https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの手足が冷たい時の原因とは?

赤ちゃんの手足が冷たいのは大丈夫?

赤ちゃんの手足を触ると、冷たくて驚いた経験のあるママは多いのではないでしょうか。
特に冬場は、氷のように冷たいこともあり、「すぐに温めなければ」と焦ってしまうこともあると思います。

 

しかし、赤ちゃんの手足が冷たいのは、非常によくあることで、健康上は全く問題ありません。
では、なぜ赤ちゃんの手足が冷たくなるのでしょうか。その原因や、対処法などについてご紹介しましょう。

 

赤ちゃんの手足が冷たい原因

赤ちゃんの手足が冷たい原因は、寒さのせいだと思っているママも多いと思います。
しかし、一般的には赤ちゃんの手足が冷たいのは正常なこと。
以下でその理由についてご紹介します。

 

【赤ちゃんは手足で体温調節をしているから】
赤ちゃんは、大人と比べて体温調節機能が未熟というのは聞いたことのあるママも多いと思います。
「体温調節機能が未熟」というのは、体の熱を逃したり、保持したりするのが苦手ということ。

 

その赤ちゃんの体温調節機能の役割を担うのが、手足です。
赤ちゃんが寒い時は、手足の血管を収縮させることで熱が逃げていかないようにしています。
また暑い時はその逆で、体の熱を放出する役割も持っているのです。

 

そのため、赤ちゃんの手足は冷たくなることが多く、これらは自然なことなんですよ。
 

 

【赤ちゃんは皮下脂肪が少ないから】
赤ちゃんは、私たち大人よりも皮下脂肪が少なく、周りの温度の影響を受けやすいです。
そのため、冬場など周りの気温が低いと、すぐに手足もひんやりとしてしまいます。

 

一方で熱もこもりやすく、洋服を着させ過ぎていたり、長時間抱っこ紐の中に入っていたりすると、驚くほど体や手足が熱くなってしまうこともあります。

 

赤ちゃんの風邪予防対策に10のヒント

 

赤ちゃんの手足が冷たい時の対処法は?

赤ちゃんの手足が冷たいのは問題ないとは分かりつつ、やはりママとしては気になってしまいますよね。
赤ちゃんの手足が冷たい時の対処法はどうすればいいのか、見ていきましょう。

 

【靴下やミトンは必要?】
赤ちゃんの手足が冷えている場合、靴下やミトンをつけてあげたくなるママは多いかもしれません。
しかし、結論から言うと、靴下やミトンは赤ちゃんには室内では不要です。

 

先述したように、赤ちゃんの手足は体温調節機能の役割を果たしています。
そのため、靴下やミトンで覆ってしまうと、体の熱を外へしっかりと逃がすことができません。
すると結果として赤ちゃんの体内に熱がこもってしまい、赤ちゃんが不快と感じてしまいます。

 

たとえ冬場だとしても、しっかりと暖房の効いている室内であれば、靴下やミトンは不要です。
常に靴下を履かせていると、赤ちゃんの体温調節機能そのものがうまく発達しなくなる原因ともなるので注意しましょう。

 

一方で、冬場の屋外などでは赤ちゃんも裸足では寒い思いをしてしまいます。
外へ出る場合は、靴下を履かせてあげたり、足つきのカバーオールで対応してあげると良いでしょう。

 

 

【重ね着は必要?】
赤ちゃんの手足が冷えている場合、「温めてあげなければ」と思い、重ね着をさせるママもいるかもしれません。
しかし、先述したように、お腹や背中が冷えていなければ、赤ちゃんを温める必要はありません。

 

赤ちゃんは、大人以上に暑がりで汗っかきです。
特に生後3ヶ月以上の赤ちゃんは、「大人よりも1枚少なく」というくらいがちょうどよいと言われています。

 

着せすぎは、赤ちゃんが暑い思いをするだけでなく、汗をかいてあせもや汗冷えを起こしてしまうこともありますし、汗のかき過ぎで脱水症を引き起こすこともあります。

また、SIDS(乳幼児突然死症候群)につながる危険性もあるので注意しましょう。

 

寒さが原因の冷えか?そうでないか?の見極め方

赤ちゃんの手足が冷えていることは問題ないと先述しましたが、まれに寒さによって冷えていることもあります。
では、赤ちゃんが寒さによって冷えているのか、それとも体温調節をするために冷やしているのかを見極めるためにはどうしたらいいでしょうか。

 

赤ちゃんの手足が冷えていて、「寒いのでは?」と心配になった場合は、一度赤ちゃんのお腹や背中を触ってみてください。
お腹や背中が温かい場合は、赤ちゃんは寒さを感じていないので心配ありません。

しかし、お腹や背中が冷たい場合は、赤ちゃんが寒さを感じている証拠なので、室温や、着ているものを見直して、快適な環境を作ってあげましょう。

室温や湿度については、こまめにチェックできるように、赤ちゃんが過ごすお部屋に温湿度計を設置すると安心ですよ。

 

また、機嫌がよくニコニコとしていたり、活気があっておしゃべりをしていたり、食欲があり元気な場合はまず問題ありません。

手足が冷たくてなんとなく機嫌が悪かったり、食欲がなくぐったりしているときは、熱が出始める前兆の時があります。その場合は注意深くこまめに様子を見てあげるようにしましょう。

 

まとめ

冬場の冷えた赤ちゃんの手足に初めて触るママは、驚いてしまうかもしれません。
特にママ自身が寒がりであったり冷え性であったりすると、思わず「すぐに温めなければ」と思ってしまいますよね。

 

しかし、赤ちゃんの手足の役割を理解すると、元気な赤ちゃんの場合「冷えていても心配は無用だ」ということが分かると思います。

赤ちゃんの手足が冷えていたら、「今は体温を調節しているんだな」と思い、その様子を見守ってあげましょう。

 

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php