https://babys-care.net/life/

ベビーチェアは折りたたみが便利

ベビーチェアは折りたたみ式が便利!

離乳食にも少しずつ慣れてきて、しっかりと座れるようになった赤ちゃん。

そろそろベビーチェアの用意を考える時期ですよね。

 

・ハイチェア

・ローチェア

・2WAYタイプ(高さ変更が可能で、ハイチェア・ローチェアどちらにもなる)

・ブースタータイプ(大人用の椅子に乗せて、固定して使えるローチェア)

など、ベビーチェアにもさまざまな種類があります。

 

ベビーチェアは赤ちゃんの食事に必要なアイテムですが、意外と場所を取るのが困るところ。

そのためどのタイプでも、折りたためるベビーチェアを検討しているママもいるでしょう。

 

そこで今回は、折りたたみ式のベビーチェアのメリットやデメリット、選び方についてご紹介します。

ベビーチェアを選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

折りたたみ式のメリットデメリット

ベビーチェアに折りたたみ式を使う時の、メリットやデメリットについて見てみましょう。

メリットとデメリットをきちんと理解しておけば、安心して使えますよね。

 

【メリット】

・比較的軽量なため、持ち運べる

・使わない時は片付けられるため、部屋がスッキリする

・次の子に取っておく時も、たたんで収納でき場所を取らない

 

折りたたみ式のベビーチェアの特徴は、持ち運べたり簡単に片づけて収納したりできることです。

折りたためないものより軽量なので室内の移動はもちろん、種類によってはキャンプや帰省などのお出かけにも大活躍しますよ。

 

環境が変わるとなかなか食べてくれない赤ちゃんも、いつも使っている椅子だと落ち着いて食べてくれることも。

持ち運べると、実家用にもう一つベビーチェアを用意する手間もかかりませんよね。

 

使わない時はたたんで収納しておけば、部屋がスッキリ片づきます。

また赤ちゃんがぶつかったり、よじ登って落ちたりといった心配もありません。

長期間しまっておく時も、コンパクトに収納できるため場所も取らず便利です。

 

【デメリット】

・強度と耐久性の心配

・使用期間

・指を挟んだり、転倒したりといった安全面の問題

 

一般的に折りたたみ式のベビーチェアは、折りたためないタイプより強度や耐久性が弱いと言われます。

対象年齢も3歳~5歳までのものが多く、使用期間も短いため長く使いたい人には不向きかもしれません。

 

赤ちゃんが折りたたみ部分に指を挟んでしまう危険もあります。

また折りたたんだ状態の時は自立しないものが多く、触った拍子に倒れてしまうことも。

収納する時は赤ちゃんの手が届かない、安全な場所を選びましょう。

 

ベビーチェア!折りたたみ式の選び方

折りたためるベビーチェアを選ぶ際、どのようなポイントを考慮すれば良いのでしょうか。

 

【いつまで使うか?】

前述したように折りたたみ式のベビーチェアは、折りたためないタイプと比べて使用期間が短めです。

そのため長く使いたい場合は、折りたためない頑丈でしっかりとしたものが良いでしょう。

 

反対に持ち運んでさまざまな場所で使いたかったり、ある程度大きくなったら別の椅子を考えたりしているのであれば、収納に便利な折りたたみ式がおすすめです。

 

【メインで使う場所は?】

折りたたみ式のベビーチェアでも、高さはメインで使う場所に合わせた方が使いやすいですよね。

メインで使う場所がダイニングテーブルか、ローテーブルかで選ぶベビーチェアも変わります。

ダイニングテーブルならハイチェア、ローテーブルならローチェアが良いでしょう。

家族と同じ目線だと、赤ちゃんもご機嫌で過ごせますよ。

 

【テーブルは取り外せる?】

テーブルが取り外せるかも重要なポイントでしょう。

始めは付属の専用テーブルが便利ですが、家族と同じ食卓を囲むようになると専用テーブルは不要です。

 

ベビーチェアの後ろ側に回せるタイプもありますが、持ち運ぶ際に邪魔になったり手を挟んでしまったりと不便なことも。

移動や収納の便利さ、コンパクトさを重視する場合は簡単に取り外し可能なものが良いですよね。

 

【安全かどうか】

折りたたみ式のベビーチェアを選ぶ時、最も大切なのが安全面です。

毎日使うものだと移動や収納の便利さも大事ですが、まずは赤ちゃんが使う際に危険がないかを確認しましょう。

 

持ち運ぶには軽い方が良いですが、あまりに軽いと安定性や耐久性が心配ですよね。

落下しないよう安全ベルトが付いているか、指を挟んでケガをしないか、使用時や収納時の転倒の可能性など、事前にチェックしておきましょう。

便利な折りたたみのベビーチェアだからこそ、しっかりと安全面にも気を配りたいものです。

 

まとめ

ベビーチェアを折りたたみ式のものにすると、収納面や使い勝手の良さといったメリットがたくさんあります。

しかし安全面などデメリットもあるため、購入前にきちんと確認しましょう。

 

どのようなベビーチェアを使うかは、ママの好みや生活スタイル、住んでいる環境によっても違います。

さまざまな種類があって迷ってしまいますが、まずは赤ちゃんの安全を第一に考えて決めたいですね。

 

ママだけでなく赤ちゃんにとってもお気に入りのベビーチェアだと、食事の時間もより楽しみになりますよ。

折りたたみ式のベビーチェアを検討中の方は、是非参考にしてください。

この記事を書いたライター

中岡ゆり
中岡ゆり

5歳と2歳の男の子を育児中のママライター。ワンオペの毎日は大変ですが、バタバタと賑やかに過ごしています。 現在はパートをしながら、在宅ライターとしても活動中。ちょっとしたことで不安になり、心配していた0歳児育児。 同じように悩むママたちが、今しかない赤ちゃんとの貴重な時間を安心して楽しめるきっかけになるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php