https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの体重のおすすめの測り方

赤ちゃんの体重の測り方


赤ちゃんの体重を日々チェックしよう!

赤ちゃんは生まれてから1年間の間で身長も体重もめまぐるしく成長します。個人差は大きいですが、大体3,000gほどで誕生した赤ちゃんは、3か月後には倍の6,000gほどの大きさまで成長します。
その間に順調に体重が増えていくか、きちんと母乳を飲めているかをチェックするために、赤ちゃんの体重を測ってチェックすることでママも安心できます。目に見えない成長を、数値で知ることができるのは安心ですよね。
赤ちゃんの成長具合や体調のバロメーターとして体重を測ってチェックしていきたいと考えているママに、赤ちゃんの体重の測り方や必要なもの、注意点などについてご紹介します。

 

赤ちゃんの体重を測るために必要なもの

赤ちゃんの体重を測るために必要なものは、赤ちゃん用の体重計(ベビースケール)ですが、「ざっくりとでいいから体重が測れればいい」というママに関しては、赤ちゃん用の体重計でなくても問題はありません。
生まれてから「数か月間だけ使いたい!」ということであれば、レンタルを利用するという方法もあります。

 

週に1回、月に1回程度測りたいという場合は、赤ちゃん用品店やショッピングモールなどのベビーコーナーに置いてある体重計や小児科で検診や自治体の検診のタイミングで赤ちゃんの体重をチェックをすることができます。

 

そしてさらに、赤ちゃんの体重を記録をするためのものがあると良いでしょう。
育児日誌をつけている場合は育児日記の体重を記入する欄に書いてもよいですし、母子手帳に掲載されている「発育曲線(成長曲線)に記入しながら発達度合いをチェックしていくこともできます。

 

赤ちゃんの体重の測り方のポイント

赤ちゃんの体重を測るときは、赤ちゃんが落ちてしまわないよう固くて平らな安定している場所に体重計を置きます。
赤ちゃん用の体重計には、バスケットやトレーがついているものが多いので、赤ちゃんが固くて嫌な思いをしないよう、タオルや布を敷いてあげます。
その上にあおむけの状態で赤ちゃんをそっと寝かせ、体重を測ります。

 

上記のように、体重の測り方の基本を踏まえたうえで、大切なポイントをチェックしていきましょう。

 

【できるだけ同じ時間帯に測る】
赤ちゃんはお腹がいっぱいの時、汗をかいた時、お風呂に入った時などでも体重が変化します。
目的に合わせた体重の測り方をするのが一番良いですが、成長度合いを知るために測るのであれば、できるだけ毎日同じ時間帯で測るようにしましょう。

 

母乳の飲み具合をチェックする目的で体重を測る場合は、母乳を飲む前に肌着の状態で体重を測り、飲ませ終わってから同じ服装でもう一度測るとより正確に測ることができます。

 

【おむつを取ってから測る】
赤ちゃんの体重を測るとき、月齢が小さくなるほどおむつが濡れている時と濡れていない時では数字の差が大きく出ます。
基本的には「体重を測るときはおむつを変えてから測る」など自分でルールを決めて測ることでより正確な体重の推移を知ることができます。

 

赤ちゃんの体重を測るときの注意点

赤ちゃんの体重を測ることでわかることもたくさんありますが、注意しなくてはならないポイントもあります。
体重を測るうえで注意したいことをしっかりチェックしましょう。

 

【測ることに気負い過ぎない】
赤ちゃんが誕生してから産院で毎日体重を測っていた延長で、「自宅でも毎日体重をチェックしたい!」というママもたくさんいます。
毎日赤ちゃんの体重を測りながらスキンシップを取るのもよいですが、「毎日測る」ことを気負い過ぎてしまっては意味がありません。
赤ちゃんは日によってご機嫌が変わります。
またママの温かい腕の中から急に固い体重計に乗せられてびっくりして泣いてしまう赤ちゃんもいます。
そのようなときは「また後でにしようね」「また明日にしようね」とママと赤ちゃんのタイミングに合わせながら測ると良いでしょう。

 

【体重を測りすぎない・気にしすぎない】
赤ちゃんの体重が気にするあまり、1日に何度も体重を測ってしまいたくなります。
どのぐらい母乳が飲めているかをチェックする以外ではあまり測りすぎないようにすると良いでしょう。
赤ちゃんの体調や季節によっても体重の増え方、減り方が変わりますので、あまり気にし過ぎるのはママの精神衛生上よくありません。

 

特に体重が小さめで生まれた赤ちゃんの場合、体重の変化が気になってしまいますが、神経質になりすぎないように赤ちゃんとの生活を楽しみましょう。

 

まとめ

小さい赤ちゃんも毎日母乳やミルクを飲みながら成長しています。
体重の増加具合を知ることで、「しっかり飲めているか」、「月齢相応に体重が増えているか」といった成長具合を把握することができます。
毎日赤ちゃんをお世話しながら赤ちゃんの成長を実感できることで、より赤ちゃんとの生活も楽しめますので、定期的に体重を測ってあげると良いでしょう。
ただし、赤ちゃんそれぞれ成長度合いに違いがありますので、「なかなか月齢相応の体重まで増えない」と悩みすぎるのはママにとってもよくありませんので、あまり神経質になりすぎないよう、育児を楽しめるようにしましょう。

この記事を書いたライター

きくちまい
きくちまい

2歳と6歳の子どもを育てているライター歴3年の在宅ママライターです。 幅広いジャンルで執筆中。日本中のママへ、わかりやすくて「なるほど!」な情報をお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php