https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの石鹸の選び方を知りたい

赤ちゃんの石鹸の選び方を知りたい

赤ちゃんのお風呂は専用の石鹸で

赤ちゃんをお風呂に入れてあげるときに使う石鹸。
ベビーショップやドラッグストアでもたくさん取り扱いがあるし、インターネットの口コミまで参考にし始めると、どれを使ってあげたらいいのか…と悩んでしまう方もいることでしょう。
赤ちゃんに使うなら、基本的にはベビーソープと表記があるものなら問題ないと言えるでしょう。

 

しかし、赤ちゃんの肌はデリケート。赤ちゃん用の石鹸といっても成分や種類は様々だし、赤ちゃんによって肌質も1人ひとり違います。
特に新生児期〜生後2ヶ月くらいまでは乳児湿疹が出たり、石鹸が合わないことで肌トラブルが起きてしまう赤ちゃんもいます。
その場合は自己判断でなく、使用を中止したり病院を受診することも大切です。

 

赤ちゃんの肌を守ってあげるためには、どんな基準で石鹸を選んであげたらいいのでしょうか。ポイントを押さえておきましょう。

 

赤ちゃんに使える石鹸の種類は?

まずは、赤ちゃんに使える石鹸の種類や特徴を押さえておきましょう。

 

【石鹸のタイプ】
赤ちゃんに使える石鹸は大きく分けて2つあります。

 

〈固形タイプの石鹸〉
お風呂のたびに泡立てて使うタイプの固形石鹸。
無添加の商品も多いので、刺激が少ないのにしっかり洗えることから、肌がデリケートな赤ちゃんにおすすめ。
値段も安いし、長持ちします。

 

〈泡タイプの石鹸〉
ポンプ式で、ふわふわの弾力のある泡が簡単に作れるのが特徴です。
ママひとりでお風呂に入れるという方には、泡を作る手間がないのかなりで助かりますし、泡立ちが良いので体のすみずみまでしっかり洗えます。
割高ではありますが、石鹸の成分にこだわって作られている商品が多くあります。

 

液体タイプの石鹸は汚れを落とすために刺激が強い成分が含まれているものもあるため、新生児期は基本的に使えません。
赤ちゃんの肌の様子を見てトラブルがないようでしたら、切り替えていきましょう。

 

【石鹸の成分】
赤ちゃんが使える石鹸の成分は、弱酸性〜弱アルカリ性まであります。
肌の状態が不安定でデリケートな赤ちゃんには弱酸性で優しく肌を守ってあげるのがいいでしょう。

 

無添加表記の石鹸には弱アルカリ性の石鹸がありますが、低刺激でしっかり汚れを洗えるのが特徴です。汗を多くかく時期にはいいですね。
皮脂量が多いことで乳児湿疹ができているときにもおすすめです。

 

ただし、洗いすぎると肌トラブルの悪化にもつながるので、よく泡立ててなでるように優しく洗ってあげましょう。

 

赤ちゃんの石鹸を選ぶポイントは?

数ある赤ちゃん用の石鹸の中から、赤ちゃんの肌に合ったものや使いやすいものを見つけるために、選び方のポイントを押さえていきましょう。

 

【ママが使いやすいもの】
赤ちゃんのお風呂は手早く済ませる必要があるため、使いやすさにはこだわりたいですね。
割高にはなりますが、片手でも泡が出せるポンプ式は便利です。

 

【赤ちゃんの肌に合ったもの】
赤ちゃんの石鹸が肌に合っていないと、あっという間に肌トラブルにつながってしまうことがあります。
肌に合った商品を探すために、ベビーショップでもらえたり雑誌についてくるサンプルを試してみましょう。

 

サンプルが手に入らない商品は、いきなり大容量の商品を試すのではなく、割高でも小さい商品から試してみるのがおすすめ。
固形石鹸は値段も安いので、試しやすいかと思います。もし赤ちゃんの肌に合わなければ、ママが普段手を洗うのにも使えますよ。

 

いろいろ試してみて、赤ちゃんの肌に合っている商品を探しましょう。
また、その時期に合っていても、成長とともに赤ちゃんの肌の状態も変わっていきます。合わなくなったと思ったらすぐに使用を中止してください。

 

【目にしみないもの】
ベビー用の石鹸の中には、目に入るとしみてしまうものも中にはあります。
頭も一緒に石鹸で洗うなら要注意。

 

「目にしみにくい」と表記がある商品を選ぶと安心ですね。

 

【続けやすいもの】
高い石鹸は品質も良く、赤ちゃんの肌を健やかに保ってくれる商品も多くあります。
しかし、毎日使うものだから、あまりに高いと続けにくいです。
ある程度は値段も考慮しながら選びたいですね。
固形石鹸のほうが品質の割に安い商品もあるので、もしポンプ式を使っていて減りが早いと感じたら、変えてみるのも方法です。

 

また、ネットでしか取り扱いがなかったり購入できる店舗が限られていると、石鹸が切れてしまったときに困ります。
在庫を十分に家庭で用意しておくか、ドラッグストアなどでも手軽に買える商品を選ぶことで、肌に合った石鹸を続けやすくなります。

 

【口コミを参考に】
商品を見ただけでは、やはり品質まではわかりません。
気になる石鹸があったら、実際に使っている先輩ママの口コミも参考にしてみましょう。

 

赤ちゃんからスキンケアはしっかりと

赤ちゃんの肌に合った石鹸で優しく洗ってあげることで肌トラブルを予防し、肌を健やかな状態に保ってあげたいですね。
ちなみに、お風呂の後はしっかり保湿してあげることも大事です。
新生児の時期から、赤ちゃんのスキンケアはしっかり行ってあげましょう。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php