https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃん用加湿器の賢い選び方

赤ちゃん用加湿器の賢い選び方

加湿器の加熱方式の違いとは?

加湿器と言えば乾燥しがちな部屋の中を加湿してくれるアイテムとして、冬場に大活躍する家電の1つです。
家電量販店の加湿器売り場に行くと、さまざまな種類があります。

 

そのため、いざ赤ちゃん用に加湿器を買おうと思ってもどれを選んでよいか分からない人もたくさんいます。
まずは加湿器を選ぶ上で押さえておきたい「加熱方式」の違いについてチェックしていきましょう。

 

【スチーム式(加熱式)】
スチーム式は水を加熱したときに発生する蒸気でお部屋を加湿する方式で、お湯を沸かした時の湯気で加湿をするイメージです。
また、煮沸消毒された水分で加湿をすることから衛生的です。
ポットのようなお手入れしやすい形状のものが多く、内部も清潔に保ちやすいですが、他の加熱方式に比べて電気代が高めです。

 

【超音波式】
超音波方式は、タンク内の水を超音波の力で霧状にし、ファンによってお部屋の中に放出して加湿をします。
霧吹きを吹きかけながらお部屋の中を加湿するイメージです。

 

水を温める必要がない分、電気代を安く抑えられます。
しかし、除菌機能が搭載されていない加湿器では、水の中の雑菌も空気中に放出してしまうというデメリットもあります。

 

【ハイブリッド式(加熱気化式)】
ハイブリッド式は、水を浸したフィルターに加熱した空気を当て、水分を気化させることで加湿を行います。
水自体は温めずに空気を温める方法は、濡れたタオルをドライヤーで乾かすようなイメージです。

 

水分に雑菌が含まれる場合でも、温風の力によって雑菌をお部屋の中にまき散らすことをある程度防げます。
更に、素早くお部屋の中を加湿できるメリットも。反面、空気を温めるために電気代がかかってしまうデメリットもあります。

 

【気化式】
気化式は、水を浸したフィルターに風を当て、水分を気化させることで加湿を行います。
濡れたタオルを扇風機で乾かすようなイメージです。

 

空気を温めるヒーターがついていない分、電気代を安く抑えることができます。
たくさん加湿をするためには大量の風を当てる必要があるため、気化式加湿器は全体的に本体サイズや運転音が大きくなりがちです。

 

【自然気化式(ペーパー加湿器)】
このタイプは加湿器に水を注ぎ、その水分をペーパーが吸い上げ、自然に気化をしながら加湿をするタイプの加湿器です。
電気を一切使わないのでコンセントがないところでも手軽に加湿することができます。
他に比べて加湿力は低いですが、さまざまなデザインのペーパー加湿器が販売されているので、インテリアとして楽しむ事もできます。

 

赤ちゃん用加湿器の選び方

加湿器にはさまざまな加湿方式があり、それぞれのメリットとデメリットがあります。
お部屋の形状や過ごし方、加湿器の設置場所などに合わせて選ぶ方法もあります。

 

しかし、いざ買ってみて赤ちゃんのいる部屋で使いづらいとなっては意味がありません。
そこで、赤ちゃん用に加湿器を選ぶ場合は、どんな点に注意をしたらよいかについてご紹介します。

 

【万が一の事故の心配のないものを選ぶ】
赤ちゃんは成長するにつれ、どんどん動き回ります。
ほんの少し目を離した隙に加湿器に触れて倒してしまうことも考えられます。
そんな万が一の事故の時にも安全なように、「転倒しない形状」や「やけどをしないもの」を選ぶと良いでしょう。

 

【運転音が小さいものを選ぶ】
赤ちゃんの性格にもよりますが、少しの物音で目が覚めてしまわないようになるべく「運転音が小さいもの」を選ぶと良いでしょう。
運転音についてはそれぞれの加湿器の説明にも書かれているので、購入前にチェックするのがおすすめです。

 

【加湿器内部が清潔に保てるタイプを選ぶ】
加湿方式によっては、加湿器内部が洗いにくいものやお手入れが煩雑なものもあります。

 

特に超音波式の加湿器はこまめに洗わないと内部で雑菌が繁殖し、雑菌の含まれた水分がお部屋に放出されてしまうということもあります。
赤ちゃん用の加湿器を選ぶ際は、超音波式以外の加湿方式の加湿器を選ぶと良いでしょう。

 

赤ちゃん用におすすめはスチーム式

さまざまな種類の中でも、赤ちゃん用の加湿器としておすすめしたいのは「スチーム式」です。
高温のスチームで加湿をするので、お部屋の温度を下げずに加湿することができます。
また、加湿器内の水を沸騰させているので雑菌の繁殖の心配がなく衛生的に使える点も重要なポイントです。

 

ただし、高温のスチームによるやけどや、壁・窓にスチームが当たることでカビが発生する恐れがあるので、壁や窓から離し、赤ちゃんの手の届かない場所に設置すると良いでしょう。

 

まとめ

赤ちゃん用の加湿器を選ぶ際のポイントをおさえることで、おのずとどんな加湿器が良いかが絞れてきます。
さまざまな加湿方式の中でもダントツで衛生的な加湿器は、「スチーム式」です。
水を加熱するのでお部屋の温度を下げにくく、雑菌の繁殖・放出などの心配がありません。
ただし水を加熱するので赤ちゃんの手の届かないところに置くなどの対策は必須です。
また、加湿器を使うお部屋の大きさなどに合わせて色々な加湿方式を組み合わせるのも良いでしょう。

この記事を書いたライター

きくちまい
きくちまい

2歳と6歳の子どもを育てているライター歴3年の在宅ママライターです。 幅広いジャンルで執筆中。日本中のママへ、わかりやすくて「なるほど!」な情報をお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php