https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

【夏生まれの赤ちゃん】1年間の服の着せ方

【夏生まれの赤ちゃん】1年間の服の着せ方

夏生まれ赤ちゃんの服の着せ方とは?

赤ちゃんは体温調節が上手にできないため、服を工夫して体温調節してあげる必要があります。特に夏は外気温と室内温の差が大きいため、気を付けてあげたいですね。

 

今回は、夏生まれの赤ちゃんにどんな素材のどんな服を着せればよいのか、新生児の時期から1歳のお誕生日の頃までご紹介します。お住いの地域によって、多少の気温差があると思いますので、あくまでも目安にしてみてください。

夏の服装(新生児期)

おうちの中でほとんどの時間眠って過ごします。授乳やおむつ交換は2時間おきくらいです。

 

【何を着せる?】
おうちの中では短肌着やコンビ肌着1枚で過ごしても良いでしょう。おむつ替えも頻繁なので、お着替えが楽なものがおすすめです。
カラー肌着や柄物の肌着なら、下着っぽく見えませんよ。

 

お出かけの時は肌着の上からカバーオールを着せてあげましょう
背中に汗をかきやすいので、カバーオールの中にも下着は必ず着せるようにします。
汗が引いた後の冷えや汗疹が気になる場合は、背中に汗取りパッドを入れてあげるのもおすすめです。

 

【おすすめ素材は?】
赤ちゃんの服は、綿100%素材がおすすめです。
同じ綿100%でも、織り方や生地の厚さによって肌触りや適した季節が異なります。
暑い季節は、薄手で通気性が良くサラサラしているメッシュ、ガーゼ、天竺素材のものが良いでしょう。

秋の服装(生後3~5ヶ月頃)

生後3〜5ヶ月くらいになると、徐々に昼と夜のリズムが整ってきはじめるころです。

 

【何を着せる?】
首がすわる時期なので、お散歩など外出する機会が少しずつ増えてきます。
朝夕は気温が下がることがありますが、厚手の服を着せるよりは重ね着で体温調節してあげましょう

 

基本の組み合わせは、短肌着やコンビ肌着+カバーオールです。
その他、ベストやレッグウォーマーなどがあると室内での体温調節に便利です。また、お出かけ用にはカーディガンやブルゾンなど薄手の羽織ものも用意しておきましょう。

 

【おすすめ素材は?】
綿100%素材の天竺、フライスが重ね着しやすいでしょう。

冬の服装(生後6~8ヶ月頃)

寝返りやおすわりができるようになる赤ちゃんが多く、行動範囲が広がってくる時期です。動きが活発になると、寒い冬でも温かい室内では汗ばむこともあるでしょう。
そんなところにも気を付けながら服装を選んであげてください。

 

【何を着せる?】
赤ちゃんに合わせて動きやすい服装をさせてあげましょう。
厚着をさせ過ぎていると、冬なのに汗疹ができることもあるので気を付けてください。赤ちゃんは体温が高いので、大人より1枚少ないくらいの枚数がちょうどいいと思います

 

また、腰も座り、体がしっかりしてくるので、かぶりタイプの服も着せやすくなってきます。

 

おうちの中では長袖下着+カバーオール、外出時には防寒用の上着を用意しましょう
長袖の上着を着せるのが苦手なママには、ベビーケープがおすすめ。手は袖口だけ通せばよいので、脱ぎ着しやすいですよ。

 

【おすすめ素材は?】
綿100%素材の中でも厚手のものを選びます。
オールシーズンOKのフライスやニットガーゼなどが良いでしょう。ニットガーゼは、柔らかく保温性が良いので寒い季節にぴったりな素材です。

春の服装(生後9~11ヶ月頃)

つかまり立ちやはいはいができるようになる赤ちゃんもいます。
動きの妨げにならない服装をさせることがポイントです。

 

【何を着せる?】
動きが活発になるので、パンツタイプのおむつに移行する赤ちゃんもいます。それに合わせて、服も上下別々のセパレートタイプに移行してみると良いでしょう

 

腕の動かしやすい半袖のボディシャツ+カバーオール、もしくはトレーナーや長袖Tシャツ+パンツといったコーディネートを楽しめるようになります
女の子はスカートを履かせるのもかわいいですね。

 

季節は春ですが、紫外線が強い日があります。
半袖Tシャツの上にUVカット素材の上着を重ねるなど工夫しましょう。

 

【おすすめ素材は?】
綿100%素材の天竺、フライスがおすすめです。

夏の服装(生後1歳頃)

また暑い夏がやってきました。
歩き始める赤ちゃんもいて、1日中汗をかいていることもあるでしょう。冷房のきいた室内では、お昼寝の際の寝冷えに注意してあげましょう。

 

【何を着せる?】
1歳となり、動きも活発になるので動きやすい服装がおすすめです。
吸水性・通気性に優れたガーゼ素材なら、汗をかきやすいこの時期にぴったりでしょう

 

外遊びや水遊びの機会も増えるので、薄手のUVカットカーディガンを着せたり、水着の上に長袖ラッシュガードを着せるなど紫外線対策にも気を付けましょう
赤ちゃんの皮膚は薄く繊細なため、すぐ赤くなったりすることがあります。

 

【おすすめ素材は?】
夏用素材の天竺、フライスがおすすめです。お肌に合うのであれば、吸水速乾素材の服も良いでしょう。
ガーゼ素材や柔らかめの麻素材のワンピースなども涼しいですね。

まとめ

夏生まれの赤ちゃんの1年間の服の着せ方についてご紹介しました。
最初のうちは組み合わせに悩むこともあると思います。しかし、赤ちゃんの服の基本は「重ね着」をさせることです。

 

服装で体温調節できるように、薄手のものを重ね着させることを覚えておくと良いでしょう。

この記事を書いたライター

北村 美涼
北村 美涼

関西在住、1男1女を持つワーキングママです。 産休、育休、フレックス、時短、在宅、テレワーク、といろいろな勤務体系経験済み! ハワイとたこ焼きと太陽の塔が大好き!どれも私のパワーのみなもとです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php