https://babys-care.net/life/

赤ちゃんのフケの原因は?

赤ちゃんにもフケができるの?

フケというと、あまり良いイメージを持たない方が多いかもしれません。

赤ちゃんの頭皮にフケのようなものが付いていたら、ちょっと気になりますよね。

赤ちゃんの皮膚は薄くデリケートなので、頭皮の肌トラブルがもともと起きやすい状態です。

 

では赤ちゃんのフケにはどのような症状や原因があるのでしょうか。

また、フケの対処法や日頃から予防する方法についてご紹介いたします。

 

赤ちゃんのフケの症状

赤ちゃんのフケは皮脂が原因の場合と、乾燥が原因の場合で症状が異なります。

それぞれの場合の症状をご紹介します。

 

【皮脂が原因の場合の症状】

・クリーム状のかさぶたになっている

・髪全体もベタついている

・おでこや鼻にも同じような症状がみられる

・新生児期に症状が出る

 

【乾燥が原因の場合の症状】

・白っぽい粉のようなもの

・脂っぽくない

・頭皮全体でカサカサしている

・秋から冬にかけて症状が出る

 

このような症状は頭皮をはじめ、おでこ、鼻、眉毛のあたり、耳の周辺や股部、わきなどに出やすいと言われています。

また、これらの症状が当てはまらない場合もありますので、フケかどうかの目安として参考にしましょう。

 

赤ちゃんのフケの原因

赤ちゃんの頭皮のフケには、皮脂が原因のものと乾燥が原因のものが考えられます。

皮脂によってできるフケやかさぶたの多くは、乳児脂漏性湿疹が原因かもしれません。

乳児脂漏性湿疹は生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんに多くみられ、適切な対処法をすることで改善していきます。

また、生後4ヶ月以降にフケのようなものがみられた場合、今度は乾燥性湿疹の原因が考えられます。

それぞれの原因について、詳しく解説いたします。

 

【乳児脂漏性湿疹の原因】

生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんはホルモンの影響もあり、生理的に皮脂が過剰に分泌されやすいと言われています。

この皮脂が過剰に分泌されることで起こる肌トラブルを乳児脂漏性湿疹と呼んでいて、頭皮にみられるフケもこの一つです。

乳児脂漏性湿疹になると皮膚のターンオーバーが通常よりも早くなり、角質が過剰に蓄積されフケとなってあらわれてしまうようです。

また、マラセチアという皮膚の常在菌が要因とも言われています。

 

【乾燥性湿疹の原因】

生後3ヶ月までは皮脂が過剰に分泌されやすい状態でしたが、それ以降は急激に分泌量が減っていきます。

また、赤ちゃんはもともと肌の保湿機能やバリア機能が十分に備わっていないため、乾燥による肌トラブルを起こしやすい状態と言えます。

乾燥によって皮膚のバリア機能が損なわれて湿疹ができ、角質がはがれカサカサになり、フケとしてあらわれてしまうようです。

このような皮脂の不足により起こる湿疹を皮脂欠乏性湿疹と呼ぶこともあります。

 

赤ちゃんのフケの予防と対処法

赤ちゃんの頭皮にフケがみられた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

乳児脂漏性湿疹の場合と乾燥性湿疹の場合に分けて解説いたします。

 

【乳児脂漏性湿疹の場合】

・よく泡立てたシャンプーやせっけんで皮脂を落とす

頭皮や顔に症状がみられる場合はシャンプーやせっけんをよく泡立て、泡の力で汚れを落とすようにしましょう。

ゴシゴシこすって洗うなど、力をいれないように注意しましょう。

 

・かさぶたは無理にはがさない

頭皮にフケがべったりついていたりかさぶたのようになっている場合は、無理にはがさずシャンプーを泡立てて優しく洗浄することで改善していきます。

また、かさぶたをベビーローションやワセリンでふやかしてから洗うと効果的です。

 

・入浴後は保湿もしっかり

入浴後はタオルで優しく水気を取り、ベビーローションやワセリンなどでしっかり保湿しましょう。

 

【乾燥性湿疹の場合】

・お湯の温度に注意する

熱いお風呂やシャワーにつかると皮脂膜が溶け、ますます乾燥しやすい状態になってしまいます。

ぬるめのお湯につかって長時間をさけてお風呂に入りましょう。目安は38~39度のお湯で、湯船に浸かるのは5分以内にしましょう。

 

・刺激の少ないシャンプーやせっけんを使う

赤ちゃんの肌には刺激の強いものはNGです。

できるだけ刺激の少ないシャンプーやせっけんを使ってよく泡立て、肌への刺激を少なくするように心がけましょう。

弱酸性・無香料のものが良いでしょう。

 

・しっかり保湿する

乳児脂漏性湿疹の場合と同様に、入浴後は優しく水気を取りベビーローションなどでしっかりと保湿をしましょう。

 

【赤ちゃんのフケで受診する目安】

赤ちゃんにフケが出た場合、基本的には日頃のホームケアに気をつけて行っていれば症状は改善されていきます。

 

ただし、症状が長引いていたり、ひどいかゆみ、皮膚がむけている、赤くなっている、膿んでいるなど、症状がひどくなってしまった場合は病院を受診するようにしましょう。

また先ほど紹介した対処法でも改善されない場合も、受診した方が良いでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんの頭皮にフケがあると、驚いてしまう方もいるかもしれません。

フケには大きく分けて乳児脂漏性湿疹か乾燥性湿疹による原因が考えられます。

 

症状は原因によって異なりますが、ほとんどの場合は、シャンプーやせっけんの泡で優しく洗ったり、保湿をしっかり行うなど、日頃のホームケアを正しく行えば改善されていきます。

それでも症状が改善されない場合は、病院を受診するようにしましょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php