https://babys-care.net/life/

ベビーバスチェアはいつから使える?

ベビーバスチェアはいつから使う?

赤ちゃんとお風呂に入る時、赤ちゃんをずっと抱っこしたままでは、ママが自分の体を洗えませんよね。

赤ちゃんの体を洗ってあげるにしても、片手だと大変。

そんな時は赤ちゃんをしばらくの間、座らせておくことのできるベビーバスチェアが役に立つかもしれません。

ママの両手が空くので、自分の体を洗うこともできますし、腕や腰などに負担をかけず、赤ちゃんのお世話も簡単になります。

普段、赤ちゃんを1人でお風呂に入れることが多いママにとっては、助かるグッズです。

 

そんなバスチェアはいつ頃から使えるのでしょうか。

今回はバスチェアがいつから使えるものなのか、またいつ頃まで使うものなのかについて紹介していきます。

ベビーのバスチェアの選び方を知ろう!

 

ベビーバスチェアはいつから使える?

ベビーバスチェアと言っても、種類や素材、メーカーなどは様々。

種類を大まかに分けると、リクライニングタイプ、チェアタイプの2種類がメジャーです。

これらのベビーバスチェアはいつ頃から使えるようになるのでしょうか。

 

【リクライニングタイプは首が据わってから】

リクライニングタイプは背もたれがしっかりとついているベビーバスチェア。

このリクライニングタイプは、生後2ヶ月~を対象年齢としているものが多いです。

生後2ヶ月をすぎ、首をしっかりと支えてあげなくても、少し据わってきたかなという頃からであれば使えるというもの。

 

背もたれは斜めにするとベッドのようになり、立てらせると椅子のようになったりと調節ができるものが多いようです。

月齢が小さい頃は寝かせて、少し大きくなってきたら椅子にして使うといいかもしれませんね。

 

 

【チェアタイプは腰が据わってから】

チェアタイプのベビーバスチェアは、腰が据わってくる生後6ヶ月以降を対象としているものです。

リクライニングタイプと比べ、背もたれは大きくないので、赤ちゃんがしっかりと座れるようになってから使います。

 

 

【首据わり前から使えるものもある】

多くのバスチェアは首が据わってきた生後2ヶ月以降に使えるものですが、中には首が据わっていなくても使えるタイプのベビーバスチェアもあります。

体がずれてチェアから落ちてしまわないよう、首や肩などを支えてくれるタイプのものですが、チェアというよりはベッドに近いものです。

 

ベビーバスチェアもタイプはいろいろあるので、対象月齢や発達の目安などを確認してから使うようにしてください。

 

ベビーバスチェアはいつまで使う?

首据わり、腰据わり以降に使えることが多いベビーバスチェアですが、いつ頃まで使えるのでしょうか。

 

【2歳くらいまでが対象】

多くのバスチェアは2歳頃までを対象としているものが多いようです。

ただし、赤ちゃんの体格によっては、それより前に座れなくなってしまうことも。

太ももなど足を入れるタイプのものは、きつそうになったら使用をやめておきましょう。

 

 

【動くようになると座ってくれないことも】

ベビーバスチェアに最初は座ってくれていたものの、赤ちゃんがずりばいやはいはい、つかまり立ちができるようになると、バスチェアから抜け出し、座ってくれないということもあります。

おもちゃがついているタイプのバスチェアも、最初は楽しく遊んでくれるかもしれませんが、飽きると嫌がることも。

冬場などはプラスティック製のベビーバスチェアだと、背中がヒヤッとし、嫌がる子もいるかもしれませんね。

2歳まで使えるからと言って、必ず2歳まで使えるとは限らないことも覚えておきましょう。

 

ベビーバスチェアは必要?

ママ1人で赤ちゃんをお風呂に入れるときには役に立つベビーバスチェアですが、動くようになると座ってくれないなどと、使える期間は短いもの。

場所を取るので、お風呂が狭くなるというデメリットもあります。

また、どうしても湿度の高い浴室内で使うものなので、カビが生えやすく、手入れが大変な面も気になります。

 

そのため、バスチェアの購入に悩む方もいるようです。

1人座りができるようになると、ベビーバスチェアがなくても浴室内にマットなどを敷いてその上に座らせておくこともできますね。

それまでは赤ちゃんの体重も軽いので、頑張って抱っこしながらお風呂を済ませ、ママは後で入り直すという方も多く、必ずしもバスチェアは必需品というわけではないようです。

 

 

【バスチェアをレンタルするという方法も】

期間限定でしか使わないものですし、赤ちゃんがちゃんと座ってくれるか心配という場合には、レンタルをしてお試ししてみるのもおすすめです。

どのような使い心地なのか、赤ちゃんが座ってくれるのかを試してみて、便利だと思ったら購入するのもいいでしょう。

 

まとめ

ベビーバスチェアは首据わり始め以降、もしくは腰据わり以降使えるものが多いです。

素材や種類などたくさんあるので、使いたいと思った時の月齢や、使い方などを考えながら選んでみてください。

また、手が離せると言っても、ずれ落ちたり、抜けだしたりすることもあるので、使用時は赤ちゃんから目を離さないことも大切です。

使用上の注意なども守り、上手にベビーバスチェアを使いながら、楽しいお風呂タイムにしてくださいね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php