https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

ベビー用シャンプーの選び方

ベビー用シャンプーの選び方

ベビー用のシャンプーとは?

赤ちゃんとのお風呂タイムに欠かせないベビー用シャンプー。
皆さんはどのように選んでいますか?

 

赤ちゃんは皮膚が薄くデリケートなので、個人差はありますが1歳頃までは、赤ちゃん用のシャンプーで洗ってあげるのが良いようです。

 

では、購入するときにどのような点に気を付けて選べばいいでしょうか?
今まであまり意識せずに選んでいたという方もいるかもしれませんが、これを機に選び方を見直してみてくださいね。

 

≪タイプ別≫ベビーシャンプーの選び方

赤ちゃん用として市販されているシャンプーの中には、さまざまなタイプが存在します。どのようなタイプがおすすめでしょうか。

 

【全身用or髪専用どちらを選ぶ?】
赤ちゃん用のシャンプーには髪も体も洗える全身用のタイプと、髪だけを洗う髪専用タイプがあります。
どちらから使い始めてもいいですが、慌ただしいお風呂タイムですので、最初は全身用でさっと洗ってあげると時短につながります。

 

赤ちゃんの髪の量が増えた、全身用のシャンプーだと髪がパサつきだした、などがあれば髪専用のものに切り替えるのがおすすめです。

 

【ポンプ式orその他のタイプはどちらがおすすめ?】
ベビーシャンプーはポンプ式のタイプ、キャップ式のフタがついているタイプ、せっけんタイプなど出し口もさまざまです。
ママが簡単で使いやすいのはやはりポンプ式。
片手でポンっと押せば、シャンプーが出てくるので便利ですね。

 

また、ポンプから泡で出てくるタイプのものなら、手に取ってそのまま赤ちゃんを洗ってあげられるので、扱いが簡単です。
液体タイプやせっけんタイプはコスパがいいのがメリットですが、しっかり泡立ててから使う必要があるのがデメリットでしょう。

 

首が座っていないうちは片手で抱っこしながら洗ってあげることが多いので、できるだけママの使いやすさを重視したものを選ぶといいでしょう。

 

≪成分≫ベビーシャンプーの選び方

ベビーシャンプーを選ぶ際には、シャンプーに使われている成分にも注目したいところですよね。できれば避けたい成分や香料などについて、確認してみましょう。

 

【1.避けたい成分を知っておく】
シャンプーは界面活性剤と水で作られています。しかし、界面活性剤の中には、次のような髪や地肌の油分を奪う強い成分もあるので注意が必要です。
・ラウレス硫酸Na
・ラウリル硫酸Na
・ラウリル硫酸アンモニウム
・キシレンスルホン酸アンモニウム

 

これらの成分は洗浄力が強いのですが、赤ちゃんには刺激が強すぎることがあります。
肌トラブルを引き起こしてしまうこれらの成分が入っているシャンプーはできるだけ避けたほうがいいと言えるでしょう。

 

【2.無添加・オーガニックシャンプーでも要注意】
無添加・オーガニックなどと聞くと、余計な化学成分は入っていないのではと思いがちですが、次のような防腐剤等は入っていることがあります。

 

・メチルパラベン
・PG
・フェノキシエタノール

 

赤ちゃんによっては刺激が強く、防腐剤が原因で肌トラブルを引き起こすこともあります。
無添加・オーガニックという表示だけを鵜呑みにせず、成分表示もチェックしてみてください。

 

ただし、防腐剤が使われていない完全無添加のシャンプーの場合は、劣化が早いので、開封後は早めに使い切るようにしましょう。

 

【3.弱酸性のものがおすすめ】
シャンプーのpH(水素イオン指数)についてもチェックしましょう。弱酸性のものは肌にやさしいということを聞いたことがある方も多いですよね。
その理由は肌の状態も弱酸性だからです。

 

そのため弱酸性のシャンプーは低刺激で、肌トラブルを引き起こしにくいと言われています。ただ、洗浄力は弱いので、洗い残しは多いかもしれません。

 

一方アルカリ性や弱アルカリ性のものは洗浄力が高く、さっぱりと洗いあげられます。
ただ、まだ赤ちゃんには刺激が強いこともあるので、肌が薄く、乾燥しやすい赤ちゃんは控えたほうがよさそうです。

 

【4.香料はあり?なし?】
洗いあがりに良い香りがするシャンプーは魅力的ですが、赤ちゃんにとって必要な成分ではありません。着色料も同じことです。できれば余計な成分は入っていない、無香料、無着色のものを選ぶのがおすすめです。

 

【5.保湿成分も重要】
保湿成分も重要です。
特に乾燥肌タイプの赤ちゃんや、頭をかゆがる様子が見られる赤ちゃんには、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が入っているものを選びましょう。

 

まとめ

きれいで柔らかな赤ちゃんの髪や肌ですが、ちょっとした刺激に弱いため、シャンプーひとつでも肌トラブルを起こしてしまう子もいます。だからこそシャンプー選びはとても大切です。

 

また、季節や肌の状態に合わせてシャンプーを変えてみるのもおすすめです。
首の座っていないうちはママが使いやすいもの、肌トラブルが出始めたら保湿成分を重視したものなど、同じシャンプーをずっと使い続ける必要はないので、いろいろなシャンプーを試してみるのもいいでしょう。

 

肌トラブル対策には肌を清潔に保ってあげることが大切!赤ちゃんにもママにも合うベビーシャンプーが見つかるといいですね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php