https://babys-care.net/life/

保育園の入園準備に便利なグッズ

保育園の入園準備に便利なグッズ


保育園の入園準備で大変なことは?

保活を終えて保育園に入園が決まったら、次に大変なのが入園準備。園から指定されたものを揃えるだけでも大変ですが、多くのママたちを悩ますのが、準備したもの1つ1つに名前を書かなければいけないことではないでしょうか。

 

そんな入園準備に忙しいママの心強い味方になってくれるのが名前書きのためのグッズです。直接名前を書くのが面倒なもの、書きづらいものも、グッズがあれば名前を付けやすいですよ。今回はそんな入園準備の面倒な名前書きを少しでも簡単に済ませたい方におすすめのグッズをご紹介します。

 

入園準備の便利グッズ①名前スタンプ

保育園はたくさんの子どもたちが利用するので、大きいものから小さいものまで全てに名前を書く必要があります。頻繁に洗濯する服や靴下は名前が消えるたびに書かなければいけませんし、大きくなって新しい服を購入すればそれに名前を…と、入園してからも何度も何度も書く機会があるんです。また、消耗品であるおむつにも名前を書かなければいけません。

 

そんな時におすすめなのが名前スタンプです。1つ1つ手書きで書くよりも、ポンっと名前がスタンプで押せると、労力も時間も大幅に減りますよ。スタンプにも大きさがあるので、服の小さなタグや子どもの小さな靴下にも押せるような小さめのサイズのもの、書類などにも押せそうな中くらいのサイズのもの、おむつに押してもはっきり名前が見える大きめのサイズのものの3つを用意しておくといいでしょう。

 

名前スタンプにはスタンプ台が必要なものと、シャチハタタイプのものと種類がありますが、それぞれ使い分けるのがおすすめです。スタンプ台が必要なタイプのスタンプは、スタンプ台の種類を変えると汎用性があります。グッズごとにスタンプの色を変えることもできますし、洗濯しても消えにくいスタンプインクもあるので服などの布製のものにはインクを変えるのがおすすめです。

 

シャチハタタイプはスタンプ台がなくてもポンポンとスタンプが押せるので、おむつなどの消耗品に押すときに便利。インクがなくなっても専用のインクを補充すれば使えるので心配いりませんよ。

 

入園準備の便利グッズ②名前入りシール

コップやお弁当箱などプラスティック製のものや哺乳瓶・水筒、また大きくなると使うクレヨンやはさみなどのアイテムにはスタンプは押せませんよね。そんな時に便利なのが名前入りシールです。名前を予め印刷して作成してもらうシールのことで、このシールを入園準備物に貼るだけで名前を書く必要がなくなります。

 

シールのサイズは選ぶこともできますし、あらかじめさまざまなサイズがセットになっているものを注文することもできます。名前をつけたいアイテムの大きさに合わせて、サイズを選ぶといいですね。

 

また、シールにも種類があり、水に濡れても文字がにじみにくいラミネート加工されたものや、布物にも貼れるタイプのものもあります。用途に合わせて、種類を選ぶといいでしょう。

 

その他、名前入りシールには名前だけでなく、イラストやマーク付き、また飾り枠などが付いたものもあります。まだ小さい子は文字が読めませんが、目印となるマークがあれば小さな子でも、そのシールが貼られていたら自分のものと認識できるかもしれませんね。車が好きな子には車のイラストがついているシールを、お花が好きな子にはお花の飾り枠がついているシールを…などと選ぶ楽しみもあるでしょう。

 

入園準備の便利グッズ③名前ワッペン

保育園には大物と呼ばれるお昼寝布団やシーツ、バスタオル、またはそれを入れるバッグ類などにも名前の記載が必要です。大きいものなので、名前も多く書かなければいけませんが、スタンプやシールにはそんなに大きいサイズのものはほとんどありません。そこで活躍するのが名前入りのワッペンやゼッケンです。

 

もともと名前が刺繍されていたり、プリントされていたりするもので、アイロンで糊を溶かし、布に貼りつけるタイプのものです。直接大きく名前を書くのは失敗しそうで怖いなというママも、名前入りのワッペンやゼッケンなら貼るだけで名前が付けられるから安心。布製のものにマジックで名前を書くと、書きづらかったり、にじんでしまったりすることもありますが、その心配もいりません。

 

頻繁に洗濯するものは、アイロンで貼りつけた後、周りを縫い付けると取れづらく、さらに安心です。ワッペンやゼッケンにもイラストやマークを選べるものもあるので、子どもの好きそうなものを選んであげるといいですね。

 

まとめ

保育園の入園準備はいろんなものに名前を書かないといけないのが大変です。しかも、入園前に名前を書いたから安心と思っていても、使っていく中で名前が消えてしまうことも。そんな時に簡単に名前を書ける便利グッズがあればありがたいですよね。

 

物に名前を付けることは、保育園での物の紛失や他の子のものと混同しないように、というだけでなく、子どもの心の成長にも一役買います。1つ1つに自分の名前が書いてあると、自分の物を大切にする心が徐々に芽生えてくるんです。そんな大切な名前書き、今回ご紹介したようなグッズで、少しでも簡単に済ませましょう!

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php