https://babys-care.net/life/

サイズアウトした赤ちゃんの服の活用法

サイズアウトした赤ちゃんの服の活用法


赤ちゃんの服はサイズアウトが早い!

赤ちゃんはあっという間に大きくなります。
成長していく事は喜ばしい事ですが、お気に入りの服ががいつの間にかサイズアウトして着られなくなってしまうのは少し寂しいですよね。
場合によっては、1度も袖を通さないまま、サイズアウトしてしまうこともあるでしょう。

だからといって、そのまま捨ててしまうのは何だかもったいない!
赤ちゃんの服には、色んな思い入れもあるはずです。

そこで、今回は赤ちゃんの服がサイズアウトした時の活用法5つをご紹介します。
せっかく買った可愛いベビー服を、是非とも有効活用してください。

 

活用方法①フリーマーケットで売る

サイズアウトした服をリサイクルショップで売ることも1つの方法ですが、実はフリーマーケットの方が高く売ることができるのでおすすめです。
一般的にリサイクルショップでは有名ブランドの服でないと買い取ってくれないことが多いため、売ること自体が難しい服もあります。

 

お店によっては、重さによって買取価格を設定しているところもありますが、かなり少額での取引となりますので、せっかく持って行っても二束三文という結果に終わることもあるでしょう。
ママとしてはお気に入りだったベビー服が、そのような取り扱いになってしまうのは少し残念な気持ちですよね。

 

一方フリーマーケットの場合は、1着1着が商品になる為、しっかり選んで買って貰う事ができます。
見に来てくれたママとの交流もできて、次に使う人の顔が見られるのも喜びの1つでしょう。

 

フリーマーケットイベントに参加する時間がないママには、「フリマアプリ」がおすすめです。
スマートフォンやパソコンから簡単に出品できる為、育児で忙しい合間に取引が可能です。

 

ブランドもののベビー服であれば、リサイクルショップに売るよりも高値で取引することもできるでしょう。ちょっとしたお小遣い稼ぎになりそうですね。
このようなアプリを使っての取引は、実店舗と異なり、購入者が実物を手にとって見ることができないため、できるだけ売る商品のサイズや色柄、ダメージ具合などを詳細に記してあげることが重要です。
写真もより実物に近い色味になるよう、工夫して撮影しましょう。

 

活用方法②保育園に寄付

保育園では、着替えのストックが数枚置いてあるものです。
もし、近所の保育園で必要としているのであれば、不要になった赤ちゃんの服を寄付するのも良いでしょう。
実際に必要としているかは、事前に園に問い合わせてみると良いかもしれません。

 

活用方法③友人・知人にあげる

着られなくなったサイズの服は、近所に住む赤ちゃんや友人・知人・親せきの赤ちゃんに譲るのも1つの方法です。

 

ご近所づきあいが縁遠くなっている現代ですが、近所にいる赤ちゃんが着てくれれば、道端でばったり会った時に、思い出の服に再会できるかもしれません。
思い出の服に袖を通してくれる赤ちゃんがいてくれるのはママにとってもとても嬉しい事ですよね。

 

このようにお下がりを譲る場合は、1つ1つ服を見て、汚れやダメージがないかをチェックしましょう。
貰った相手が喜んでくれるよう、比較的、きれいな服を選んで譲るようにしてください。

 

活用方法④下の子の為に一時保管

2人目、3人目の予定のあるママなら、下の子の為に保管しておくのも良いでしょう。
同性の赤ちゃんが生まれた場合、お下がりとして着せることができますよ。

 

ただし、保管時はカビが生えたり虫に食われたりしないよう、保管の仕方に気を付けましょう。
着用した服は、必ず1度洗濯した後にしっかりと干して、湿気やカビが生えない様に注意します。
省スペースで保管したい場合は、圧縮袋に入れて1着ずつ保管しておくと良いでしょう。
その際、開封せずともサイズが分かるよう整理しておくのがおすすめです。

 

定期的に干すなどすれば、良い状態のまま保存できるので、お下がりとして下の子に着せることができます。
上の子にとっても、お下がりを自分の妹や弟が着てくれるというのは嬉しいと思いますよ。

 

活用方法⑤リメイクする

最近のママに多い活用方法がリメイクです。
赤ちゃん服の生地を使ってぬいぐるみを作ったり、着せ替え人形やぬいぐるみの服に作り直したりします。
お気に入りの赤ちゃん服の生地だけを切りとってパッチワークをするのも良いですね。
額に入れて飾っておけば、立派なアートになります。

 

このように、リメイクした作品をフリーマーケットで売っているママもいる為、手先が器用な場合は思い出の服をフル活用して人の役に立てる事もできます。
リメイクは可能性が無限にある為、裁縫が得意なママは、是非挑戦してみてくださいね。

 

まとめ

赤ちゃんの成長は本当にあっという間です。
ワンシーズンしか着られなかったという服も多い事と思います。
だからと言ってあまり大きめの服を赤ちゃんい着させてしまうと、成長の妨げになってしまうため、ある程度体のサイズに合った服を用意してあげなければいけません。

 

サイズアウトしてしまった服は、今回ご紹介したような様々な活用法を参考にして、もう一度使えるようにしてあげましょう。
アイデア次第でいかようにも生まれ変われます。
思い出の品として手元に残すならリメイク、循環させるならフリーマーケットや寄付を通して有効活用させましょう!

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php