https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんに枕は必要?使用はいつから?

赤ちゃんに枕は必要?使用はいつから

赤ちゃんに枕は必要?

枕は本来、安眠を助けるために使用するものです。睡眠時の姿勢を正して、良質な睡眠がとれるようにサポートするために枕を使います。
ですが、赤ちゃんにも枕は必要でしょうか。実は、結論としては小さな赤ちゃんには枕が必要ない場合がほとんどです

 

赤ちゃんはいくつになったら、枕をしたら良いの?どんな時に必要でいくつくらいから使えば良いのか、どんな枕がおすすめ?
気になる疑問の答えをまとめてお伝えしていきます。

新生児に枕は必要?必要ない?

先ほども述べましたが、基本的に新生児は、枕をする必要がないと言われています。
大人の背骨はアルファベットのSのような形で、枕はこの姿勢を支える役割があるとされます。
それに対して新生児の背骨はC字型の形です。ママのお腹の中で育ったので、丸い背骨になっているのです。
そのため新生児の場合は、枕で支える役割が必要ないのですね。

 

新生児のときは、枕でまっすぐに寝るよりも、ママのお腹にいたときのような姿勢が落ち着くと言われます。
丸く横向きに寝かしてあげるか、クッションなどを使い体が自然と丸まるような状態で寝かせてあげるとよく眠れるそうです
ただし、うつ伏せにはならないように、気をつけてあげてくださいね

 

【枕は背骨がS字型になってからがおすすめ!】
では、赤ちゃんは、いつから枕を使うと良いのでしょうか。個人差はありますが、1歳くらいがおすすめです。1歳くらいになると背骨が大人と同じようなS字カーブを描くように反ってくるからです。

 

赤ちゃんは3ヶ月ほどで首がすわり、6ヶ月くらいになるとおすわりができるようになるほど腰がしっかりしてきます。
はいはいやつたい歩きをするようになると、背骨が反ってS字型に近づいてくるのです。
枕は、背骨がS字型に沿って頭が背骨より後ろにくるくらい首が反ってから使うと良いでしょう

赤ちゃんが枕を使うのはどんなとき?

小さな赤ちゃんは基本的に枕は必要ないとお伝えしましたが、特別な目的がある場合は、枕を使った方が良いときもあります。具体的にみていきましょう。

 

【赤ちゃんの吐き戻しを防止したい】
赤ちゃんが母乳やミルクを飲んですぐに寝ると、吐き戻してしまうことがあります。赤ちゃんの胃はまだ小さくて消化も遅く、食道とつながった境目も未熟なため、胃の中のミルクが食道に逆流しやすいからです。

 

そんな赤ちゃんには、枕を利用して傾斜を作ると、頭が高く、胃の方が低くなるので、逆流を防ぐために一役買ってくれます。
吐き戻しが多い赤ちゃんには、枕で傾斜を作るという方法も試してみてください

 

【赤ちゃんが枕で寝るのが好き】
まだ背骨の反りが少ない赤ちゃんに枕をする時は、枕の高さが必要ないため、やわらかく肌触りの良いタオルを折り曲げて枕にしてあげると良いです。
赤ちゃんの中には、枕があった方が熟睡するという枕が好きな赤ちゃんもいます。そんな赤ちゃんには、タオル枕が向いています

 

また、赤ちゃんが成長すると、背骨に反りが出てくるため、枕の高さを調節しなければならなくなります。タオル枕なら折る回数や使う枚数などで、簡単に高さ調節ができます。

 

赤ちゃん用のタオル枕を用意するなら、肌触りが良いオーガニックコットンなどの肌にやさしい素材のタオルがおすすめですよ。ただし、動き回れるようになってきたときに、赤ちゃんがタオルを手でめくってしまったり、体勢を変えたはずみでタオルが顔にかかってしまうこともありえます。タオルで窒息しないように気をつけて見守ってあげるようにしましょう

赤ちゃんの枕を選ぶとき気をつける事

赤ちゃんの枕は、よだれや汗、吐き戻しなどで汚れやすいため、洗えていつも清潔に使える枕でないといけません。洗濯機で簡単に、水洗いや丸洗いができる枕を選ぶようにしましょう

 

また、頭や顔など赤ちゃんの敏感な肌に直接触れるため、天然コットンやオーガニックコットンなどの素材でできた枕を選ぶと良いでしょう。肌触りが良いだけでなく、赤ちゃんの肌に優しく刺激が少ないので長い時間使うことからも安心です。

 

あまりふかふかの枕にすると、寝返りでうつ伏せになったときなどに、窒息事故の原因や乳幼児突然死症候群のリスクを高めてしまいますので、注意しましょう。 枕を使用するときは、必ず目が届く日中だけにとどめ、夜間やママが寝てしまって目が届かなくなる可能性があるときは、使用を控えるようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんには枕をした方が良いのか、どんな時に必要でいくつくらいから使えば良いのかから、どんな枕が赤ちゃんに良いかまでをご紹介しました。
安眠を助けたり、睡眠時の姿勢を正すサポートとしての枕は、赤ちゃんの背骨がS字型になる1歳頃になるまで必要ありません。ですから、基本的には新生児の背骨を考えた時に枕を無理に使う必要はありません。

 

ですが、吐き戻しを防いだり、赤ちゃんが枕で寝るのが好きな場合は、タオル枕をおすすめします
また、枕を使う時は、窒息事故や乳幼児突然死症候群などにも注意して使ってくださいね

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php