https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

働くママ

子育て中のママの働き方

子育て中のママは、仕事を始めるにしても「働き方」がこれまでとは異なります。 子どもの体調によっては、急に仕事を休まなければならなかったり、子どものお迎え時間に間に合うように仕事を終えなければならなかったりするからです。

仕事を始めようと考えているママは、これらのことを踏まえながら無理のない働き方を見つけましょう。 産休・育休を経て正社員として仕事復帰をするだけでなく、パートタイマーや在宅ワーカーという選択肢もあります。

新たに職場を探すママは、収入面や働く時間などを考慮に入れ、子育て中でも働きやすい環境であるかをしっかり確認することが大切です。

 

仕事を始める前に準備すること

妊娠・出産を経て晴れて仕事を始めようとするというママ。ブランクがあるだけでなく、子育てをしながらの仕事はやっていけるのか?と不安になるママも多いでしょう。 その不安が少しでも解消できるよう、仕事復帰前にはしっかりと準備をしておくと安心です。

 

【職場と事前に打ち合わせをしておく】

仕事が始まる前には、職場の上司としっかり打ち合わせをしておきましょう。確認すべきことは以下のようなポイントです。

・勤務時間

・雇用形態

・残業の可否

・復帰後の業務内容

 など。

産休・育休明けであっても、仕事復帰後に部署が変わることもありますので注意しましょう。

 

【夫婦で家事育児の分担を確認しておく】

ママも働くことになれば、当然これまでのように家事・育児を両立するのは難しくなります。ときにはパパにも手伝ってもらうこともあるでしょう。そのため、事前に家事分担などを確認しておくと良いです。

・家事の分担(食事の支度など)

・育児の分担(保育園のお迎えなど)

・家事育児を分担する上で必要なものの保管収納場所の確認

など。

「お願いしたのに」「聞いていなかった」などのトラブルにならないためにも、夫婦でしっかり役割分担を確認しておきましょう。

 

【保育園の申し込み~入園手続き】

子どもを預かってくれる人がいない場合は、事前に保育園の申し込みを行うようにしましょう。 仕事が決まっていても、預け先がなく働けない…ということもよくある話です。

特に、待機児童数が多い都心部にお住まいの方は、妊娠中から計画的に保育園探しを進めていきましょう。

 

ママが働くメリット

まだ幼い子どもがいるのに、働くなんて子どもがかわいそう…などと言われることもあり、働くことに後ろめたさを感じているママもいるかもしれません。 しかし、ママが働くことは決して悪いことではありません。

・家計に余裕ができる

・ママの充実感が得られる

・子どもも自立心が芽生える

など、メリットもたくさんあります。

 

子どもはしっかりとママの背中を見ていますから、離れている時間は寂しいと思う時期があっても、働くかっこいいママを自慢に思ってくれる日がくるものです。

たとえ時間は短くてもたっぷり愛情を注ぐことで、子どもはとても幸せに感じます。仕事から帰った後や休日は、親子のコミュニケーションを大切にしてください。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php