https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの肌を育てるワセリンの使い方

赤ちゃんの肌を育てるワセリンの使い方

ベビーワセリンは赤ちゃんにもおすすめ

赤ちゃんの肌はきめ細やかでスベスベ。でも皮膚はとても薄くてデリケートなので、かさつく季節にはあっという間に乾燥肌に。
肌トラブルを防ぐためには保湿が重要となってくるのですが、中でもワセリンは赤ちゃんにも使えてオススメです。

 

ワセリンとは、原油を高純度に精製し、不純物を取り除いたもの。
原油が原料と聞くと「ワセリンって赤ちゃんにも使えるの?」と心配になるかもしれませんが、赤ちゃんに使えるタイプのワセリンは保存料も添加物も一切なく、低刺激です。
後ほどご紹介しますが、ワセリンの中には赤ちゃんが使える種類があり、名前自体もベビーワセリンと呼ばれた赤ちゃん用に特化した製品もあるのです。

 

・赤ちゃんのワセリンの使い方
・赤ちゃんに使うワセリンの選び方

 

などを確認していきましょう。

 

ワセリンを赤ちゃんに使うのはいつ?

ワセリンは赤ちゃんに、以下のような目的で使えます。

 

【全身の保湿と保護】
かさつきがちな赤ちゃんの保湿に使えます。全身はもちろん、舐めても安心な成分なので、お顔周りにも使えます。
ベビーローションは肌に水分を足して保湿しますが、ワセリンは赤ちゃんの肌に膜を張り、肌の水分が失われるのを防いで保湿します。

 

そのため、肌を保護する目的も含まれます。ワセリンで肌を被うことで、水分の蒸発を防いでくれるだけでなく、外からの刺激からも守ってくれるのです。
肌にベビーローションの成分をしっかり届け、ふたをする目的でワセリンを薄く重ね塗りするという使い方もおすすめです。

 

【口周りのかぶれ予防】
離乳食でお口周りがかぶれる赤ちゃんには、食事前に口周りに塗ってあげると保護してくれますよ。
また、よだれでかぶれてしまう赤ちゃんにもこの方法はおすすめです。一日何度も口の周りに塗ってあげると良いですよ。

 

【おむつかぶれの予防】
赤ちゃんのお腹がゆるくなると、お尻がかぶれてしまうことってありますよね。
それに何度もお尻を拭くことになるので、お尻拭きの刺激がかぶれの原因になってしまうことも。
そうなる前の予防として、ワセリンで保護してあげるのが効果的。
ただし、すでにかぶれてしまっている場合は医者に診てもらいましょう。

 

【日焼けケア】
赤ちゃんのうちはなるべく日焼けはさせないようにしたいですが、万が一日焼けをしてしまった時のケアとしてもワセリンが使えます。

 

赤ちゃんのワセリンの使い方

赤ちゃんにワセリンを使う時は、まずは塗りたいところを清潔な状態にします。

 

【全身に使いたい場合】
お風呂あがりに塗ってあげるのがいいでしょう。
肌から水分が蒸発して乾燥していくので、それを防いで保湿する目的で塗ってあげます。
1日1回で大丈夫ですが、特に乾燥している場合は2回塗ってあげてもいいでしょう。(2回目以降は、特にシャワーを浴びる必要はありません。)

 

【口周りに使いたい場合】
ワセリンを塗る前に、濡れたガーゼで優しく口周りを拭いてあげ、少しテカテカするくらいワセリンを塗ってあげます。
食事をする場合、食後にもう一度汚れと一緒にガーゼでふき取りするか、水洗いをして、今度は薄めにワセリンで保湿してあげてください。

 

【お尻に塗る場合】
シャワーで優しく洗い流してあげるか、お尻拭きで拭いてあげてからワセリンを塗ってあげましょう。

 

赤ちゃんに使うワセリンの選び方

ワセリンにはいくつか種類があり、純度によって異なります。
赤ちゃんに使うワセリンは、以下のポイントに気を付けて選んでみてください。

 

【ワセリンの種類】
赤ちゃんに使えるのは以下の3種類。
白色ワセリン…純度の高いワセリン。市販で安く買えます。
プロぺト…さらに純度が高いワセリンで、病院で処方されることも。
サンホワイト…プロぺトの純度をさらに上げたもので、肌が弱い赤ちゃんにも使えます。保険適応外で高額です。
※他にも黄色ワセリンがありますが、純度が一番低いため、赤ちゃんには刺激になることもあります。

 

【使いきれる量】
ワセリンは意外と伸びが良く、付け過ぎるとべとつくため、少量ずつ使います。
全身など使う部位が多い、大人も使うならいいのですが、赤ちゃんにのみ少量使っていくのなら、使い切れる量だけ買いたいですね。
また、少量だけの商品なら、持ち運びにも便利です。

 

【チューブ型がおすすめ】
指ですくってつかうボトル型より、チューブで少量ずつ出して使える方が衛生的。ベビーワセリンという商品名の多くはチューブ型です。

 

【迷ったらベビーワセリンを】
どれを購入するか迷ったら、ベビーワセリンと商品名が付いているものを選んでも。
赤ちゃんに使える白ワセリンで、使いやすい量となっています。

 

ベビーワセリンを活用しよう

原油から精製され作りがシンプルなワセリンですが、赤ちゃんの肌の保湿だけではなく保護する目的としても万能です。
また、ベビーローションやクリームと比べても値段も安く、毎日続けやすいというのも魅力の1つ。
肌の治療の目的でも、赤ちゃんにワセリンが処方されることもあり、安心して使えます。

 

スキンケアをしっかり行うことで、赤ちゃんの肌の土台をしっかり作ってあげたいですね。
そのためにもぜひ、ワセリンを活用してみてください。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php