https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの成長に合わせた枕選び

赤ちゃんの成長に枕は必要? 

1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃん。

赤ちゃんにはどんな寝具を選べば良いのでしょうか。

特に、赤ちゃんに枕が必要なのか悩まれる方も多いかもしれません。

 

枕は大人の場合、正しい寝姿勢を保つためという役割があります。

ただし、赤ちゃんは大人とは背骨の形が違うため、寝姿勢を保つという役割で枕を使用することはありません。

 

赤ちゃんの場合は窒息の原因になるので、吐き戻しが多い時や咳がひどい時のみ、傾斜のものを使用するのが良いでしょう。

今回は、その際に使用する枕についてご紹介いたします。

 

赤ちゃん用の枕の違い

赤ちゃん用の枕の形には、ドーナツ・くぼみ型と傾斜型の主に2種類あります。

それぞれの特徴について解説いたします。

 

【ドーナツ・くぼみ型の枕】

赤ちゃん用の枕のうちの一つは、丸くて真ん中が丸く凹んでいるドーナツ・くぼみ型があります。

赤ちゃん用のベッドや布団のセットにも付属されているので、形も可愛くてなんとなく使われている方も多いかもしれません。

また、頭の形を整えるために使われている方もいるかもしれませんね。

赤ちゃんが動いて転がらないように、という目的も考えられるかもしれません。

ですが、枕だけで頭の形を整えることは難しいのと、窒息というリスクを考えたら無理をして使用する必要はありません。

 

【傾斜型の枕】

赤ちゃん用の枕のもう一つの種類に、傾斜型の枕があります。

傾斜型の枕の目的は、赤ちゃんの吐き戻し防止です。

赤ちゃんは首が据わるまで、よく吐き戻しをします。

胃がまっすぐなので逆流しやすい形になっていることが原因です。

授乳後にすぐ寝かせると、吐き戻して喉が詰まってしまうのではないかと心配になる方もいるのではないでしょうか。

成長するにつれて吐き戻しは減りますが、心配な場合は傾斜型の枕を使用するのが良いでしょう。

 

傾斜型の枕にはゆるやかな傾斜があり、上体を少し起こした姿勢で眠ることができます。

それにより、胃からミルクが上がってくるのを防いでくれます。

使用する際のポイントは、頭だけを乗せるのではなく背中から乗せるようにします。

新生児から使えるものもありますので、検討してみてはいかがでしょう。

 

赤ちゃんの枕はいつからいつまで?

赤ちゃんの枕は就寝用というよりも、吐き戻しを防いだり咳がひどい時に症状を和らげるために使用します。

そのため、もう心配いらないのでは?という時期がきたら枕の切り替えを検討しても良いでしょう。

では、どのようなタイミングで切り替えたら良いのでしょうか。

 

【ドーナツ・くぼみ型の枕】

赤ちゃんの頃は基本的には枕が必要ではない場合がほとんどですが、ドーナツ・くぼみ型は寝ているときに頭が安定するため使っている方もいるでしょう。

ただし、ドーナツ・くぼみ型の枕はすっぽりと頭を包む形状のため寝返りを打ちにくくなり、窒息につながるというリスクも考えられます。

安全面を考えると、赤ちゃんが寝返りをし始めたら、できるだけ早く他の枕に切り替える方が良いでしょう。

 

【傾斜型の枕】

傾斜型の枕は赤ちゃんの吐き戻し防止に使用するため、首が据わる生後3ヶ月頃になれば必要ないと考える方もいるかもしれません。

傾斜型の枕の場合は吐き戻し以外にも、上体を少し起こした姿勢になるため鼻づまりを防ぐのにも効果が期待できます。

新生児の頃だけではなく、長く使いたい場合は1歳前後まで使えるものを検討するのも良いでしょう。

 

【就寝用の枕】

赤ちゃん用の枕は先述した目的以外では、使用することはありません。

大人と同じように、就寝用の枕として選ぶのは3歳以降がほとんどです。

それまでは赤ちゃん用の枕にするか、使用しないという選択肢もあります。

赤ちゃんにはあまり長い期間、枕が必要ないからといって、添い寝の際に大人と同じ枕を使用するのは危険です。

枕を選ぶ際は、必ず赤ちゃん用で安全性が謳ってあるものにしましょう。

 

赤ちゃんの枕を選ぶ際の注意点

赤ちゃんの枕を選ぶ際、どのようなことに注意したら良いのでしょうか。

 

【柔らかさ】

赤ちゃんが寝ている時のリスクとして、SIDS(乳幼児突然死症候群)や窒息死が考えられます。

柔らかい寝具を使っていると、これらのリスクが高まるとされています。

 

特に、寝返りをし始める頃は、寝返りをした後に自分で戻ることができません。

寝返りをして枕に顔が埋もれてしまうと、大変危険です。

赤ちゃんの死亡原因の大半が窒息死とも言われていますので、ある程度硬さのある枕を選ぶなど、購入する際は注意しましょう。

 

【素材】

赤ちゃんは大人よりも汗をかくので、枕も頻繁に洗濯をして清潔にしておく必要があります。

枕そのものを丸洗いできるものもありますし、直接肌に触れるカバー選びにも気をつけたいですね。

カバーの素材には、ガーゼやパイル生地など、通気性がよく肌さわりが良いものがおすすめです。

 

まとめ

寝ている時間の長い赤ちゃんには、どのような寝具が良いのか悩みますよね。

その中でも枕は特に、成長によって適切なものを選ぶ必要があります。

赤ちゃんに適していない枕だと、SIDSや窒息するリスクがあることも頭に入れておきましょう。

大人が使うようなふかふかの柔らかい枕は避けて、目的と成長に合わせた枕を選びましょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php