https://babys-care.net/life/

女の子の子育てにおすすめの本は?

女の子の子育て本は必要?

初めての育児は、分からないことが多くて悩みもたくさんですよね。

そんな時に、悩みを少しでも解決に導いてくれる子育て本があれば、読みたいという方もいるのではないでしょうか。

 

女の子はママにとって同性ではありますが、また違う人間。

声かけ方法や接し方などが分からないなど、悩む方もいるでしょう。

今回は、女の子の子育てにおすすめの本を紹介するので、よければ参考にしてみてください。

 

女の子の子育てにおすすめの本の選び方

まずは女の子の子育てに奮闘するママに、おすすめの子育て本の選び方を解説していきます。

 

【年齢に合ったものを選ぶ】

1つ目は子どもの対象年齢に合ったものを選ぶこと。

子育ての悩みは子どもの年齢によって大きく違いますし、声かけの仕方、接し方などもいろいろ変わってくるでしょう。

そのため、子どもの年齢に合わせた子育て本を選んでみてください。

その年齢ならではの解決方法やヒントを見つけられるでしょう。

 

育児本によっては子どもの年齢ごとの発達や成長が分かるものもあるので参考にするのもいいですね。

ただし、成長には個人差があるので育児本通りにいっていなくても、不安になりすぎないことも大切です。

 

【目的別に選ぶ】

子育て本には、健康や寝かしつけ、しつけや𠮟り方など様々な種類があります。

今自分が子育てについて困っていること、悩みに合った育児本を選ぶといいでしょう。

 

【複数のものを選ぶ】

子育てに関する本は、色々な考え方があります。

すべての本が同じことを書いているものはありません。

 

色々な考え方を理解することで、自分に合った子育ての方法も分かり、別の考え方もあるんだと気付くきっかけになるかもしれませんよ。

周りのママやかかりつけの先生がおすすめしてくれる本であっても、自分に合っているかどうかは分からないものです。

時間に余裕があれば複数の本を読んでみて、悩みの解決方法を見つけるのがおすすめです。

 

女の子の子育てにおすすめの本6選

【女の子の一生を決める0~6歳までの育て方】

著者:竹内エリカ

幼児教育者の著者が書かれた、女の子の子育てについての本です。

 

また、「しっかりしているように見えて、本当は甘えたい」という、女の子の特性をもとに子育てについて書かれています。

女の子の心は男の子より複雑なもの。

その複雑な心の育て方を7つのステップに分け、感性の育て方、想像し考える力の身に着け方などを解説しています。

 

【女の子の育て方】

著者:諸富祥彦

「優しくて賢い子になるラブ&ハッピーな子育て術」がテーマになった本です。

女の子の育児を、「愛され力」と「自立力」を大きな目標として、0~15歳までの子育てに関することが書かれています。

 

また、しつけの基本や思春期のことまで書かれているので、赤ちゃんの頃から長く愛読することができるでしょう。

 

【0~6歳はじめての女の子の育児】

著者:関和男、善方裕美

赤ちゃんの誕生から6歳までの、女の子の育児について書かれた本です。

子どもの成長や発達だけでなく、おむつ替えや沐浴、離乳食の進み方が写真やイラストで分かりやすく書かれています。

 

また、女の子ならではの育児のポイントや気をつけたいこと、しつけや予防接種のこともあり、これ1冊あれば安心できるかもしれません。

 

【はじめての育児事典】

朝日新聞出版

女の子のための子育て本というわけではありませんが、お世話のポイントや発達のことだけでなく、遊びやコミュニケーションの取り方まで書かれています。

イラストや漫画も入っていて読みやすく、わからないことがあればすぐに調べることができます。

 

予防接種の基礎知識などもあるので、幅広く書かれておりお家にあれば嬉しい1冊ではないでしょうか。

0~3歳までを月齢別に注意点が書かれているので、この1冊があれば月齢に合った悩みを解決してくれるかもしれませんよ。

 

【0歳からはじまるオランダの性教育】

著者:リヒテルズ 直子

日本の性教育は遅れている、というのを聞いたことはないでしょうか。

「思春期になったら学校で教えてくれるもの」と考えるパパやママも多いかもしれませんが、自分を大切にし、そして守るために重要な知識です。

女の子だけでなく、性別問わず大切に学んでいきたいことですよね。

だからこそ、学校任せにせず、家庭でも少しずつ、子どもにおしえてあげませんか。

 

こちらの本はオランダ在住の著者が、オランダでの0歳からの性教育についてまとめた本。

性教育といっても、単に男女の違いや妊娠出産についてだけではなく、性的マイノリティを持つ方を認め、共存するための考え方が書かれています。

子どもに正しい知識を身に着けさせるために、まずはママやパパが読んで、少しずつ子どもに伝えていってあげませんか。

 

まとめ

女の子はママにとって同性ではありますが、自分とは違う、1人の人間。

私はこうだったからと言って、子どももその通りになるとは限りません。

誰でも子育てに関して悩むこともあるでしょう。

そんな時は、今回紹介した子育て本を参考にすると悩みも解決するかもしれませんよ。

 

1冊だけでなく、時間が許す限り、複数冊読んでみるのもいいでしょう。

いろんな子育てについての知識を得られますよ。

その中から自分に合ったものを選べばいいのです。

今の子育ての悩みをひとつひとつ解決しながら、楽しんで子育てができるといいですね。

この記事を書いたライター

村上あやみ
村上あやみ

5歳、3歳、0歳の三兄弟を育児中のママライター。関西在住で元気いっぱいの息子たちと、笑顔の絶えない家庭を目指し子育て奮闘中!!!幼児・0歳児の子育て経験を活かし、新米ママやプレママさんが安心して育児ができるような記事をお届けします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php