https://babys-care.net/life/

保育園の面接の服装はオフィスカジュアルで

保育園の面接の服装はオフィスカジュアル

保育園の面接があると聞くと、服装どうしよう!と悩んでしまいますよね。

保育園の面接時の服装に決まりはありません。つまり何を着ていってもOK。それはラッキーでしょうか?とんでもない!逆に悩んでしまいますよね。

 

先ほどお伝えしたとおり、保育園の面接の服装は指定がなく、自由です。

ただ、かといってTシャツにデニムなどラフ過ぎる格好では、悪目立ちしてしまいますよね。

しかし、小さな子を連れての面接です。スーツでは動きにくく汚れも気になります。

ですから、普段着以上スーツ未満の「オフィスカジュアル」がおすすめなんです。

今回は、そんな保育園の面接時の服装マナーについて詳しくご紹介します。

 

面接にオフィスカジュアルを推す理由

面接と聞くとお受験のようですが、保育園の場合は面接で合否が決まるわけではありません。

書類上の審査のみで決定するのがほとんどで、家庭環境、保育状況の優先度合いによって決まります。

従って、面接での服装は保育園の合否になんら影響を与えません。

 

しかしどうでしょう?

「ちょっとコンビニまで」のラフ過ぎる服装では少々だらしない印象を与えてしまいますよね。

逆にスーツで向かうと、赤ちゃん連れにとっては動きにくく、汚されないか気になってしまうでしょう。

ですから、程よく「きちんと感」があり、清潔感のある”オフィスカジュアル”スタイルがおすすめなんです。

 

たとえ合否に服装は関係ないとしても、大人のマナーとして相手へ失礼のない服装が好ましいですね

 

幼稚園と保育園、どっちに入園させる?

 

保育園の面接でおすすめの服装

オフィスカジュアル…と言われても、具体的にどのような服装が好ましいのか困ってしまうママもいると思います。

ここではおすすめの服装をご紹介します。

 

【王道のシャツ&スラックス】

悪目立ちしすぎずカジュアルすぎない、ちょうどいいオフィスカジュアルにはシャツ&スラックスが一番!

スタイリッシュでフォーマルにもカジュアルにも使えます。動きやすく、清潔感も感じられます。

 

 

【動きやすいワンピース】

ワンピースはハリのある素材を選べばフォーマルに見せることができますから、ワンピースもおすすめです。

コーディネートに悩む必要もありませんね。

ただし、ノースリーブのワンピースの場合は、カーディガンがジャケットなどを上から羽織り、露出が大きくならないよう気を付けましょう。

 

 

【靴はパンプスやスニーカーがおすすめ】

保育園での面接は特に、靴の脱ぎ履きをする可能性があります。

脱ぎ履きしにくいブーツやサンダルはあまりおすすめできません。

また、ヒールの高い靴も不安定な状態で赤ちゃんを抱っこしなければならず、転倒リスクもあります。

 

ですから、脱ぎ履きのしやすさと動きやすさを考えて、スニーカーやヒールの低いパンプスを選ぶのがおすすめです。

 

保育園の面接の服装の注意点

面接時の服装についての注意点もご紹介します。NGも踏まえて、面接時の服装に役立ててください。

 

【ラフすぎるのは少しだらしない印象】

動きやすい格好というのは大切なのですが、ラフすぎるのはだらしない印象を与えてしまいます。

特に保育園での入園時面接では、これからの保育園生活に必要な情報の交換をする場です。

だらしない印象を与えてしまうと、保育園側にも「この家庭はちょっと生活も乱れているのかな?」と不信感を与えてしまうかもしれません。

 

Tシャツ×ハーフパンツ×サンダルや、スウェットなどではラフすぎるので、少しだけよそ行き要素を取り入れた動きやすい格好をしましょう。

デニムも普段着感があるアイテムですが、上にジャケットやシャツ、ブラウスを着ればきれいめに着こなせます。

着こなしの工夫も必要ですね。

 

 

【香水は控えめがおすすめ】

面接では、子連れ親子や既存園生達などでたくさんの子どもたちが集まっています。香水のつけすぎは、嗅覚への刺激が強過ぎる場合があるので注意が必要です。

 

香水をつけすぎてしまっては、大人でも香りの渋滞で酔ったり気分が悪くなったりしてしまいますよね。ご自身が香りの渋滞の原因とならないよう、香水はつけていかないか控えめにするようにしましょう。

 

【スリッパは持参しよう】

保育園での面接時は、スリッパや上履きを持参するのがマナー。

空いている室内で面接を行いますから、外履きから室内靴へと履き替えることになります。

事前にスリッパなどを持って行けば、先方に用意してもらう手間が省けますよね。

それも1つの「気遣い」です。

きちんと感を出すためには、服装だけでなく、大人のマナーや心遣いも大切かもしれません。

 

まとめ

服装では保育園入園の合否は決まらないとしても、初めての人たちに会う、子どもをこれからお願いする保育士に会う時に、好感度は高いに越したことはありません。

それに、服装はなんでもいいとは言えども悪目立ちはしたくないものですよね。

ラフすぎないオフィスカジュアルのようなキレイめがベスト。

子どもをメインに考えつつも、清潔感やきちんと感がある服装で面接に向かいましょう。

この記事を書いたライター

小西ちさと
小西ちさと

2歳、小5、小6の三児の母で、正しい体の使い方のインストラクターをしています。 小さな命と向き合うママは不安や心配がたくさんですよね。少しでもママの不安や疲れに寄り添い、解消できるような記事を目指しています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php