https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの爪切りの種類と正しい切り方

赤ちゃんの爪切りの種類と正しい切り方

赤ちゃんの爪はいつから切る?

赤ちゃんの爪は生まれてすぐからどんどん伸び始めます。
生まれた時から爪が長く生まれてくる子もいるようです。

 

そのため、赤ちゃんの爪切りは出産準備品として生まれる前から用意しておくようにしましょう
爪が長いと、顔を引っ掻いてしまうので新生児の頃からこまめに伸びていたら切ってあげましょう

 

伸びた爪の中に細菌が入ってしまうと菌が繁殖してしまう可能性があるので注意してください。
指しゃぶりを始めた時など、爪垢をなどが口に入ってしまう予防にもなります。

 

今回は、そんな赤ちゃんの爪切りの種類や、切り方をご紹介したいと思います。

爪切りの種類

赤ちゃんの爪切りには、主に3種類あります。
それぞれのタイプの良さがありますので、ママの使いやすい物を選ぶようにしましょう。
下記にそれぞれの良さと使い方をご紹介します。

 

【はさみ型】
刃先が丸くなっている小さいはさみ型の爪切りです。
新生児用の爪切りと言ったらはさみ型を知っている方が多いと思います。

 

はさみ型なら、チョキチョキと赤ちゃんの爪の形に沿って切ることができるため、柔らかい赤ちゃんの爪を切るのに向いています
特に新米ママやパパにとっては扱いやすい爪切りでしょう。
爪切りのサイズも小さいのでコンパクトに収納することができて、持ち運ぶのに便利です。出先でも気が付いた時に、こまめに切ってあげることができます。

 

【クリップ型】
はさみタイプではない、大人の爪切りと同じような形をしている赤ちゃん用の爪切りです。
安全キャップが付いているので安心して爪をパチンパチンと挟んで切ることができます

 

しかし、新生児の場合、爪が非常に柔らかいため、クリップ型で切ると二枚爪になってしまったり、切ったときに割れてしまいやすいので注意が必要です。
なるべく新生児期には使わずに、爪がしっかりとしてきた月齢から使用するようにしましょう

 

【やすり型】
爪を切らないでやすりで削って整える爪切りです。
赤ちゃんからママも使うことができます。
手動もありますが、電動の方が素早く爪を整えることができるのでおすすめです。

 

電動の物なら刃の種類を選択することができるので、新生児からママの普段のネイルケアにも使うことができます
爪を切るのが怖い方はやすりで削るタイプを選ぶと安心して赤ちゃんの爪を整えてあげることができますよ。

赤ちゃんの爪の正しい切り方

赤ちゃんの爪は生後1日でも爪が長い場合があります。
柔らかい赤ちゃんの爪でも、顔を引っ掻いてしまうと肌を傷つけてしまいますので、こまめに切ってあげるようにしましょう。

 

赤ちゃんの爪を切る目安は3~4日ですが、個人差があるので、爪の先の白い部分が見えていたら切るようにすると覚えておくといいかもしれません

 

【赤ちゃんの爪の正しい切り方】
赤ちゃんの爪の切り方のポイントは以下の通りです。

 

①爪の角は、しっかりと丸く整える
角があると、引っ掻き傷の原因になってしまいます。鋭角にならないよう、丸く整えてあげてください。

 

②1つの爪を数回に分けて切る
大人も同じですが、1枚の爪を切る時には、数回に分けて角度を変えて切ってあげるときれいに切ることができます。

 

③赤ちゃんが仰向けに寝ている状態で切る
赤ちゃんの頭を足で挟むように座って、赤ちゃんを逆さまに見下ろすような姿勢だと、普段自分の爪を切るような感覚で爪を切ることができます。

赤ちゃんの爪を切る時の注意点

赤ちゃんの爪を切ってあげる時の注意点をご紹介します。

 

【お風呂あがりに切らない】
赤ちゃんの爪は柔らかいですが、お風呂あがりは爪が温められて特に柔らかくなっています。
柔らかい時に切ると、爪切りで切れやすいので切り過ぎて深爪にしてしまうかもしれません

 

【指をしっかり固定する】
赤ちゃんが起きている時に爪を切る時は、指をしっかりと固定して爪を切ってあげましょう。
爪を切っている時に暴れてしまうとケガをしてしまうので、優しく声をかけてあげてください。
もしも、嫌がって暴れてしまうなら、無理に切るのはやめましょう。

 

【寝ているときに切る 】
起きている時は暴れてしまう可能性があるので、切るタイミングは、赤ちゃんが寝ている時がおすすめです。
じっとしているから大丈夫と思っていても、突然、手足をばたつかせたりするかもしれません。

 

特に熟睡している時が安心です。
寝ている時はリラックスしているのでとても切りやすいです。

 

【爪を切る時は白い部分を残す】
伸びて白い部分を全部切ってしまうのではなく、1ミリほど残してあげると深爪を防ぐことができます
もしも切り過ぎてしまった時は、しばらく様子をみてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんの爪はあっという間に伸びてしまいます。
赤ちゃんの爪を切ることは、赤ちゃんの肌を守ることにもつながります。赤ちゃんが自分で顔や体を傷つけてしまう前にこまめに切ってあげてくださいね。

この記事を書いたライター

西村 みどり
西村 みどり

信州在住。 3歳の娘と猫2匹と暮らしています。 フルタイムで働きながら、空いた時間でライターを勉強中。 休みの日に娘と公園に行ったりするのが楽しみです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php