体重制限時期に応じて】

新生児期から使えるチャイルドシートは、最長でも4歳頃までが対象となっているものがほとんどです。

また、身長や体重制限も設けられていますので、オーバーしそうになったら安全のためにも、ジュニアシートへ切り替えが必須です。

 

【切り替えタイミング③弟や妹が生まれたら】

もし弟や妹が生まれたら、新生児から使えるチャイルドシートはお下がりとし、1人目の子にはジュニアシートを新しく用意してあげる方も多いです。

 

ジュニアシートの選び方

ジュニアシートは、用途や赤ちゃんの年齢に合わせて選んでいきます。さまざまな種類があるので、家庭の車の使用状況に合うものを選んでください。

 

【3点固定タイプ】

最も一般的なジュニアシートのタイプはこのタイプ。

3歳から11歳頃まで長く使える、1本のベルトを片方の肩から腰に回して3点固定するタイプのジュニアシートです。

後に背面のパーツを外し、ブースターシート(ヘッドレストや背もたれのないタイプ)として切り替えも可能です。

3歳まで新生児から使えるチャイルドシートを使用していた方や、簡易ジュニアシートからの買い替えに向いています。

 

【ハーネスタイプ】

チャイルドシートのようなハーネスタイプと言われる、5点固定のベルトで、しっかりしている作りです。1歳を過ぎたら使用できるものが多いです。

左右の肩の上から通したベルトをお腹の前でカチっと止めます。

 

成長に合わせて、ヘッドレストや背もたれなどのパーツを外したり、タイプを替えながら11歳頃まで長く使えるタイプです。

最初はまだ小さなお子さんを乗せることを想定しているので、作りは頑丈で大きめにできており、値段も多少高額ですが、ジュニアシートに切り替えた後は長く便利に使いたいという方におすすめです。

 

【簡易4点固定タイプ】

軽くて装着が簡単な簡易的な4点固定ベルトのジュニアシートもあります。

コンパクトにできているのが特徴で、使い勝手の良いものですが、11歳まで使えるものに比べると乗り心地が多少落ちてしまいます。

使用期間が短いですが、車に乗る頻度が多くない方、ブースターシートや3歳から使えるシートを用意するまでのつなぎとして使用したい方に向いています。

 

【インパクトシールドタイプ】

より安全を考える方には、子どもの膝上にクッションが乗ったインパクトシールドタイプがおすすめ。事故などで車体に衝撃があった時、軽い子どもの体が浮かないタイプです。

使用可能年齢はさまざまなので確認してください。

 

【ブースターシートタイプ】

車に備え付けのベルトを、子どもの座高を上げることにより、苦しくないよう使えるように調節するためのシートです。

背もたれがなく、とても簡易的なもの。

値段が安く、持ち運びも簡単です。汚れた時の洗濯もしやすいというメリットもあります。

4歳以降になったら使用可能なので、それまではチャイルドシートを使い、切り替える予定の方におすすめです。

 

まとめ

赤ちゃんが小さいうちは専用のチャイルドシートが必要ですが、赤ちゃんの成長やチャイルドシートの使い勝手、家族構成などによって切り替える必要があります。

 

使い勝手や乗り心地を重視しつつ、予算も見ながら、ジュニアシートの切り替え時期を考えていきたいですね。

赤ちゃんが小さいうちは買い替えもまだまだ先のことと思うかもしれませんが、1歳からでも使えるジュニアシートもあります。成長に合わせて検討していきましょう。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php