https://babys-care.net/life/

赤ちゃんへトッポンチーノを手作りしよう

赤ちゃんへトッポンチーノを手作りしよう

手作りできるトッポンチーノ

トッポンチーノとは、赤ちゃん用の小さなお布団のことで、寝かしつけやすいとか、赤ちゃんが落ち着くとか、ママたちの間で人気になっているアイテムです。
このトッポンチーノは、ママが手作りできるって知っていましたか?
妊娠中に赤ちゃんのためを思いながら手作りするママも多いようです。
そんな手作りトッポンチーノは、大切に清潔に長く使いたいですよね。
そこで今回は、トッポンチーノの作り方と洗濯方法をご紹介します。

 

トッポンチーノの手作りの仕方

トッポンチーノは、生まれたばかりの時期から生後3〜4ヶ月頃まで使うため、ミルクの吐き戻しなどで、とても汚れやすいものです。洗い替えのために外カバーを2枚用意することをおすすめします。

 

【1.サイズを決める】
意外に難しいのがサイズ決めです。大きすぎると使いにくく、小さすぎればすぐにサイズアウトしてしまいます。
生まれる赤ちゃんの大きさもそれぞれですが、市販のトッポンチーノのサイズである縦65〜70cm×幅40〜45cmを目安に作ってみましょう。
また、クーファンを購入している場合は、そのサイズに合わせると良いでしょう。

 

【2.材料をそろえる】
基本的な材料は、型紙・生地・中綿の3つです。

 

型紙
型紙は、完成サイズに合わせて自作しても良いですが、インターネットでも無料で手に入ります。

 

中綿・・・300g
シート状になった布団綿が、厚みを調節しやすく詰めやすいためおすすめです。オーガニックコットンの綿を選ぶ方が、赤ちゃんに安心でしょう。

 

生地
中カバー用・・・巾90㎝×70cm
外カバー用・・・巾90㎝×90㎝
外カバーは直接赤ちゃんの繊細な肌に触れるところなので、肌触りの優しいオーガニックコットンのダブルガーゼなどが良いでしょう。
布団を包む中カバーと外カバーの2枚作ると外カバーだけ洗濯でき、便利で衛生的ですし、ママのにおいも取れないためおすすめです。
フリルを付けたい場合は、レースなどを用意しましょう。

 

【3.裁断】
型紙に沿って、中カバー用・外カバー用の生地を裁断します。
裁縫に慣れているママは、完成サイズ+2cmに縦横をカットし、「わ」で角を丸く裁断すれば、布目がずれずに良いですよ。

 

【4.トッポンチーノの中カバーを作る】
中カバーは、綿を詰める口として縦の1方を空けて縫います。生地を中表にして入口以外の3方を縫い、終わったら返します。

 

【5.トッポンチーノの中綿を作る】
詰めた時に遊びがなく程よい厚みにするため、シート状の中綿を広げ、完成サイズより5cm大きめになるよう折り畳み、角や端を6ヶ所ほど軽く縫い止めし、綿が偏らないようにします。
縦横3つに折り、厚みを調整しながらサイズが足りないところは引っ張って伸ばせば合わせやすいです。

 

【6.中綿を詰めヌード布団を作る】
中綿を中カバーの入り口から入れて詰め、入り口を縫い閉じます。綿がよらないよう中カバーの上から9ヶ所ほど縫い止めします。

 

【7.外カバー作って完成!】
裏生地は、布団の取り出し口を作るため2枚に分かれていますから、表生地と3枚中表にして合わせ縫っていきます。
フリルやレースを付ける場合は、中表にした生地の間に挟むようして縫いましょう。
頭の方にレースや「耳」を付けると、使うときに上下がわかり便利ですよ。
ヌード布団を外カバーの取り出し口から入れれば、トッポンチーノの完成です!

 

通販でキットを購入もおすすめ

材料を購入する暇がない、裁縫が苦手というママには、通販でキットを購入するという手があります。
インターネットで探せば、気に入るかわいい生地のキットが手に入るでしょう。
通販で購入する時も、材料はすべてオーガニックコットンのものを選ぶことをおすすめします。

 

トッポンチーノは清潔に!

赤ちゃんが触れたり、なめたりするトッポンチーノ。吐き戻しやよだれなどで汚しやすい時期に使用しますが、赤ちゃんのためにも清潔さにはこだわりたいですよね。
そこで、赤ちゃんがいつでもきれいに使うためのコツを2つご紹介します。

 

【①洗濯】
中の布団綿は洗うことができず、洗うと乾かずにカビが発生することもありますので、外カバーだけ洗うのがおすすめです。
汚れたらすぐに外カバーを外して洗うか、濡れタオルなどでたたいて汚れを落しましょう。外カバーを2つ作っておくと、洗濯しても替えが使えて便利ですね。
中綿まで汚れた場合は、交換するか布団専用のクリーニングになります。
汚れが気になりどうしても丸洗いしたいママは、ポリエステル100%の綿で作るようにしましょう。

 

【②天日干し】
洗濯を頻繁にできない分、天気の良い日は外に天日干しをしましょう。紫外線による殺菌効果もありますし、綿がふんわりして赤ちゃんも気持ちよく使えるようになるでしょう。

 

まとめ

トッポンチーノの作り方と洗濯方法をご紹介しました。
手作りすればママのにおいがトッポンチーノにいっぱい移ります。そんなトッポンチーノに寝かせれば、赤ちゃんはママのにおいとぬくもりに包まれているように感じ、安心できるでしょう。
素敵な思い出になる、世界に1つのトッポンチーノを作ってみてください。

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php