https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの服はいつからセパレートにする?

赤ちゃんの服をセパレートにする時期

生まれたばかりの赤ちゃんの場合、ロンパースやカバーオールなど、上下がつながっているタイプのベビー服を着せますよね。

ところが、赤ちゃんが成長するにつれて、セパレートタイプと言って、大人が着るような上下別々の服を着せるように、赤ちゃんの服も変化していきます。

 

上下セパレートタイプだと、Tシャツとズボン、Tシャツとスカートのようにコーディネートの幅が広がるので、ますます赤ちゃんのお世話が楽しくなりますよ。

 

そこで今回は、赤ちゃんの服を上下セパレートにする時期やセパレートタイプを着せるメリットについてご紹介します。

 

赤ちゃんの服はいつからセパレートにする?

ではまず、赤ちゃんの服をいつからセパレートタイプにするのか、そのタイミングからご紹介します。

以下はあくまで一例です。

必ずしもこのようにしなければならないわけではありません。

赤ちゃんの成長を見ながら、ママがお世話しやすいタイミングで上下セパレートタイプの服を取り入れてみてください。

 

【寝返りが始まったらセパレートにする】

寝返りが始まる生後5~6ヶ月くらいから、セパレートタイプに切り替えるママもいます。

なぜかと言うと、寝返りが始まった赤ちゃんは、体をよじるような動きをするため、ロンパースだと股のスナップボタンが留めにくくなってしまうからです。

セパレートタイプであれば、ボタンがないので、着替えが楽だと感じるかもしれませんよ。

 

ただし、まだこの時期は1人で座れるほど体がしっかりしているわけではありません。

そのため、上下セパレートの服を着せるには、少し手間取ってしまうこともあります。

あまりに足をバタバタさせたり、寝返りをうとうとしたりして、ママがお世話をするのが大変だと感じたら、セパレートタイプに切り替えるといいですね。

 

【ひとり座りができるようになったらセパレートにする】

個人差がありますが、腰がすわる生後7ヶ月頃になると、1人で座れるようになる子もいます。

ひとり座りができるようになると、上下セパレートの服を着せるのがとても楽になるので、この頃に切り替えるママも多いでしょう。

 

【つかまり立ちをするようになったらセパレートにする】

生後10~12ヶ月頃になると、つかまり立ちを始めます。

つかまり立ちをしてくれれば、パンツやスカートの着替えが楽になるので、この時期に切り替えるママもいるでしょう。

ちょうど1歳くらいになると、80サイズの服を着られる子が増えますので、ロンパースが小さくなって着られないから…とサイズアウトを機に切り替えると無駄がないかもしれませんね。

 

赤ちゃんの服をセパレートにするメリット

赤ちゃんの服と言えば、ロンパースなどのつなぎタイプのイメージが強いため、セパレートへ移行すると、なんとなく「赤ちゃんっぽさ」が失われてしまうような気がして寂しいですよね。

セパレートタイプへ移行するメリットはどのようなことがあるでしょうか?

 

【メリット①着替えが楽になる】

ある程度、首や腰がすわれば、体を起こした状態でいられるため、セパレートタイプの方がお着替えさせやすいというメリットがあります。

 

特に、先述したように動きが活発になる時期の赤ちゃんの場合、ロンパースのスナップボタンを全て留め終わる前に寝返りをしたり、はいはいをしたりしてしまいますから、できるだけ着替える時間が短い方がママもストレスが少ないと思います。

 

【メリット②コーディネートの幅が広がる】

つなぎタイプの赤ちゃんの服よりも、上下別々のセパレートタイプの方がコーディネートの幅が広がりますよね。

トップスとボトムスのバランスを見ながら、ママの好みで可愛くおしゃれをすることができるでしょう。

 

ママの好みの服を素直に着てくれる時期と言うのは、意外と短いもの。

今だからこそ楽しめる可愛いおしゃれを、たくさんさせてあげられるという点でも、セパレートタイプにするメリットは大きいと思いますよ。

 

【メリット③赤ちゃんが動きやすくなる】

はいはいや寝返りがうてるようになった赤ちゃんは、とても動きが活発です。

興味のある方へ向って、元気に動き回ろうとするでしょう。

 

そんなときに、上下つながっているロンパースだと、赤ちゃんの動きを邪魔してしまうこともあります。

セパレートタイプであれば、トップスとボトムスがそれぞれ独立していますから、動きを妨げることなく手足を自由に動かせるでしょう。

 

【メリット④洗濯が少なくなる】

上下つながっているロンパースだと、ミルクや離乳食をこぼした場合に、上下全てを着替えさせなければなりません。

セパレートタイプであれば、汚れた部分の衣服だけ着替えて洗濯をすれば良いので、洗う手間が少し減るでしょう。

 

食事で汚れたときは、トップスだけ。

お漏らしをしたときは、ボトムスだけ。

というように、どちらか一方だけで済むのでママも少し楽になるかもしれません。

 

まとめ

赤ちゃんの服をセパレートタイプへ移行するのは、「いつから」という明確な定義はありません。

ママが「まだ赤ちゃんっぽさを感じていたい」と思うのであれば、サイズがある限りロンパースを着せるでも良いでしょう。

 

赤ちゃんの服でおしゃれをさせながら、ママも楽しくお世話をしてくださいね。

この記事を書いたライター

たけだ あおい
たけだ あおい

東京都出身、埼玉県在住。 現在、パートにて事務職の仕事をしながら、在宅ライター、幼稚園児の娘の母と3つの顔を持っています。 毎日ちょっぴり反抗期の娘の子育てに奮闘中!! 働くママという目線から、同じように子育てに悩み、楽しんでいるママたちのためになる情報をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php